沖縄に移住しても、仕事が見つかりやすい7職種

スポンサーリンク

沖縄移住で一番心配なのが、「仕事」があるかどうかだと思います。

沖縄県は全国1の失業率です。
沖縄の有効求人倍率は0.68倍
有効求人倍率1位の愛知県は1.57倍
沖縄県は1位と2倍以上も倍率が違うことになります。

参照元:http://sankei.jp.msn.com/

そんな「求人が少ない」と言われている沖縄でも、求人の募集が多い職種があります。
今回は沖縄で仕事が見つけやすい職種を紹介します。

沖縄で仕事がみつけやすい職種

1、保育士

保育士

沖縄県では、待機児童問題が深刻です。
人口あたりの待機児童数は、なんと全国で最も多い第1位…。
沖縄県では現在、保育士の募集を強化して、待機児童を減らそうとしています。
そのため、保育士の募集をよく見かけます。

沖縄県の深刻な「待機児童」問題 | 沖縄移住ライフハック
待機児童は、東京だけの話かと思っていましたが、実は沖縄でも深刻な問題になっていま…

保育士の求人サイト

2、看護師

看護師

沖縄県だけではありませんが、日本全国で看護師が不足しているようです。
派遣ナースで沖縄移住する方も多く、その場合は寮があるので、安心です。沖縄までの航空券や引っ越し代も病院側が負担してくれることもあるようなので、移住前に仕事を見つけてから行くのが良いかもしれません。

沖縄移住した看護師さんに、沖縄での仕事についてインタビューしてきました | 沖縄移住ライフハック
沖縄県で看護師として働くきむまみちゃんに、「移住のきっかけ・仕事探し・働き方」な…

看護師の求人サイト

3、薬剤師

薬剤師

看護師同様に、沖縄では薬剤師の求人が多いです。
給料は本土よりも下がりますが、住宅手当がある施設も多いので、生活に困ることはない金額です。正社員だけでなく、パートの募集もあります。

薬剤師の求人サイト

4、コールセンター

コールセンター

沖縄にはコールセンターがとてもたくさんあります。「本社は東京、コールセンターは沖縄に」という企業が多いのです。
比較的、勤務時間を自由に選ぶことができます。

コールセンターの求人サイト

5、飲食店(キッチン・ホール)

飲食店

沖縄は、観光地だけあり飲食店が多いです。居酒屋やカフェは激戦区ともいわれいます。
給料は東京に比べると低くなりますが、賄いが出るところであれば、食費を浮かせられるメリットがあります。

飲食店(キッチン・ホール)の求人サイト

6、IT(SE・プログラマなど)

デザイナー・プログラミング

沖縄県では経済振興でIT産業の発展が注目されています。県の支援も豊富で、様々なIT会社が沖縄に増えてきているので、スキルのある方やチャレンジ精神のある方におすすめです。

IT(SE・プログラマなど)の求人サイト

7、観光案内(中国語・韓国語の通訳)

観光案内

最近では、観光スポットに中国や韓国の方が大人数のツアーで来ている姿をみかけます。
そのため、観光案内だけでなく、販売の仕事でも中国語などを話せると就職に強いです。

観光案内(中国語・韓国語の通訳)の求人サイト

手に職があると仕事は見つけやすくなります!

やはり資格や技術を持っていると、沖縄に限らずですが、就職に強いです。
もし沖縄移住までに時間がある場合は、資格などを取得して就職の準備をしておくと安心かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 296本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?