ランニングシューズの靴底がパッカーンと剥がれた!靴底の接着剤を買って修理を試みる

スポンサーリンク

NAHAマラソンの練習を始めて、1か月、ランニングシューズの靴底が剥がれてしまいました!

靴底パッカーン

パッカーン!

「み、みなみのひげ氏、どれだけすごい練習量なんだ!」

そう思ってくださったみなさま、大変申し訳ございません。

練習…..、全然です。

靴底が剥がれたのは、ランニングシューズを5年くらい前に買ってから、最近まで使わずにいたためです。接着剤が経年劣化し剥がれたのだと思われます。

新しいシューズ買うか、、と思ったが

仕方ない、新しいシューズを買うか。

そう思ってから、しばし考え、思いなおします。

元気な靴底

靴底が大してすり減っていないのです。

うーむ。

靴底がくっつけば、全然使えるんだよなぁ。

…。

捨てるの、もったいないなぁ。

そうです。私、みなみのひげは「物持ちのいい男」なのです!

使えるもの、気に入ったものは10年だろうが20年だろうが使う!時代遅れだろうが、貧乏性(←合ってる)と言われようが、妻(←断捨離・ミニマリスト推進派)に怒られようが、何としてでも使う!だって「MOTTAINAI」はグローバルワードだよ!?

みんな〜! Say! 「MOTTAINA〜I!!!>\(^o^)/ワー」

なんとか修理はできないものかと探してみると、靴底を直す接着剤がありました。

値段もすこぶる安いし、ダメもとならばと、購入。早速、使ってみました!

剥がれた靴底を再び接着する

New balanceの「N967」
私のランニングシューズ。New balanceの「N967」でございます。以前、間寛平さんがCMに出ていたモデル。派手です。

靴底が剥がれている
靴底の剥がれっぷりがこちら。

左右ともに、剥がれています。
さすがにこの状態で走るのは、パカパカいってしまってよろしくない。ボンドで付けるべきでしょう。

コロンブス ボンド
こちらが購入した、靴底用の接着剤「コロンブスボンド」です。

コロンブスボンド説明書き
ランニングシューズ以外にもOK。スニーカーや、フォーマルな革靴の修理にも使えるようです。

※軟質塩化ビニル・ポリエチレン・ポリプロピレン・ポリウレタン・ナイロンなど、接着できない素材があるので注意!

コロンブスボンドの使い方

1、靴底を掃除する

接着する前に、剥がれてしまった靴底を掃除しましょう。ホコリや砂、前の接着剤の残りがあると、接着剤のつきが悪くなるそうです。
シューズが濡れている場合も接着を悪くするので完全に乾かしましょう。

2、接着してみる

コロンブスボンドをつける
ではさっそく、靴底に接着剤をつけていきます。ぶにゅっと。

ヘラでボンドを伸ばす
ボンドに接着剤を伸ばすためのヘラがついてます。ヘラでよく伸ばしましょう。けっこう、ヘラに接着剤がくっつきます。

際までしっかり塗る
靴底の際(きわ)までしっかり塗りましょう。剥がれ出しちゃいますからね。

接着剤が満遍なく濡れたら、しっかりと圧着します。
説明書には「金づちなどでしっかり圧を与える」と書いてありました。でも金づちでどう叩けばいいのか…?

手で全力で抑え込む
とりあえず、手で全力で抑え込む。

3、20分程度で接着完了

手で全力で抑え込む
接着剤は20分くらいで乾燥し、固まります。一応ちゃんとくっつきました。

さて、これで本当に復活したのか。

3kmくらいならいけるが、長距離は…

とりあえず、靴底がくっついた、その日にランニングをしてみました。
2kmくらいジョギングし、1kmくらいをハイペースで走ってみましたが、特に問題なし。

お、これはいい感じ!

これならマラソンもいけるかも、と、かなり満足していたのですが、そう思っていたのもつかの間。
ある日、20kmランをやったら、さすがに剥がれてしまいました…。

剥がれ始め

ほぼ元どおり
靴底をいじっていたら、ほぼ元の剥がれ具合に…。
うーん。惜しい。さすがにレース本番(42.195km)は厳しいみたいです。

短めの距離の練習や、日常使いは全然いける

とりあえず、手で圧着するレベルでこれくらいの耐久度。

  • 2kmジョギング・・・耐えた
  • 1kmダッシュ・・・耐えた
  • 5kmラン・・・耐えた
  • 20kmラン・・・15km地点くらいで剥がれた

ちょっとした練習や日常で履くくらいなら、靴底の剥がれはバッチリ修理できそうです。
ただし、ハードな走り込みを毎日したり、20kmなど長い距離を走る場合はダメそうです。

(金づちで圧着するのが適切なようなので、もしかしたら、良い圧着方法をすれば、20km以上走っても剥がれなかったかもしれません。)

結局、マラソン本番へ向けて新しいシューズを買う必要はありそうです。
まぁでも接着できるので、こちらの靴を練習用にもうしばらく使って新しいシューズを長持ちさせようと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 265本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?