CMで評判の「ラクスル」名刺印刷が予想以上にきれいにできた!

スポンサーリンク

「そろそろ名刺のホームプリントはめんどくさい・・・」
自宅のプリンターは安くて手軽と地道にホームプリントしていたのですが、時間と手間があまりにかかる..。

そんな悩みを抱え、印刷してくれるお店を探していたときに、ラクスルを見かけ試してみることにしました。

ラクスルは、ネット印刷で安い!

ラクスルはネット印刷なので、データを入稿すれば自宅まで配達してくれます。当然、沖縄でも問題なく印刷できます。そして、何より安い!!

ということで、デザイナーでもなんでもない私が、ラクスルではじめて注文〜印刷入稿までしてみることにしました。
いうても私はもともとデザイン科!これくらいきっと余裕余裕〜♪

せっかくなので、自宅に届くまでの流れをまとめてみました。
ラクスルの名刺が届くまでは、3ステップ(注文・入稿・到着)あります。

ステップ1:名刺サイズを注文

ラクスルのホームページへ

ラクスル
まずは、ラクスルのホームページへ。
左メニューにある「名刺印刷」をクリックします。

印刷サイズを選ぶ

ラクスルの名刺印刷
私たちは通常サイズにすることに。
「詳細・料金を見る」を押して、先にすすみます。

用紙・印刷方法を選ぶ

印刷の料金
印刷サイズ・用紙の種類・印刷(片面/両面・カラー/モノクロ)を選択すると・・・

お届け日数を選ぶ

料金表
その条件にそった料金が表示されます。
金額はお届けまでの日数によって、値段が異なるようです。
こちらは名刺サイズ・マット用紙・両面カラー印刷の料金です(※クリックすると大きく表示されます)。

ここでポイント!

デザイナーの旦那も「おぉ安いなー」といっていたのが値段。
名刺両面カラー100枚あたり463円は、けっこうびっくりする値段だそうです。

理由は、旦那がよくお願いするオフセット印刷とは方式が違う、オンデマンド印刷というやつだからみたいです。なので印刷の質とかはまた違うものになるだろうとのこと。

これはあとで完成したものを旦那にチェックしてもらうことにしました。

カートにいれる

ラスクルの印刷はワンコイン
受付日から15日後の注文であれば、両面カラー印刷で100部500円(税込)で印刷できるそうです。ワンコインで印刷できるなんて、すごいですね〜!

入稿方法を選ぶ

入稿を選択
カートに入れた後は、データ入稿方法を選択します。
テンプレートデザインから印刷する場合は、「クイックデザイン」へ。

私たちは印刷するデザインを作ったので、「データ入稿」を選びました。

購入手続きへ

購入手続きへ
あとはお支払い手続きへとすすみます。
料金はメール便の190円が追加でかかります。

支払いが終われば、注文は完了です!

ステップ2:データの入稿

続いてはデータの入稿です。

印刷デザインテンプレート

テンプレートもある
実はホームページの下に「印刷デザインテンプレート」があるので、それを使えば楽チンです!これがあれば私でもできる!旦那の協力は不要のはず…。

テンプレートの種類もたくさん

名刺を選択
印刷テンプレートは名刺以外にも冊子・ポスター・カレンダーなど、たくさんあるようです。

テンプレートに貼付ける

印刷テンプレート
テンプレートをダウンロードした後は、自分で作ったデザインデータをテンプレートに貼付けます。

テンプレートについているガイドをもとに体裁を整えれば、入稿データの完成っ!

…といきたいところでしたが、結局「印刷領域からずれてる!」とか「黒の色合いがバラバラじゃん」とか「RGBをCMYK変換しなさい!」とか、遠い昔、デザイン科だった頃に聞いたことあるような言葉で旦那に怒られまくり、あえなく入稿データは旦那様にお願いすることに…泣

作成完了したファイル(私たちの場合、aiファイル、画像ファイルなど)をzipファイルにして、アップロードすれば作業は終わりです。

おつかれさまでした〜!

ステップ3:名刺が届く

注文・入稿が終われば、あとは到着を待つだけです!

ポストに到着

名刺が届く
商品の発送完了メールから2日後くらいに、ポストに名刺が届きました。

クリアケース入り

名刺はケース入り
ワンコイン印刷とはいえ、しっかりとしたクリアケースに入ってきました!
このままケースごと持ち運びもできそうだし、これはいいな〜。

できあがり

沖縄移住ライフハックの名刺
ということででき上がった名刺がこちら。

ODAYの名刺
もう片面は「ODAY」になっています。

旦那チェック、通過しました〜

旦那に名刺を見てもらい、印刷の質はどうかと尋ねたところ「全然問題ない。むしろきれい」の一言が!よかった!!

旦那いわく、色の再現やインクの乗りが多少は悪くなることを予想していたけれど、そういう問題は特になかったそうです。この値段でこのクオリティなら使い所がたくさんありそう、だって!

私でもなんとか注文できた!

印刷とかよくわからない私でも(隣で旦那にスパルタ指導のもと)なんとか無事に注文ができました!
一度、aiファイルのアウトライン化をし忘れて入稿したら、再入稿依頼があったので、データも確認してくれているようです。

用紙も印刷のカラーも厚みも満足がいく仕上がりで、満足満足♪
500円でお手頃なので、これからは面倒なホームプリントは卒業できそう!

そんなわけで500円で両面カラー印刷できる、ラクスルはおすすめですー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 290本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?