CHECK沖縄移住の電子書籍ができました!

自動車を沖縄に輸送するには、どうしたらいいの?

古宇利島の橋

私たちは車を持っていたなかったので、移住したタイミングで、沖縄で車を購入しました。

そのため、経験に基づいてお話することはできませんが、本土から車を沖縄へ運んでくる方もいるかと思います。

本土から車を輸送してくれる会社はどのようなところがあるのか、調べてみましたので、参考までにまとめてみました。

スポンサーリンク

自動車を沖縄まで輸送してくれる会社

ニシダオートサービス

ニシダオートで記念写真

ニシダオートサービスのオーナー西田さんと記念撮影

現在、沖縄移住ライフハックにバナー広告を掲載してくださっている会社です。

お店やサービスの様子を取材してきました。
そのときの記事は、こちら

ニシダオートサービスは車の購入についてもサポートしてくれるので、車購入+輸送をセットでお任せできるのは嬉しいですね。

ニシダオートサービスの料金

東京→那覇新港 4万8,000円(軽自動車)
東京→那覇新港 5万4,000円(プリウスクラス)

ニシダオートサービスをみる

関連東京から沖縄へ。自動車のフェリー輸送は「ニシダオートサービス」がおすすめ!

沖縄格安プレイガイド ヒューマンリレーション

色々な割引があり、車の運送費の割引だけでなく、引っ越し費用や企業の割引まであるみたいです。面白いですね。

関西・関東のみ自宅まで陸送ありです。

石垣・宮古島などの離島にも運ぶこともできるようです

ヒューマンリレーションの料金

川崎航路→那覇新港まで運ぶ場合、4万3,800円(軽自動車)
東京23区の自宅→那覇新港まで運ぶ場合、5万4,800円(軽自動車)

ヒューマンリレーションをみる

ティンクルラボ

※現在、一時的にマイカー輸送のお申込み中止しているようです

本土の自宅から沖縄の新居まで運送もしてくれるそうです(別途費用)。
ただ、出発先の港が限られています。

東京(有明港)、名古屋(名古屋港・豊橋港)、大阪(大阪南港)、博多(博多港)、鹿児島(鹿児島港)です。

ティンクルラボの料金

有明港→那覇新港まで運ぶ場合、5万7,400円(軽自動車)
大阪南港→那覇新港まで運ぶ場合、6万3,000円(普通乗用車)

ティンクルラボをみる

沖縄フェリー車両輸送

サイトが見やすい&料金が検索しやすくてよかったです。

那覇空港→那覇新港までのタクシー代が無料なので、車到着日に上手く航空券を取るといいかもしれないですね。

沖縄フェリー車両輸送の料金

東京(港)→那覇新港まで運ぶ場合、5万1,843円(軽自動車)
大阪(港)→那覇新港まで運ぶ場合、5万4,621円(普通乗用車)

沖縄フェリー車両輸送をみる

車を持っている場合は、輸送が断然おすすめ

以上、調べてみた内容でした。

利用してはいないので、善し悪しはわかりませんが、言えることは車を持っている場合は、確実に運送した方が購入するよりも安く済みますよ。

フェリーで車を輸送した移住者に聞いた情報をまとめてみました。

  • 車に荷物を積められるので、引っ越し代の節約にもなった
  • 「運転席と助手席をあけないといけない、バッグミラーを見えるようにしないといけない」と言われたので、荷物を詰める前に確認しておくといいかも
  • 他県から車を持って来た車は、塩害対策(サビどめ)をしよう
  • 沖縄ナンバーに切り替えると、保険料が安くなる

輸送会社などによっても異なると思いますので、詳しくは各自ご確認ください。

記事を検索
シェアする