×閉じる
『みなみの家の沖縄移住本』好評発売中です!

沖縄にピッタリ!海のような青いハーブティー「バタフライピー」が涼しげ〜

記事を書いたひと
みなみのひげ
みなみのひげ
沖縄移住してニット帽かぶって生きてるヒゲ。個人メディア運営者。

じゃーん見てください、これ!

青いお茶

キレイ〜!

さわやか〜

なんとびっくり青いお茶
こないだファーマーズマーケットで見つけたお茶が、沖縄にピッタリの色合いだったのでご紹介します!

スポンサーリンク

海のようなハーブティー、「バタフライピー」

青いお茶
沖縄の海のようなあざやかなブルーのお茶。

これ、バタフライピーという名前のハーブティーです。
タイが原産で、現地では一般的に飲まれているお茶なんですって。

原産地であるタイではอัญชัน (アンチャン)と呼ばれるほか、英語圏ではバタフライピー(Butterfly pea)と呼ばれている。また、中国の広州では、「藍胡蝶」と呼ばれる。

引用:チョウマメ – Wikipediaより

あんちゃーん!

さてバタフライピー、なんのお茶かというと、「」です。

バタフライピー
バタフライピーの花
こんな真っ青な花がパックに入って売られていました。

これをお湯に入れると、色が染み出してきてめちゃくちゃキレイなブルーのお茶になるのだそうです!

バタフライピーを淹れる

実際に淹れてみましょう。

お湯を用意

▲お湯を用意

花を淹れる

▲バタフライピーの花は100ccにつき3つくらい入れる

花を浮かべる

▲これは間違いで、本当は花の付け根(緑色の部分)は取り除く

色が出るかな

お湯の上に浮かべてみました。さて青くなるのかな。

おぉ!

色が出てきた
みごとにキレイな青色が出始めました!すごーい、キレー!

スプーンで混ぜる
スプーンで軽く混ぜると、あっというまに色がつきました。

真っ青なお茶の完成
青いお茶の完成でーす!(飲むときは花ビラを取り除きます。)

青いお茶

惚れ惚れする青色
なんかガラスのような艶めくような青ですね。すごいキレイなあざやかさ。

味は..しない

青いお茶
そんな素敵なバタフライピー。どんな味かというと..。

…うん、お湯だね

野菜の葉っぱ煮だしたような味だな

はい、無味でした。
あと、なんか芋類の葉っぱとか茎とか煮だしたような香りがしますね。

ロマンチックな色のわりに味が素朴。

しかしバタフライピーちゃんはこれだけじゃございません!なんともインスタ映えしそうな秘密をもっていたのです。

レモンやライムで色が変わる!?

なんとまぁ華やかな特長、レモンやライムなど酸性のものを入れると、色が紫に変化するんです。

インスタ映えだ・・・

インスタ意識してやがる・・・

実際にやってみるとこんな感じ。

バタフライピー色変わり

にごっているのはシークワーサーの果汁が浮いているからです。お茶の変化には関係ないです

お〜

沖縄っぽくシークワーサー果汁の原液をたらしてみました。なんともキレイな紫色に変色。今にもインスタに投稿してほしそうな色合いになりました。

そんなわけで、わが家では蜂蜜とシークワーサー果汁を使って味をつけて、レモネード(シークワーサーネード?)みたいにして飲んでいます。

カクテルとかの色つけに使っても良さそう

アンチエイジングにいいハーブティー

青いお茶
このバタフライピー、タイでふつうに飲まれるハーブティーというだけあって、美容や健康に効果があるそうですよー。

アントシアニンという成分ご存知ですか?
ブルーベリーって言ったらピンとくるかもしれませんが、アンチエイジング(抗酸化作用)とか、眼精疲労に効くとか、美白効果(メラニン沈着効果)がある成分です。

そのアントシアニンがブルベリーの4倍くらいあるそうです。

超ブルーベリーなお茶ってことですね

タイだとふつうに健康茶って感じなのかな

沖縄のお土産にもあった

沖縄県南城市にある沖縄長生薬草社が、このバタフライピーを使った紅茶をお土産用に製品化していました!

花色そのままに 青い紅茶いかが バタフライピー加工
 【南城】南城市地域雇用創造協議会が開発し、同市の健康食品会社、沖縄長生薬草本社(下地清吉社長)が商品化した「バタフライピー紅茶」が、1日から那覇空港2階のエアーショップ琉球で発売された。鮮やかな…

空港や南城市の沖縄長生薬草本社で買えるみたいです。

これお土産にいいですねー!

ネットでも買えるそうですよー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

スポンサーリンク

関連記事