アメリカ基地の中でサーロインステーキを食べてきた!@タイヨーステーキハウス

スポンサーリンク

サーロインステーキ
私、今年29歳でして、2015年は平年より肉(29)をたくさん食べています。

さて、今回はステーキのご紹介です。沖縄はそばやタコライスばかりではありません。実はアメリカ文化が浸透していることから「うまいステーキ」が食べられるところでもあるのです。

ゴルフ場のステーキハウスはアメリカ領土!?

友人から噂を聞きました、「アメリカ軍基地のなかにあるステーキハウスに行けるらしい」また「アメリカ軍の人たち向けだから、ステーキがデカイらしい。そして味もうまいらしい」と。噂の場所として、行ってみたのが沖縄市にあるタイヨーステーキハウス

なんと立地的には本当に基地のなかにあります!ゴルフ場に併設されているレストランで、ここだけは一般の人も入れるようになっているようです。入れるとはいえ、基地のゲートをくぐるのは非常に緊張しました汗

客層は主にアメリカ人。それとゴルフをしに来たかたがたですね。前情報だと、土地はアメリカなので使える紙幣が「ドル」だけと聞いていたのですが、店舗のリニューアルがあったみたいで「日本円もOK」になってました。

お店の詳細や場所は観光サイトODAYに書かれていますので、こちらをご覧ください。

プチ外国旅行みたいになってビビる

友人ふたりと奥さんと4人で行きましたが、「入るな」的な英語が書かれたゲートをくぐってからプチ外国旅行みたいになってビビりまくりました。

タイヨーステーキハウスまで

まず、基地のゲートを通り過ぎると日本語が消えます

ゲート
しばらく道を行くとタイヨーステーキハウスの看板が見えてホッとします。それまでの数百メートル「いいんだよね?いいんだよね?」となります。

タイヨーステーキハウス外観
タイヨーステーキハウスに到着しても英語オンリー。駐車場には軍の将校用の駐車場。やはりここはアメリカ..。ビビります。

ATM
入り口に行くと英語オンリーのATMがあってまたビビります。「ど、ドルに両替したほうがいいかな?あれ、あれ、でも操作できないよ汗」ってなります。(ちなみにATMなので現金両替できません)

両替所
2Fの店舗前にある両替所に日本人のスタッフのかたがいて、涙がでるほど安心します。ヨカッタ!ニホンゴツウジタ!涙

ちなみにスタッフのなかに友人の知り合いのかたがいました!なんて素敵な偶然♪

ドレスコードに引っかかってビビる

友人の知り合いのスタッフのかたに色々と前情報を聞くと「ドルは不要(円が使える)」「日本人スタッフがいるから言葉は問題ない」「メニューも日本語がある」など、いくつかことがわかりました。

良かった!だいぶ安心!

しかし次の瞬間、「あなたたち、ドレスコードに引っかかりますね」と言われ、全員で「えっ?^^」となります。

ジャケット又は襟付きのシャツやブラウス、ドレス又はスカート、礼装用ズボン又はスラックス、服装に適した履物などが望ましいです。水着、Tシャツ、テニスシューズ、サンダル、カジュアルパンツ又はショートパンツ、運動着又は同様な服装での来店をお断りしております。
夜はドレスコードがあるようです。

私たちはちょうど、「水着、Tシャツ、テニスシューズ、サンダル、カジュアルパンツ又はショートパンツ、運動着又は同様な服装」をしています。

\(^o^)/オワタ

「いやぁでもお店の様子だけでも見られて良かったよ!」と、友達と訳のわからないポジティブトークを始めたら、「あ、でも、カジュアルな服装だったらバーの方に通されるかもしれませんよ」との案内が。

どうやら併設のバーがあるみたいでそちらは入れるようです。

受付のお兄さん
その予想の通り、「お客様、こちらのバーにてレストランと同様のメニューをご提供いたします」と、バーに通してもらいました。

良かったー!汗

バーでステーキを食べる

バーの様子
バーはこんな感じのところ。席は主にカウンター。

でもテーブル席にしっかり私たちのスペースが確保されていました。
テーブルに席を用意してもらいました
素敵♪ありがたいです。

ちなみにウェイターさんはテーブルごとに同じ人がついてくれます。私たちにはきちんと日本のかたがついてくださって、色々と案内してくださいました。

ディナーメニューが思ったより高くてビビる

さて、まずはドリンクメニュー。
ワインメニュー
うん、わかんね。「すみません、オリオンビールください」。

お次はディナーメニューです。
ディナーメニュー
価格の表記はドルです。ウェイターさんに聞くと日本円に直してくれたりもします。

前評判でひとり20ドル(2500円)くらいと相場感を聞いていたのですが、リニューアルによって価格帯がアップしたそうです..。ぉおう、がっつり注文したら、予想よりなかなか高級な価格帯の40〜60ドル(5000〜8000円/名)になるやないか..。

コースを1品ずつ頼むと予定よりえらいかかるな..。と思いメニューを見渡すと、ちょうどいいメニューが。

お二人用ディナー
ディナーのセットがある「二人用ディナー(二人で60ドル)」です。

野菜と主食(ポテトかライス)もつき、肉も680gとデカイ。迷わずこちらを注文。

肉がきます

注文したビール
オリオンビールを飲みながら、話をして待っていると、向こうから何やらきました。

運ばれてきたものは..
さ、皿がでかいぞ..。もしや、まさか。

ステーキがでかい!
で、でかーい!

680gってこんなに大きいのか!二人の顔が入りそうなサイズのお皿がきました。

顔の2倍くらいの皿
ピノ子さんの顔を比較しても圧倒的にでかい!二人分とはいえでかい。さすがアメリカと言わざるを得ません。

まぁでもたしかにお店の客層が、平均身長180cm越え(男女含)のかたがたでしたから、ステーキもこういうサイズになるのでしょうね。

肉を切ります

さて、いよいよ..。

肉が食べてくれと言っている
食べますか..。

ナイフを入れます
お肉一切れでファミレスのステーキの半分はあります。

あぁーよだれが止まらない
美味しいお肉を切っていきます。

肉の断面
いざ!いただきますっ!!

ぱくっ。

肉うまー!!!

うまい、うまいよ!(普段ステーキなんて食べないから尚更だけど)肉がうまいよーー!!!

こんなにうまいお肉が「食べきれないほど」、お皿に乗っているなんて。ステーキ一口目の幸福感はすさまじかったです(結局食べ切っちゃいましたけどね)。

お釣りの通貨はドルになります

さて、食事を終えて支払いです。

なんと、このとき友人の知り合いのかたが、「いつもお世話になっているから」とドリンクとデザートを奢ってくださいました!!

メニュー表をみたときに「えっ?(高い..?)」と、4人で笑顔のまま凍りついたのを見ていてくださったのでしょうか。お恥ずかしい..照

..でもまぁお言葉に甘えることにしてですね..。メインの30ドルだけ支払うことにします。

ドルのお釣り
なんとタイヨーステーキハウス、日本円で支払いをした場合もお釣りはドルでかえってきます。

私たちは30ドル。ウェイターさんに日本円換算してもらい、2人分で7620円。お釣りが3ドル戻ってきました。おーなんか不思議。外国っぽーい。

というわけでプチ外国旅行気分のタイヨーステーキハウスでした。美味しかった。

肉うまー!

食レポのボキャブラリーがこれでもかってくらいに少ない夫婦ですので、食べている間も「肉うまー!」「肉うまー!」と鳥の鳴き声みたいに叫んでいました。実際、食べてみると「肉うまー!」ってなると思いますよ。

サーロインステーキ
本当、お肉がしばらく忘れられませんでした。

沖縄は飲み会のシメにステーキを食べる人も多いらしく、ステーキハウスは各地にある模様。でもアメリカ基地内で食べられるステーキはそうそうないので、プチ旅行気分を味わいたい方は、ぜひパスポートのいらないタイヨーステーキハウスへ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 258本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?