【沖縄移住者に教わる!】「家電」と「車」の購入テクニックとは?

スポンサーリンク

沖縄移住の体験談
都内から沖縄移住して1年になるMさん。
(顔出しNGのため、遠くを見つめていただきました笑)

そんなMさんから移住に役立つ情報を教えてもらったので、ご紹介したいと思います。

結婚を機に、沖縄移住したMさん

その前に簡単にMさんのご紹介を。
もともと「沖縄に住みたい!」という思いがあり、彼女にも沖縄移住を前々から伝えていました。そして結婚の際に「一緒に沖縄へ移住しよう」となったそうです。

…むむ、なんかどこかで聞いたことあるような。

そうです、私たち夫婦と状況がとーっても似ているのです!
ただの偶然なのですが、移住のタイミングといい、夫婦で移住したことといい、(Mさんは仕事がある状態できたこと以外)なんともよく似た移住境遇!

こんなこともあるんですねぇ。

Mさんの移住方法ですごいところ

仕事や結婚などについていろいろ話したのですが、なかでも面白かったのは移住に際する「家電の購入テクニック」と「車の購入タイミング」について。

ゆうパックで引っ越してきた私たちとはまた違った、なかなか合理的でユニークな方法をとっていました。

家電の購入テクニック

沖縄の家電購入テクニック
まずは家電の購入について。沖縄は家電を買うにも、現地店舗だと取り寄せになってすぐに手に入らなかったり、たくさんの商品から選ぶことができなかったります
その場合は、ネットショップを活用するのですが、私たちは何の迷いもなく「Amazon」をメインに使っていました。でもMさんはあえての「ヨドバシ

「なぜヨドバシなのか?」ときいてみたところ、
・全国配送料が無料
・ポイントがつく
・家電の品数がAmazonより多い
・移住後すぐに家電が届く

なるほど!確かにAmazonは送料がかかる商品もあるので、品数も多いヨドバシで購入するとお得そうですね!

車の購入タイミング

沖縄で車の購入
都内では車を持っていなかったMさんは、移住のタイミングで東京で車を購入したそうです。
普通は沖縄で購入することを考えますが、あえて東京で購入。

こちらも「なぜ東京で購入したのか?」ときいてみました。
・車は東京で買った方が安い(沖縄は輸送費が上乗せされている)
・車があれば家具の積み込みができて、引っ越し代の節約になる
・移住後すぐに車が使えるので、レンタカー代の節約になる
そうです。

意外と車に家具・家電が入る

しかも、車をもって引っ越すと、車に家具・家電を入れられて良いそうです!
引っ越し業者にお願いすれば、家具だけでも数十万かかりえないですからね。それなら車のフェリー代で家具も持って来れるなら、一石二鳥!

車はコンパクトカーにも関わらず、テレビ・電子レンジ・ソファなどが入ったそうです。意外と入るものなんですね!

また、ディーラーで購入したので、沖縄でもしっかりケアを受けられるのだとか。

車の塩害対策

あと気になるのは、車の塩害対策。東京であれば塩害対策は必要ないですが、海がある沖縄では塩害対策は必須。

車の塩害対策について訪ねてみると、「東京では塩害対策についてあまり理解されていないケースもあるみたいで、お店によって5,000〜20,000円と値段もバラバラでした。しっかり対策内容と金額を確認した方がいいです」とのことです。

駐車場の確保をお忘れなく

注意点として、駐車場の確保をあげていました。
納車からフェリーで運ぶまでの間は駐車場が必要です。東京はとくに駐車場代がバカになりません…。
Mさんは大家さんが特別に数日間は、「敷地内に駐車してもOK!」をしてくれたおかげで、お金がかからずにすんだそうです。

念のため、購入前に駐車場を確保しておきましょう。
駐車場を格安で借りられるakippaから探す

十人十色だからこそ、工夫のしがいがある!

今回Mさんの話をきいて、「人によって色々な移住方法があるのだなー」と改めて感じました。
工夫と考え方次第で、お得に負担少なく、そして効率よく移住することもできるのかもしれませんね!

自動車を沖縄に輸送するには、どうしたらいいの? | 沖縄移住ライフハック
私たちは車を持っていたなかったので、移住したタイミングで、沖縄で車を購入しました…

https://okinawa-iju.info/?p=56

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 287本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?