沖縄の日差しに注意!私の日焼け止め対策をご紹介

スポンサーリンク

沖縄の夏の日焼け止め対策
私の夏スタイルです。
おかげで旦那からは「忍者か!」とつっこまれますが、夏はオシャレなんか二の次、三の次です。それくらい沖縄の日差しはスゴい!!!

今日は沖縄で私が行っている日焼け止め対策をご紹介します。

日焼けをおそれる理由

まずは、どうして日焼け対策をここまでするのか、について。

私はもともと肌が強くなく、シミになりやすい体質なので、日焼け(紫外線)には気をつけるようになりました。
さらに前職で美容皮膚科の先生とかかわる機会があって、「日焼けは老化のもと!沖縄へ行ったら、絶対日焼け対策すべし!」と言われたんですよね。ちなみにこの先生はファンデーションは塗らず、いつも日焼け止めだけを塗っているスッピンにも関わらず、めちゃめちゃ肌がキレイな先生でした。
「専門家がいうなら、間違いない!」ということで、日焼けは極力しないように気をつけています。

おすすめの日焼け対策アイテム

そんな日焼け恐怖症(笑)の私が、日焼け止め以外に、沖縄で少しでも日焼けしないように活用しているアイテムをご紹介します。

長い手袋


長い手袋(アームカバー)が1番夏に大活躍しています。(このおかげで忍者扱いですが…)
暑いときは脱げばいいし、逆に室内のクーラーがききすぎて寒いときは長袖に早変わりです。

さらに日傘よりも軽いので、持ち運びも簡単!
私は小さいカバンで手袋が入らないときは、ショルダー紐に結びつけていたりします。
ダイソー(100均)でも手に入るので、気楽に買うことができるのもいいです!

参考UVケアアームカバー

日傘

日傘
雨と兼用の日傘が沖縄では活躍するかもしれません。
沖縄は突然のスコールや天気が読めないことが多いので、雨でも使えると便利です!

手袋で腕の日焼けを、日傘で顔の日焼けを防止しています。

参考晴雨兼用日傘

サンバイザー


サンバイザーは日傘がさせない状況で活用しています。
だいたい洗濯物を干すときや助手席で寝るとき(笑)なんかに使っています。

運転中にサンバイザーで顔を覆うのは禁止なので、注意しましょう。

参考UVカット99%!サンバイザー

ラッシュガード・UVパーカー

ラッシュガード
海へ入る時は水着の上に、必ずラッシュガードを着ています。
速乾性の素材&UV効果のあるものが望ましいです。

下には、ラッシュガードトレンカを履いてさらに肌の露出を抑えています。

沖縄の海は肌を露出するのはとても危険です!
水着だけで海に入るとやけどしかねないので、必ず服を上に着てから入ることをおすすめします。

参考ラッシュガード

ヘリオケア

ヘリオケア
飲む日焼け止めの「ヘリオケア」です。

さきほどの美容皮膚科の先生も飲んでいたり、ほんまでっかでも紹介されたものです。カプセルの色がオレンジと緑でいかにも身体に悪そうな色をしていますが、主成分は植物性で化学薬品は一切使用しないそうです。

決して安くはないですが、社割が効いたので買って沖縄に持ってきました。
私は海で長時間遊ぶときに飲むようにしています。

サンシェルター

サンシェルター
海へ遊びにいくときは、なるべくミニワンタッチサンシェルターも持って行きます。ビーチって日陰が少ないので、テントが日陰を作ってくれます!
パラソルを借りる必要もないですし、1度買っちゃえばお得です。

関連「買ってよかった!」夏のアウトドアで活躍したアイテム

沖縄の日差しをなめたら、あかん〜!

アイテムを色々紹介しましたが、とにかく言いたいのは、沖縄の日差しが強すぎる!ということです。
とくに女性の方には日焼け対策をしっかり行うことを強くおすすめします!油断するとすぐに日焼けしますからね…涙

ちなみに旦那にも「日焼け止め塗りなよー」と口うるさくいったおかげで(笑)、自分でも時々塗るようになってくれました。
男性もめんどくさがらず、日焼け対策をしましょうねー!

関連おすすめの日焼け止めは? – 日焼け止めの正しい選び方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 300本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?