ちゅらぽた「ガイド付ポタリング」で自転車散歩!やちむん通り・青い海が最高でした

波の上ビーチにて
沖縄の4月・5月は、本州から一足早く、初夏の陽気。とても気持ちがいい季節です。

そんな時期に、ご縁あって沖縄輪業さんのサービス 「ちゅらぽた」へお誘いいただき、那覇をポタリングしてまいりました。今回は、その時の様子を紹介いたします。

沖縄で自転車散歩、めっちゃ気持ちいいです。
「休みの日、何しようかなぁ…」と、休日の予定を計画されている方におすすめです。

スポンサーリンク

ガイド付きポタリングツアー「ちゅらぽた」

ちゅらぽた

画像引用:ちゅらぽた より

ちゅらぽたは、今、流行りの“ポタリング”を沖縄で楽しめるように考えたサービスです。

今、流行りのポタリング・・・?

ポタリングってなに?

ポタリングは自転車散歩のこと
ポタリングとは、自転車などで、あちこちを気楽にぶらつくこと。「Potter」という英語が、「のんびりする」とか、「ぶらつく」といった意味。

ちゅらぽたは、自転車でのんびり気楽にサイクリングするツアーということです。しかも観光ガイド付き!

世界ではスタンダード! 「ガイド付き」ポタリング

ポタリング+ガイドツアーがいい
実は参加するまで、「のんびり自転車で回るだけなのにガイドさんまで必要なの?」くらいに思っていましたが、ガイド付きポタリングって、海外ではポピュラーなものなのだそう。

乗り降りが楽で散策に向いている自転車と、地域理解に強いガイドツアーは、とても相性が良くて、世界中で観光のポタリングツアーってあるんですって!

言われてみれば確かにそうかも。なんで今まで沖縄で流行ってなかったんでしょ。

焼き物の町と青い海!のコースに参加しました

ポタリング 焼き物の町と青い海! 壺屋・三重城コース

私たちは、壺屋・三重城コースに参加させていただきました。

焼き物が有名な、壺屋やちむん通り周辺を自転車で散策しながら、奥武山公園を走り、最終的には付近にある、海が見えるウミソラ公園へ行くコースだそうです。

那覇の市街を広範囲にわたり、自転車で走りながら回ります。さわやかそうでいいですねー!

ちなみに現在、ちゅらぽたで行っているコースは3つあります。

この中から好きなコースを選べるそうです。

ちゅらぽたで、さわやかに自転車散歩

当日、朝8時にお店をスタートします。
特に必要な持ち物はありません。動きやすい服装であればOKだそう。

今回、ガイドいただくのは、沖縄輪業の森さんです。

沖縄輪業の森さん

森さん。顔出しOKをいただきましたー!

とっても気さくで自転車大好き!
ところどころに入ってくるジョークがさらに魅力的。笑顔が素敵なナイスガイ。

ポタリングの前に準備をします

ポタリングの準備
最初に、自転車の説明や、ヘルメットのサイズ合わせを行います。

乗り方講座
正しい乗り方の講座。スポーツバイクはペダルに足をかけて調節するそうです。
街中でかっこよく見える乗り方も教えてもらいました(笑)

ボトルプレゼント
自転車に乗りながら飲めるお水もくださいました。しかもドリンクボトルはプレゼントしてくれるそうです!嬉しい♪

10分くらいで準備完了。

ちゅらぽたスタート
ちゅらぽた、いざスタートです!

スタート!朝の国際通りでウラ話を聞く

走り始め
ウキウキしながら自転車をこぎ始めます。普段、車で移動するので自転車が新鮮。

国際通りは歩く
最初に来たのは、国際通り。

アーケード街
公設市場へつながる、むつみ橋通りです。

なんてことないアーケード通り。かと思いきや、なんとここにちょっとしたウラ話が

水上店舗の話を聞く
「実はこのお店の下、ずーっと、川なんですよ」

そうです、なんとここ「水上店舗」と呼ばれ、昔、川だったのです。川がよく氾濫するので、その対策も兼ねて川の上に商店街で蓋をしているそう。

商店の下が川
このお店の下が、ずーっと川だそうです。すごいな。

国際通りは戦後にできて発達した街。街になる前は湿地の多い場所だったんですって。今となっては、観光通りの街ですが、ここが湿地だったと思うと不思議な感じです。水上店舗もなんとなく納得。

ちゅらぽたは、こんな感じでガイドの森さんが大量の豆知識を解説してくれます。これが、なかなか楽しいのです。

ガイドの話が楽しい
普通に自転車でまわるより、はるかに情報量が多いので充実感がすごい。のんびりしつつも、この知識欲が刺激される感じ、なんか良いです。

壺屋やちむん通り。石畳でいい雰囲気

次に向かったのは、壺屋やちむん通り。

壺屋やちむん通り
石畳の道と、やちむん工房の数々が非常に良い雰囲気を醸し出しています。

ガジュマルと焼釜
ここのおすすめポイントは、焼き釜とガジュマル。

やちむんを焼く、登り窯も面白いのですが、隣に生えているガジュマルも面白いです。

失敗した器がガジュマルに取りこまれている
根元を見ると、大量の器の破片がガジュマルに取り込まれています

これ、職人さんが失敗した器をガジュマルの方に投げていたら、いつの間にかガジュマルが取り込んでしまったんですって!ガジュマルは色々な植物と共生する木だそうですが、器と共生するのはレアケースみたいです笑

拝所
ガジュマルからしばらく進むと、拝所が。昔からある、拝む場所ですね。

昔からある井戸
「ここは昔の共同井戸でもあるんですよ」と、井戸から水を出す森さん。

名前はアガリヌガー(東の水場という意味)、昔から水場でもあり、拝み場でもあった場所だそうです。

なるほどー、壺屋、雰囲気あるなぁ、と思っていたら、「ちなみに、こんな昔からの場所なんですが、向こうを見るとマクドナルドがあります笑」と、案内が。

拝所の向こうにマクドナルド

ホンマや笑

伝統的な存在と、街の景色が、同じ場所にある感じが那覇の面白さなのかもしれません。

奥武山公園付近で青空が!

壺屋から、しばらく街を走り、奥武山公園へ向う途中。

暑さで疲労が出始める
そろそろ、暑さでピノ子さんに疲労の色が出始めます。

朝ご飯を抜いたら小腹が・・・

と、その時。

おやつ休憩
しおせんべい(沖縄名物)でもどうですか?」

しばしのおやつ休憩タイム。紳士な森さんが、どこからか、しおせんべいを出してくださいました。一体どこに忍ばせていたんでしょう笑

絶妙なタイミングで塩分補給し、ピノ子さん、一気に元気になります。

青空が!
さて、ピノ子さんが元気になったせいか、奥武山公園に着く頃に青空が!

この時まで、曇り気味だったのですが、なんとか青空を拝めました。いやぁ爽やかー!

お菓子につられたピノ子さん
しおせんべいをもらったからなのか、次のせんべいを待つ 真剣に森さんの話を聞くピノ子さん。

海を見ながら走るのが最高に気持ち良い!

奥武山公園を回った後は、いよいよ海沿い

海沿いのサイクリングが気持ちいい
うわーい!気持ちい〜!

海に行く瞬間はやっぱり良いですねぇ。視界がひらけて、真っ青な海が見えると、とても気分が高揚します。

那覇でも青い海
那覇の港でも、やはり海は青い!

海をみながら休憩
海を見ながら休憩中。潮風もいい気持ち。一緒に同行してくださったクリエイティブディレクターの相葉さんも交えてヘルメット男たちの談笑タイム。

さぁっ、ラストはウミソラ公園のビーチへ!

..ところが、この日は沖縄国際映画祭の準備で、公園が封鎖中。

残念..。そう思っていたら、森さんが代わりに波の上ビーチへ案内してくださいました!

波の上ビーチ
波の上ビーチは、那覇で遊泳できるビーチ。前に橋があるのに海はエメラルドと白い砂浜という、不思議なコントラストを持ったビーチです。

波の上ビーチ
「せっかくだから、最後はキレイな景色でね」と、一同、波の上ビーチへ自転車を漕ぎ。

お疲れさまでした〜
到着ー!お疲れさまでした〜。

約3時間のポタリング終了〜!

那覇市内をサイクリング

時間にして大体3時間ちょっと。距離にすると10kmを、ところどころガイドを入れて止まりながら、ゆったりと自転車で走りました。

ポタリング内で、数でいうと30〜40個くらいの地域情報を聞けました。なんとなくポタリングしているだけでも、ガイドさんがいるとこんなに色々わかるんだなぁ、と驚きました。

シュールなネタがこれでもかってくらい聞けます笑

いやしかし、とにかくね、ガイドの森さんのコネタがすごいんですよ、たくさんあるんですよ。しかもどのネタも「んふっ笑」って笑えるくらいのほどよくシュールなネタ。

例えば…。

むつみ橋通りのコネタ
国際通りの「むつみ橋通り」に、誰にも見てもらえないヤンバルクイナとマングースがいる、とか。

最終処分場すごい
三重港あたりに出ている最終処分場の処理水は、海の水より水質がきれいだとか。

グッピーがいる
道脇の壺の中にグッピーがいるとか。

シーサーの口から木が生える
壺屋に、なんか口から木が生えてるシーサーがいるとか。

あと、沖縄本庁舎の屋根の形には理由があるらしいとか、「英雄坂」と呼ばれる坂の下にauがあるとか。…とにかくコネタが良い!盛りだくさんで素晴らしいです。頭から離れなくて癖になります。

ちゅらぽたでは、現在4名のガイドさんがいて、観光らしい案内情報から、地元の人でも知らないレベルの楽しめる地域情報を自分たちで調べ、案内しているのだそうです。

壺の中のグッピーまで調べるとは、ある意味、とんでもない調査力。

ポタリングの楽しさに気づいた

いやはや、それにしても素晴らしいツアーでした。ポタリングって最高ですわ。

車社会の沖縄だからこそ、自転車で回ってみるのもいいものです。
渋滞に巻き込まれることもなく、街をスイスイ進むことができますし、普段は車で通りすぎてしまっていて、気がつかなかったスポットが多いこと、多いこと

小道など、自転車で回るからこそ通ることのできる、味のある場所も多数ありました。

那覇の住環境の雰囲気もよくわかって、沖縄移住(那覇へ住む)を考えていらっしゃる方には、観光しながら勉強にもなるなぁ、なんて思いました。

ガイドの森さんご自身でも仰られていましたが、住んでいる人すら知らない内容が多いそうです。観光でいらっしゃる方ももちろん、灯台下暗しな気分で楽しめる那覇住まいの方々こそ、ちゅらぽたを楽しめるように思えました。

自転車のレンタルもできます

実は、ポタリングのサービスをされている「沖縄輪業さん」、私が移住前、沖縄自転車旅をしたときに、ロードバイクをお借りしたところなんですよ。

すでにある程度土地勘があり、自分のペースでゆったりまわりたい方は、レンタサイクルで観光してみるのもよいものです。

レンタサイクルの料金表

 4時間以内当日1日
クロスバイク他1,000円1,800円+900円
電動アシスト自転車1,800円3,000円+1,500円
ロードバイク1,600円〜2,400円〜+1,200円〜

ちゅらぽたのコースはこちら

私たちが行ったコースも含め、ちゅらぽたの案内はこちらです。首里コースとかも結構良いみたいですよ(お昼にそばのおいしいところも行けるのだとか)。

ちゅらぽたの詳細はこちら

ページ下部の「申し込み」ボタンから、ツアー申し込みができるそうです。

自転車でさわやかに那覇観光。ご興味のあるかたは行ってみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 263本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?