「フォールディングBBQコンロ」を使って、海でバーベキューしてきた

スポンサーリンク

沖縄の海でBBQ
梅雨の中休みに、お気に入りのビーチへBBQしに行ってきました!

ほしいものリストからプレゼントしていただいた「フォールディングBBQコンロ」の使用レビューとともに、BBQしてきた様子を紹介したいと思います。

フォールディングBBQコンロでバーベキュー

まずは場所取り

ビーチでBBQの準備
まずはBBQをする場所を確保します。
なるべく日陰がおすすめです。いや、沖縄は絶対、日陰に限ります。

持ち物は、こんな感じです。

コンロを組み立てる

折りたたみ式BBQコンロ
こちらがいただきものの、尾上製作所 フォールディングBBQコンロ
使っていないときは折り畳めて、A4ほどのクリアバッグにおさまります。

フォールディングBBQコンロを組み立てる
フォールディングBBQコンロを組み立てると、こんな感じです。
組み立ては簡単なので、慣れれば30秒もあればできてしまいます。

火をつける

フォールディングBBQコンロに備長炭
続いて、コンロ内に備長炭を入れます。

ダイソーの着火剤
火が早くつくようにと思い、着火剤を買ってきました。ダイソーなどの100円均一で購入できます。

着火剤を入れる
着火剤を投入。

着火剤はつぎ足し厳禁
着火剤はつぎ足し厳禁なので、多めに入れておくくらいがいいのかもしれません。

私たちはケチって着火剤をちょっとしか入れなかったら全然火が安定せず、1時間ほどムダにしました(笑)

火はチャッカマンで
火はチャッカマンでつけるのが安全です。
着火剤にすぐに火がつくので、ライターでは危険だと思います。

火がつくのを待つ
(写真ではまったく火がついているようにみえませんが…)火がついた後は、しばらく炎が安定するのを待ちます。

火がつくのを待つみなみのひげ
炎が安定するのを待つ、みなみのひげ(夫)。

あとは焼いて食べるだけ

BBQコンロでお肉を焼く
網が温まってきたら、お肉を乗せます。
お肉と一緒にのっている石は、風で網で飛ばないようにしているだけなのでお気になさらず。

海でフォールディングBBQコンロ
お肉を焼き出した途端、一気に“休日感”が押し寄せてきました。

なんて贅沢な時間なのだ・・・

歳をとるみなみのひげ
あまりに嬉しかったのか、みなみのひげさんが一気に歳をとったような…。

BBQコンロにお肉と野菜
さて、続いては家で切ってきた野菜を焼きます。

フォールディングBBQコンロは、1〜2人向けなので夫婦で使うのにちょうどいいサイズ感です。
2人以上で使うとなると、小さいかもしれません。

ししゃも・ソーセージをBBQコンロで
最後はししゃもとソーセージ・・・

ゥンまああ―――いっ!

目の前は海
こんな天気のいい日に、(ノンアル)ビール片手にお肉を焼いて食べられるなんて。

もう最高です!

海で夫婦でバーベキュー

後片付け

焼いて食べて、焼いてまた食べて、を繰り返していたらあっという間に夕方に。
片づけの時間です。

BBQコンロの片づけ
コンロは1回でこれだけ汚れてしまいました。
BBQなのでお肉の油と炭の汚れがついてしまうのは仕方ないですね。家に帰ってからブラシと食器用洗剤で洗えば、ある程度キレイになります。

それとBBQをすると必ずゴミが出るので、ゴミ袋を持って行くと便利ですよ。
使った灰はお水をかけて冷やしから、ゴミ袋に入れるようにしましょう。

私たちがよく行くここのビーチは、せっかく海がきれいなのに毎回ゴミが落ちていて、その度にゴミを拾って帰っているのですが、あれはどうにかならないのかな・・・。

こんなにきれいな海なのに、切ない・・・
ビーチの清掃員(オカヤドカリ)は、食べ物しか処理できないのに・・・

海へ行くと、毎回じいやがぶつぶつ呪文のように唱えだします。

とにもかくにも、みんなが気持ちよく過ごせるようになると、いいですね!

休日の定番の過ごし方になりそうです

フォールディングBBQコンロ をいただいたおかげで、手軽にBBQができるようになりました。

今回は火をつけるのに時間がかかってしまいシュノーケリングはできませんでしたが、BBQ&シュノーケリングで1日遊び尽くせるなこれは。
なんだか一気に休日の質が上がった気がします!

今回使ったBBQコンロ

今ならAmazonで30%OFFをしています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 290本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?