なにこれカッコイイ!「サヴァ缶」なる鯖の缶詰を見つけました

スポンサーリンク

スーパーで買い物していたら、こんなものを見つけました。

Cava? in olive oil

ビタミンカラーのイエローに、ブルーのお魚のシルエットがおしゃれ!缶には「Cava? IN OLIVE OIL」の文字。
一体、何の缶詰だ??

サヴァ缶

サ..ヴァ..?

国産サバのオリーブオイル漬け

サバかい。

そんなわけで、おしゃれなサバ缶を食べてみたお話です。

東北の震災をきっかけにできたCava缶

もうこんなポップなパッケージ間違いなく沖縄県のやつでしょ、沖縄ってばクールー!そう思って購入したら、岩手県でした。調べてみると、2014年に東北の震災をきっかけに開発された商品だそうです。

東日本大震災をきっかけに生まれた商品が、サバのオリーブオイル漬け「Ça va?(サヴァ)缶」です。
「東の食の会」は震災被害を受けた地域の食の復興と、長期的支援を目的に立ち上げられた団体で、「東の食に、日本の力を。東の食を、日本の力に。」をキャッチフレーズにして商品開発、販売促進などを行っています。
その東の食の会が、Yahoo! JAPANとともに立ち上げたのが「三陸フィッシャーマンプロジェクト」。
こちらは水産業に関わる人たちが新しいブランド価値を発信して、新たな水産業を創造する取り組みを行っています。
Ça va?(サヴァ)缶は、これら2社と岩手県産株式会社の共同プロジェクトによって開発されました。
岩手県産株式会社 国産サバのオリーブオイル漬け「Ça va?(サヴァ)缶」|コロカル商店×リンベル

女性も抵抗なく食べられるようなサバ缶ということで開発されたそうです。一般的にはサバは味噌煮や水煮の缶詰が多いですが、オリーブオイルに漬けたとのこと。
パッケージも「」みたいなやつではなく、「Cava」としてデザインもポップなものにしたのだとか。

なんとサバ缶を、女性向けにするとは!私みたいなおっさんも釣れていますし素晴らしい視点ですね〜!

サヴァ缶を食べてみます

サバ缶ならぬサヴァ缶

サバ缶もとい、サヴァ缶を食べてみようと思います。

ちなみに「サヴァ」は、フランスの挨拶からもじっているそうです。サヴァ〜。

缶を開けます
開けます。

ぱかっ
ぱかっ!おっ!

サバですね〜。

水煮のよう
パッと見は水煮のようですが、オリーブオイルなので黄緑っぽいですね。

食べます
さて、お味の方はどうでしょうか。

いただきます
いただきます!パクっ!むしゃむしゃ。

うん!

サバの缶詰ですわ

これはもう見まごうことなく、サバの缶詰ですな。美味しい!サバ!
オリーブオイル感はそこまで強く感じないですけど(サバが勝ってる)、でも青魚っぽさがうまく薄れていいですね!

女子会でワインとか飲むの想定してる感じですね〜。おしゃれなお味。ピノ子さんに記事を書いて貰えば良かったか?笑

サバがおしゃれになる日がきた

それにしても
いやぁそれにしても鯖缶を食べているとは思えない、この絵面!!これがやっぱりいいですね!

サバの缶詰、私も好きなんですけど、飲むときとかに「鯖缶」なんていうパッケージだと、完全におっさん風なのでちょっぴり気が引けますし、ピノ子さんに鯖缶とワンパックなんていう姿を見られた日には完全に引かれます。

「サヴァ缶」なら、そんな人(妻)の目を気にすることもなく、おしゃれにサバ缶が楽しめますね!

うーん、ニッチ(いや、サバ缶好きな人多いだろうし、ニッチでもないのかな?)ながら、素敵な缶詰を見つけてしまいました。得した気分〜。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 267本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?