電子書籍オリジナル沖縄移住BOOKはこちら

沖縄で自動車を購入するポイントは?注意点はあるの?

沖縄で自動車を購入するポイントは?注意点はあるの?

わが家は沖縄に移住してから車を初めて購入したこともあって、

どんなクルマを選べばいいの?

どこで買えばいいのかな?

車種や購入するお店で悩んだものでした。

今回は、車を探してみてわかった購入のポイントをご紹介します。

こんなかた向けに書きました!

  • 沖縄に住んでいて車を買い換え予定のかた
  • 沖縄移住して車を買う予定のかた
  • 中古車を検討中のかた
  • はじめて車を買うかた

さっそく車を探すかたはこちら
ガリバーをみる

スポンサーリンク

沖縄で車を買うポイント

家からなるべく近いお店で購入する

車はなるべく家から近いお店で購入することをおすすめします。

というのも、車は購入したら終わりではありません。
車検や故障などは、購入したお店に相談にいくことが多いです。

その際に、購入したお店が遠い場合、毎回行くのはとても大変…。

ましてや、調子の悪い車で遠いお店まで向かうのは心配ですよね。

まずは車で15分圏内のお店をあたってみましょう

納車日をしっかり確認しよう

新車にも中古車にもいえることですが、車は購入した即日に乗って帰ることはできません

もし車を使用する日が決まっている場合は、「いつ納車されるか」は必ず確認しておきましょう!

中古車も検討してみる

沖縄に住んでから中古車のお店が多いことに驚きました。

でも住んでみて納得。

沖縄はクルマが痛むのが早い…

車のサビ

傷がつくとそこからすぐ錆びる…

塩害があるのでサビやすく、傷みやすいです。

新車は乗り心地もよく燃費がいいので魅力的ですが、その分、サビてしまったときの悲しさも倍…

自分には新車・中古車、どちらが合っているか検討してください。

お金を節約したいなら、軽自動車

車がきれいになった

お財布にやさしい軽自動車にしました

わたしたちの場合は、車体&税金が安い軽自動車にしました。(さらに中古車)

ふたり家族なので、とくに軽自動車でも困っていません

沖縄では1人1台は車社会のため、軽自動車が50%を占め、軽自動車の保有割合は全国1位だそうです。

軽自動車であれば維持費が安くなるので、4名以下で乗車する場合はおすすめです。

関連1年間のクルマの維持費をまとめてみた

保険料の一括見積もりは必須

クルマを購入すると、お店から自動車保険を勧められます。

でも、ちょっと待ってください!

わが家は車屋さんに勧められるがまま加入したところ、数年間、ムダな保険料を支払っていました…

同じ保証内容でも保険会社によって支払う金額は異なってくるので、加入前に一括見積もりをしておきましょう。

わが家は4万円安くなった!
一括見積もりをみる

詳しくは、「自動車保険料を下げるためにやったこと」にまとめたのでチェックしてみてください。

中古車を購入するポイント

ここからは中古車を購入するかた向けに、ポイントをまとめました。

01「修復歴なし」を選ぶ

修復歴とは、以前に交通事故などにより、車体の骨格部位を損傷し、「修正」または「交換」により修復したことをいいます。

修復歴がある車は、通常よりも安く売られているので魅力的…

ですが!

壊れやすい場合があるので、購入の際は注意しましょう。

どの部分が修復されていて、どのように直っているのか必ず確認してみてください。

心配な方は、「修復歴なし」を購入するのが一番です

「修復歴なし」の車を選ぶもう1つのメリットが、車を売りたいと思ったときに、高く買い取ってもらいやすいというのがあります。
ぜひ検討してみてください。

素人ではわからないのをいいことに、「修復歴なし」と嘘をつく販売店もあるようです。
信頼できるお店で購入するようにしましょう。

02カーナビ・ETC付きは考えずに車を選ぶ

沖縄の土地勘がない場合は、カーナビがあると安心ですよね。
またETC付きだと高速道路で便利です。

ただそうすると、カーナビ・ETC付きの中古車しか選択肢がなくなってしまいます。

中古車は希望の車種を探すだけでも苦労することがあるので、後からつけられるカーナビ・ETCは一旦頭からはずして車を探しましょう!

まずは候補を広げることが大切

わが家は実際、カーナビ・ETCなしを選び、自分たちで設置しました。

03アフターケア・保証を確認する

車は長く乗れば乗るほど、車体に影響が出てきます。

そんなときに、あると安心なのが「アフターケア」「保証」

この2つは、お店によって異なるので、

  • 保証期間
  • 保証内容

とくに確認しましょう。

エンジンは保証内容に入っていても、壊れやすいエアコンは保証に入っていないなどあるので、具体的に聞いてみてくださいね。

04整備工場が整っているといい

販売店だけでなく、整備工場が併設されているお店の方が、もし修理を依頼するときに安心です。

自分たちで直すことができるため、少しサービスしてくれる印象があります。

整備工場もついているか確認してみてください

05店頭に並んでいる期間を確認する

年式が新しくても、6ヶ月間ずっと店頭に置かれたままの車では燃費は通常よりも期待できません…。

最近まで乗っていた車の方が燃費がいいので、確認しましょう。

06試乗をさせてもらう

新車を購入する時と同じで、試乗はとても大切!

中古車も試乗させてもらいましょう。
デザインで選んでも、実際の乗り心地が気に入らないという場合もあります。

実際にわたしもハンドルが重すぎてやめたことがあります

07ガリバーで探すと見つかりやすい

中古車は近所のお店をまわっても希望の車種がない…ってことがよくあります。

そういうときは、「ガリバー」で探してみてください。

沖縄内の中古車だけでなく、全国の中古車を探せます。

県内だけで探すよりもグッと選択肢が広がるので、見ておいてソンはありません。

修復歴の有無も提示してくれているので安心ですよ

またわたしたちが車を探していたとき、ガリバーは1年間ガソリン代が135円/ℓ(当時平均が144円/ℓくらい)になるサービスを行っていました。

どのガソリンスタンドでも割引になり、値段を超えた分の金額はガリバーが負担してくれるそう!

わが家もガリバーで購入しようかとても悩みました(結局、探していた車種がなかったので買えませんでしたが…)。

車の購入を検討している方は、ガリバーからも探してみてくださいね。

※店舗や時期によっても割引サービスは異なるそうですので、事前にお店で確認してみてください

毎日、中古車500台が入荷
ガリバーをみる

沖縄移住して車を購入するポイント

ここからは沖縄移住してクルマを準備するかた向けに情報をまとめました。

01まずは1ヶ月間の長期レンタカーをする

沖縄移住すると、家具・家電の購入などで車が必要なシーンが多いです。

しかし、車を購入するには、車を検討する期間・納車されるまでの期間がかかってしまいます。

短くても2週間はみた方がいいです

そこでわたしたちの場合は、じっくり車を検討したかったので、1ヶ月間の長期レンタカーを利用しました。

カーナビ付きの軽自動車で、1ヶ月のレンタル代は3万円程度です。

詳しくは、「沖縄移住当初は、1ヶ月3万円の「長期レンタカー」がおすすめ」にまとめました。

この長期レンタカーは正解でした!
沖縄移住して2週間は、荷解き&生活に必要なものの購入に追われていて車を見に行く余裕がなかったので、長めに借りておいてよかったです。

02移住期間が3年未満は中古車がおすすめ

永住をする場合は、新車を購入しても問題ないですが、期間が決まっている場合やいつまでいるか未定のかたは、まずは中古車の購入でも良いかと思います。

わが家は仕事がまだどのようになるか、わからない状況だったため、ひとまず中古車を購入しました。

中古車にしたことで沖縄移住の初期費用も抑えられてよかったです

新車は一度乗ってしまうと査定価格が下がってしまうので、まずは中古車から検討してもいいかなと個人的に思います。

03沖縄ではサビ止めが必要

沖縄は、塩害があるのでサビ止めをしていないと錆びてしまいます。

サビ止めをすることをおすすめします。費用は、5,000円程度です。

「本土ではサビ止めしている車は、事故車扱いになる」なんてことを聞いたことがありますが、詳しいことはよくわからず…。

本土に車を持って行く可能性がある場合は、確認しておきましょう。

わが家はこんな車を買いました

沖縄の車はどのくらい塩害があるの?

最後にわが家が購入したクルマを参考までに掲載しておきますね。

車種:ekワゴン(軽自動車)
年式:21年式(5年前の型)
走行距離:5万5,000キロ
修復歴:なし
キーレス:あり
カーナビ:なし
車体料金:63万円(2年車検付き)
保証:+2万で2年保証付き

現在5年乗りつづけても、特に大きな故障もなく頑張ってくれています。

車体自体は10年目に突入しました

これから車を購入する予定のかたも、長い付き合いができるクルマが見つかるように願っております!

中古車を探す
ガリバーをみる