沖縄のUSJはいつできるの?それよりも、オススメの本がありますよ!

スポンサーリンク

ユニバーサルスタジオ沖縄
「沖縄にUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が進出する!?」

沖縄県民だけでなく、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン好きの日本全国の方が気になる話題ですよね。
そんな中、11月13日、アメリカのメディア大手「コムキャスト」が運営会社「ユー・エス・ジェイ」の株式を半数以上取得し、買収したとニュースが流れてきました。

よって、ユー・エス・ジェイの最高経営責任者(CEO)・グレン・ガンペル氏に代わり、コムキャストグループのテーマパーク部門出身のジャン・ルイ・ボニエ氏が就任したそうです。

沖縄のUSJ進出は、白紙になるの?

ユー・エス・ジェイの担当者によると、検討している沖縄でのテーマパーク建設について「継続して検討している」としているそうです。

ひとまず白紙には戻っていないようなので、沖縄にUSJができる可能性はまだあるようです。

USJのマーケティング本が面白いです


ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)・森岡毅さんが書かれた本「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」を読むと、USJの裏側をちょっと知ることができます。

普段あまり本を読まない私が、「新婚旅行の飛行機移動は暇だから」という理由だけでたまたま買った本でしたが、想像していた以上にタメになるビジネス本でしたので、紹介したいと思います。

まずは好きなシーンから

筆者の森岡毅さんがユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ入ったきっかけは、今回の買収により、最高経営責任者を退任してしまったグレン・ガンペル氏がきっかけだそうです。

USJの倒産の危機を救ったグレン・ガンペル氏から、P&Gに勤めていた森岡さんへヘッドハンター経由で面会を求めてきました。

そして、その面会のやりとりが好きなので、以下、本文より引用です。

彼(グレン・ガンペル氏)は私に向き合うと開口一番 、こんな質問をしました 。

「人はなぜテーマパークに行くのだと思いますか?」

私はその質問に一瞬驚き 、数秒後にこう答えました 。

「私にはまだよくわかりません 」
そしてもう数秒後に 、ゆっくりと付け加えました 。

「しかし 、私はその核心的質問の答えにどうやって辿りつくかを知っています 」

そして、さらにやり取りは続きます。

彼の2つ目の問いも実に興味深いものでした 。

「日本人はどうしてリスクを恐れて何も変化を起こさないのだと思いますか?」

「その多くは変化を起こす必要性を理解していないからです 」
そして静かに続けました。

「日本人にそうでない人間もいることを 、残念ながらあなたはまだ知らないようですね 」

なんですか、この映画のワンシーンのようなセリフの数々!
素敵じゃないですかー!?

もし私が「人はなぜテーマパークに行くのだと思いますか?」と聞かれたら、
何も考えずに、「へへ、娯楽を求めて来るのだと思います。へへっ」と答えてしまいそうです。

そして、「日本人はどうしてリスクを恐れて何も変化を起こさないのだと思いますか?」という質問にこそ、「わかりません」と答えていたことでしょう…。

USJをV字回復させたマーケティング術

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの経営が不振のなか、V字回復させるまでをわかりやすく解説している本です。

・ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを「映画だけの専門店」から「セレクトショップ」に変えたわけ
・なぜハリーポッターで450億円のリスクを取ったのか?
・お金がなくても、「アイデア 」こそが最後の切り札になる

この3つに興味がある方は、読んでみると面白い本かもしれません。

ピノ子二言

沖縄USJの行方も気になるけれど、まずは大阪にあるハリーポッターのアトラクションに乗ってみたい!

それと、USJUFJ(東京三菱UFJ銀行)をいい間違えない良い方法を教えてほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 287本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?