引っ越し・賃貸の初期費用を安くする方法

スポンサーリンク

引っ越し・賃貸の初期費用を節約する方法
沖縄で2回目の引っ越しとなると、「沖縄ではこんな物件に住むとお得」ということがなんとなくわかるようになってきました。
物件情報サイトを見るのが好きな私が考えた、節約方法を紹介します。
(沖縄だけでなく、他県でも使えるはず・・・!?)

引っ越し・賃貸契約にかかる費用

引っ越しには一般的に、下記のような金額がかかります。

  • 敷金・礼金
  • 家賃
  • 仲介手数料
  • 火災(家財)保険
  • 家賃保証料
  • 退去時の費用
  • 引っ越し費用

実際に私たちが行なった方法とともに、節約術を書いて行こうと思います。

敷金・礼金

まずは新規に家を契約する場合、敷金・礼金がかかるのが一般的です。
ただ沖縄は、敷金・礼金がかからない物件は探してみるとたくさんあります。

初期費用を抑えたい場合は、敷金・礼金が0円の物件がおすすめです。
さらに物件によっては、キャッシュバックしている物件もあるので活用して初期費用を抑えることも可能です。

祝い金がもらえる不動産サイト「キャッシュバック賃貸」は、物件探しにおすすめ! | 沖縄移住ライフハック
沖縄で2回目の物件探しをするようになり、あちらこちら賃貸サイトを物色しています。…

家賃

家賃交渉はしたことがないのですが、調べてみたら家賃の値下げを受け入れてくれることもあるようです。
狙い目は、しばらく空室が続いている物件・相場よりも高い物件だそうです。

値下げの交渉が難しい場合は、家賃が発生するまでの期間を伸ばしてもらうことを交渉してみるといいかもしれません(実際、1週間伸ばしてもらったことがあります)。
家賃を二重に支払うことを避けるため、退去日と新居の入居日を短くすることも節約するコツです。

沖縄では敷金・礼金のかからない物件だけでなく、インターネット付き物件も多いです。インターネット付きの物件にすれば、自分たちで支払う通信費を抑えることができます。

仲介手数料

物件の紹介に仲介業者を通した場合、発生する料金です。

私たちは気になる物件を自分たちで見つけた場合は、仲介業者を通さず、直接、管理会社へ問い合わせするようにしました。

管理会社の物件であれば、仲介手数料なしにそのまま契約することができる場合があるようです。

火災(家財)保険

私たちの場合、火災保険は不動産から言われるがまま、すでに決まっている保険会社で契約してしまいました…。
あとあと調べてみたら、自分で保険会社を選べるケースもあるようなので、聞いてみるといいかもしれません。

家賃保証料

沖縄では連帯保証人の他に、家賃保証会社に入るのが一般的です。
家賃保証料は、家賃の金額によって料金が決まります。「家賃の50%」など保証会社によってパーセンテージで金額が定められています。

そのため、家賃保証料を節約する方法といえば、“家賃を安くする”に限ります。

退去時の費用

退去時の費用を抑えるには、普段から家をキレイに使うことが大切です。
こまめに掃除をし、備え付けの部品を取り外した場合は、しっかり保管。退去時に原状回復できるようにしておきましょう。

私たちは、もともと敷金がない物件だったので、退去費用が敷金から差し引かれることがありません。
高かったら直接請求なのでどうしようとドキドキでしたが、退去費用は、日割り家賃・クリーニング代・鍵交換代と事前に説明を受けていた項目だけですみ、ホッとしました。

引っ越し費用を抑える節約方法

新しい家と退去日が決まれば、あとは引っ越しです。

引っ越し代を一番節約する方法は、当たり前ですが「自分たちで行なう」です。
友だちは友人7名に協力してもらって、軽トラックなどで自分たちで引っ越したと言っていました。(軽トラをレンタルした場合でも、3,000円ほどですみます)

私たちもその方法を考えましたが、「全部自分たちで行なうのは大変そう…」と思って、結局引っ越し業者にお願いすることに。
大物家具・家電と段ボールの一部を引っ越し業者に、残りを自分たちで運ぶことにしました。

引っ越し費用を下げるコツ

  • 安い業者から見積もりをとる
  • 安い金額をもとに価格交渉
  • 平日を選ぶ
  • 時間帯の指定をしない
  • 引っ越しシーズン(2月後半~4月前半)を避ける
  • いらない物を減らしておく

自分たちで運んだ荷物も多かったおかげで、引っ越し費用は1万5,000円ですみました。
ただ自家用車(軽自動車)での引っ越しは、荷物が全然乗らず、何度も往復する必要があったりと大変でした…。後から考えてみたら、全部業者にお願いすればよかったと後悔したほど、辛かった笑
それに引っ越しが落ち着くまで自炊もできず、数日外食が続いて結局あまり節約になっていなかった気も…。

いらない物を処分する

いらないものを減らしておくことで、引っ越し代は安くすることができます。

不要品の処分に使ったもの

1つ1つしっかり自分で値段の設定などをしたい場合は、沖縄宝島やオークションで不要品を売るのがおすすめです。
「買取価格が下がってもいいから一括で売りたい」という方は、買取サービスやリサイクルショップを利用する方が楽チンです。

費用は安く抑えて、新生活を楽しみましょう!

実際に今回の引っ越しでかかった総額は、このくらいでした。

  • 初期費用(保険・保証料など) 4万円
  • 退去費用(日割り家賃・クリーニング代・鍵取り替え代) 5万円
  • 引っ越し費用 1万5,000円

大まかではありますが上記の10万5,000円に、プラスして新居の家賃といった感じです。
前回の引っ越しでは仲介手数料だけで7万円がかかっていたことを考えると、とても安く引っ越すことができました!(素晴らしい進歩っ!)

引っ越し費用が安ければ、それだけ新生活に必要なものも買い替えしやすいので、料金を下げられるように自分なりに工夫してみると面白いので、おすすめです。

▼私たちの体験談・生活、仕事、お金のことなど、沖縄移住に関する情報は、すべてこのページにまとめてあります。
沖縄移住ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 300本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?