「沖縄に移住するとちょっと太る」は、もはや我々のなかで定説と化している

ふ、太ったかな?


「太った….」

「太りました」

「なんか太りません?」

このセリフをねぇ、沖縄に移住した人から、もう何度も聞きましたよ。
1人2人の話じゃないんですね。何人も、何人も、口々にこうおっしゃるんです。

というわけで、今回は、沖縄移住するとちょっと太るというお話です。

スポンサーリンク

お、沖縄に移住したら、太ったんだな…

先日、沖縄に移住してきたウェブライター真崎さんとお話しする機会がありました。

「沖縄に来て太った…」「沖縄の飲み友達ができない…」新人移住者が先輩移住者にガチ相談した | 暮らしのこと | 沖縄移住応援WEBマガジン おきなわマグネット
こんにちは、ライターの真崎です。先日私が仕事で悩んでいた際に、沖縄移住ライフハック(http://okinawa-iju.info/)を運営する「みなみの家」のご夫婦(みなみのひげさん・ピノ子さん)がシュノーケリングに連れ出してくれました。http://okinawa-mag.n

「沖縄での暮らしに関する相談」と称して、いろいろとトークをしたのですが、、
タイトルにもあるように「太った」ネタがなかなか盛り上がりました。

太りました。2か月で2kgほど。

彼女の口から、こう聞いたとき、私はつくづく思いましたね。

(超わかるー)

って。

ちなみに後で判明したことですが、妻 ピノ子さんも同じこと思っていたみたいです。

(超わかるー)

って。

沖縄に住むと、最初、太るんですよ。もちろん、個人差はあるので痩せる人も現状維持の人もいるでしょうけど、それでも、相当数の人が、なぜか太るんですよ。

私も、沖縄に移り住んでから、だいたい2kgか3kg太って、それが最近まで続きました。(妻も同じくらい太ってたらしい)

沖縄に移住する→ちょっと太る(てへっ)

これ、私たち夫婦のなかでは、もはや定説になっています。

沖縄移住で太る、、3大生活変化

2年半、沖縄で暮らしてみて、なんとなくわかってきましたが、太るにはやっぱり理由がありますね。生活が変わるんですよ、生活変化を受けて身体も変わる(ちょっと太る)んです。

生活変化は大きく3つあるといえます。

1、食生活が高カロリー&ボリューミーに

沖縄の食事、合う人には本当に合います。本当、美味しい!うまい!おかわり!

しかしながら、高脂肪&高カロリーな食べ物が多いのも事実
アメリカ文化が入ってきているのも相まって、フライや揚げ物も多いです。
そして、ボリューミー。

高カロリーな食事

沖縄に住むと、ほとんどの人がこういう経験をすると思います。

  • 食堂の大盛りが、本気で大盛り
  • 食堂によっては大盛りが並盛りあつかい
  • ステーキ・タコス・バーガー・ピザ..などの店をあちこちで見かける
  • 手軽なおやつ→天ぷら(揚げてる)、サーターアンダギー(揚げてる)、チキン(揚げてる
  • おばぁにカメーカメー(食べなさい食べなさい)って言われる

それに意外なものまで高カロリー。

  • ちんすこう・・・1個で約100kcal

「え、お茶うけにボリボリ食べちゃってたよ!」なんて思ってもあとの祭り。
移住当初、勢いで10個くらい食べていた私は、成人男性の半日分のカロリーを、ちんすこうからとっていました。

食べるのが大好きな人、油っこいもの、味の濃いもの、お肉が好きな人、やはり太りますね。

2、車社会なので歩かない

でも冷静に考えてみると、これだけじゃない。
食生活が高カロリー&ボリューミーって言ったって、前住んでいた東京にも、そんなのたくさんあるんですよ。

大盛り・超大盛り・ステーキ・タコス・バーガー・ピザ、全部、お店ありましたよ!

好きでよく食べてましたよ!

でも、沖縄に来たら太った..。

違うといえば、そう、消費する方(カロリーを)。

代表例として、沖縄に住んでいると「車社会」で、全然、歩かないんです。

車社会

例えば、東京にいた頃と、沖縄にいた頃の通勤・退勤の動き。

  • 東京
    → 通勤・退勤、駅まで歩く、電車で立つ、駅から会社まで歩く、駅から家まで歩く
  • 沖縄
    → 通勤・退勤、車に乗る、会社に着く、家に着く

歩いてない..

歩かないんですよねー、本当に歩かなくなった。
つか、よく考えたら私は在宅ワークでした。

通勤・退勤すら歩いてないや..

日常で仕事をしているとき、歩かなくて良いなら歩かないですよね。人間ですもの。仕事で疲れてるんですもの。

摂取カロリーが大魔王のように大暴れしている一方で、消費カロリーはお城に住む、かよわいお嬢様レベル

そりゃ太りますよね..。とほほ。

3、多忙ストレスからの解放

でも車社会だって、地方に行ったら相当数あるでしょうよ。
通勤・退勤、全然歩かない人だっていますよね。私の生まれの千葉県の田舎の方だって、車社会ですよ。

というわけで、3つ目。

これは良いことでもあるのですが、太る方へ影響していたりもします。

多忙ストレスからの解放です

ストレスからの解放

わざわざ移住するくらいですから、されるんですよ、解放。
沖縄移住の理由としても、非常によくあるワードですもの。

沖縄で のんびり 暮らしたいんだなぁ 相●み●を

これ。

いやぁ、そりゃあ、これが叶ったんですから、ストレスから解放されますわな。移住後は、タイミング的に身体が「うわっほーい」ってなりますわ。ある種、ストレスフリー状態ですわ。

その時に人はどうなるか?

食欲が増えます。(食べ物が美味しい!健康だ、健康だ!)

そして太ります

沖縄は年中温暖で、寒さによる環境ストレスも少ないですし、人々とのコミュニケーションや、仕事にも、なんだかんだ心地よいゆとりを感じるシーンが多いです。

私が都内で暮らしているときは、多忙は環境として当たり前でした。
イケイケ仕事デキる人間では全くありませんでしたが、それでも当然のごとく、予定に追われていました。仕事の案件は並行で、どんどんこなすし、プライベートも予定はたくさん入り込みます。東京にいると多忙は普通

だから、沖縄に来て、「ゆとりがある状況」に直面すると、素直に心身が反応します。健康になろうとするのでしょうね。

健康な人は、ちょっと太っている、なんていう話も聞くし、そう考えると健康を取り戻す過程で太るともいえます。

余談

ちなみに私は、移住してすぐのときは、心身ともに解放されすぎて鬱になりかけました。直前まで多忙すぎると、逆に反動がすごいのでお気をつけを。

太るのが嫌な人は、対策にいそしむと良いよ

というわけで、一定数、いや相当数の人が、沖縄に住み始めるとちょっと太ります。

太る理由は、ある意味で、沖縄移住後の変化ともいえます。

なので、ポジティブなことも、ネガティブなことも、ひっくるめて、まぁ、人生なわけですし。病気にならない程度なら、ねぇ?そんな、気にすることないですよー。え、全然太って見えなーい。え?本当ぉ〜?ぽっちゃりした〜?全然見えなーい。それくらい余裕余裕ぅ〜デザートにティラミス食べちゃおうよ〜。と、私は思います。

しかし、


こないだまで履けていた細身のデニムが!
良い感じに思えたはずの脚のラインがおかしい!
これは細身のデニムというより..そう、タイツだ!泣
そうだ、これではタイツだ!号泣

ぱつんぱつん。

なんて状況になるのは、さすがに精神衛生上よくないですね。

太るのが気になるかたは対策に勤しみましょう。

運動すると良いよ

月並みな結論ですみませんが、太るのが気になるかたは、食べるのを制限するよりも運動をすると良いです。

なぜか。

食べないダイエットは、我慢のストレスで、リバウンドしやすいから

短期的には痩せますし、ずっと食生活が変わらないなら良いのですが、体質が太りやすくなりますし、油断して元の食生活になった途端、一気にリバウンドしやすいダイエット方法です。

食べたいものを我慢するストレスは、思った以上に反動が強いんです。
しかもその時、目の前にあるのは例の高カロリーな食べものですよ?

リバウンド

リバウンド王かっての

ってくらいリバウンドすると予想されます。

私はダイエットを機会に、夫婦でロードレースに参加。そして、調子にのって昨年、フルマラソンを走りました。

フルマラソンはさすがにやりすぎたかな、と思う節がありますが、おかげでもとの体重をキープしています。

沖縄には、マリンアクティビティもたくさんありますし、自転車のロードレースも海沿いが気持ち良い!やんばるのジャングルへ行けば、トレッキングもありますし、アウトドアにはこと欠きません。高校野球強いし、プロバスケもあるし、琉球空手有名だし、トライアスロンもあるし、スポーツ大国です。スポーツ系のイベントも多い。

ぜひ、沖縄移住を機に運動を始めてみてください。おすすめです。

いっぱい食べて、いっぱい動いて、元気に過ごそう(小並感)

ピノ子さんより、ここで一言。

私はやせてないよ\(^O^)/

今年はフルマラソンですね。

マラソンしましょうね。

沖縄県は「とりもどせ長寿大国」のスローガンのもと、太りすぎ対策CMもやっていたり、今、いろいろと肥満防止に力を入れていますので、対策は結構あちこちにあるはずです。探してみるのも良いですね。

沖縄移住とちょっと太るの関係、いかがでしたでしょうか?

気にしすぎるのもなんですし、できるだけ前向きに対処して、健康に、元気に過ごしていきたいものですねー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 263本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?