ビックリするほどおしゃれなオフィス!沖縄のデザイナー集団「株式会社モノクラム」に潜入してきました

モノグラムのオフィス見学へ行ってきました

沖縄のクリエイティブ制作会社「株式会社モノクラム」さんより、『リニューアルしたオフィスへ遊びにきませんか?』とお誘いいただいたので、行ってきました!

もうね、オフィスがお洒落すぎて、

ドラマに出てくるおしゃオフィスですか?

って感じでしたよ!

現在、デザイナーで会社を探されているかたはもちろん、デザイナーにこれからなりたいかたも、必見の会社でございます。

スポンサーリンク

モノクラムはどんな会社なの?

株式会社モノクラム

モノクラムは、インフィード広告を得意とするクリエイティブ制作会社です。

インフィード広告とは、FacebookやTwitterで見かけるようなコンテンツとコンテンツの間に表示される広告のこと。

取引先を聞いてみたところ、ナショナルクライアントの大手さんばかりでびっくり!
SNS上でみかける広告、もしかしたら、このモノクラムさんが作っている可能性大なのです。

沖縄の会社で、そんな大手さんばかりと取引があるってすごいですね!

ありがとうございます。
モノクラムの代表取締役をさせてもらっています、洲鎌(スガマ)です

スガマさん、今日はよろしくお願いしますー

よろしくお願いします。
当社はサイバーエージェントグループなんです

サイバーエージェントって、アメーバブログとか、AbemaTVで知られるあのサイバーエージェントですか?

はい。サイバーエージェントが手掛けるWeb広告のクリエイティブ制作などを担っています

なんとモノクラムさん、サイバーエージェントのグループ会社だったのです。

サイバーエージェントの制作部門として切り出している会社になるため、デザイナーさんがメインで在籍している会社になっています。その数、なんと100名以上

ちなみに現在の従業員数は110名くらいなので、社員の9割がデザイナーさん。いかに多いかわかりますよね。

こんなクリエイティブ集団が沖縄にあったなんて!

そんなデザイナーだらけのモノクラムさんが、2017年7月にリニューアルしたばかりのオフィス!

いよいよ、潜入していきます!

デザイナーのために、こだわりにこだわった新オフィスへ潜入!

モノクラムの外観
オフィスは、「おもろまち」にあります。
新都心と呼ばれるエリアで、サンエーメインプレイスから近く、きれいな公園や、美術館、博物館もあり、仕事の後に買い物や食事を楽しむこともできる人気エリアです。

ちなみに会社から1.5km圏内に住んだ場合、住ムーズ手当という家賃補助(2万円)が支給される福利厚生がありますよー

さっそく素敵な情報が! おもろまち住まいで家賃補助付き、うらやましい…

では、中に入ってみましょうー!

デザイナーが集中できる「執務エリア」

モノクラムの執務エリア
最初に案内していただいたのは、普段、デザイナーのみなさんが制作作業に勤しむ執務エリアです。広いですねー。
執務エリアは2フロアあり、どちらも同じ作りになっています。

オフィスの紹介をスガマさんにお願いしてみたところ、「デザイナーが業務に集中できる環境」を実現するのに惜しみなくこだわったそうです。

例えば・・・

ハーマンミラーのチェア
椅子がハーマンミラーのセイルチェア!!
長時間制作に集中しても疲れないように、とても機能性が高い椅子を採用しています。

わぁー欲しい!
いいなぁハーマンミラー。わが家、ケチって安いイスを買ったら腰を痛めたので・・・

制作をする人には、椅子ってやっぱり大事ですよね!
どの椅子がいいのか、東京のショールームまで行って、何個も試して買ってきました

ちなみに、これも座っていいんですか?

バランスボール

はい、バランスボールも使いたい人は使ってもらっています

ほかにもこだわったポイントはありますか?

雑誌を広げても邪魔にならないデスク

デスクの幅にもこだわりました。
デザイナーさんは、雑誌など資料を参考にしたり、スケッチしながら作業することが多いので、デスクはかなり幅広になっています。
ペンタブを使う人も多いので、奥行きも十分に取っていますよ

デスクの幅

・・・たしかに広々。幅も両腕より広〜い

喋りやすいデスク

あと、隣の人に相談しやすいように、デスクの間の足も邪魔にならないようになっています。
よくテーブルの足に、椅子の足がひっかかったりするじゃないですか

がつーんってなるやつですよね。
これならスムーズに移動しやすいですね

椅子のコロコロ

イスのコロコロ部分も、移動する音が小さくなるように付け替えてたりするんですよ

そんな細かい配慮まで!

通路も広くとる

ほかにも通路の幅を広めにとっています。
デザイナーって作り途中の作品を見られたくなかったりするので。
背後の距離をなるべく離すことで、自分の業務にじっくり集中できる環境にしています

わかります。俺も途中のみられるの嫌だ

照明が調整できる

あと、列ごとに照明の明るさを調整できるようになっています。ちょっと暗いほうが集中できるって声もあって

へぇー、照明の明るさで集中力がかわってくるんですね

新都心公園
それにしても、オフィスからの眺めがさわやか!
モノクラムは新都心公園が目の前にあり、緑をみながら仕事ができるようになっています。

眺めの良さはとくに計画していなかったので、棚ボタです(笑)
でもいいですね。すぐ近くに建物もないので、開放感があります

パソコンが選べる
パソコンは希望者には、デュアルモニターを支給しているそうです。

パソコンも画面が大きいものを推奨しているようで、Macの大画面パソコンを使っている方が多かったです。(希望者にはWindowsを支給)

また、執務エリアには電話がないので、作業中に集中を妨げるコール音もありません。みなさんチャットでのやりとりがメインとのこと。

外部からの電話がないの、いい! 電話対応とかほんと苦手

私のような電話嫌いのかたでも安心です。
社内はほんとに静かで、作業に集中しやすい環境でした。

フリードリンク
オフィスの隅っこには、自販機を発見!

ドリンクが無料で飲める
15種類くらいのドリンクを無料で自由に飲めるようになっています。

ウォーターサーバー
ウォーターサーバーもありました。

うちの会社は女性が7割なので、タンクを変えやすいように、小さめにしているんですー

そこにも配慮が!・・・というか、女性が7割もいるんですね!

特に意識していなかったんですが、気がついたらそうなってました。女性からの応募も多いんです

ちなみに平均年齢は26歳だそうです。若いっ!
社内からは、上下関係がなく、フラットな雰囲気が漂っていました。みなさん、仲がよさそうでしたよー。

テレビ電話もできる「会議室」

会議室
執務エリアの次に案内してくださったのは、会議室です。

東京オフィスとテレビ電話
会議室からすぐに全国各地へテレビ電話ができるように、タブレットまで!

壁を動かす
さらに壁を動かすと・・・

広い会議室に
広い会議室に変身!
なるほどー、よく考えられています。

ホワイトボード
壁の一部は、ホワイトボードに。

似顔絵
せっかくですからね。訪れた記念に、私たちの似顔絵を・・・。

この部屋以外にも会議室が3つあり、部屋ごとに雰囲気が違いました。どの会議室もおしゃれな壁紙やインテリアが印象的。

会議中

会議室

本当、ドラマの世界に出てきそうだな。

スタンディングテーブル
会議つながりで、こちらはスタンディングテーブル。

パソコン作業を立って行う
立ったまま数人と話し合うこともできますし、座り仕事が疲れたかたは、ここで立ちながら作業することもできるようです。
気楽に立ち話をする場としてもいいですね!

リラクゼーションエリア

続いて案内してくださったのが、リラクゼーションエリアです。
ここが素晴らしかった。

リラクゼーションルーム

こ、このおしゃれな空間は!?

本当にオシャレ!

先ほどの執務エリアは「集中」できる空間を意識して作りました。
一方、こちらは「リラックス」してもらえるような場所を意識して作りました

モデルルームみたいだ・・・!

リラックスルーム

夜のリラクゼーションスペース

夜になると、これまたいい雰囲気!

本棚に置く本はまだ収集中なんですが、インプットを大切にしているので、置くものにもこだわっています

草間さんの本

あ、草間彌生!

本棚の本

インスピレーションを刺激できるようにと、装飾や装幀の面白いモノも集めてます。
本だけでなく、映画からも刺激や学びがあるので、福利厚生で映画鑑賞手当(月に一回映画観賞用に支給)もつけています

あらー、これまた素敵な制度〜

オープニングパーティー

これはオフィスをリニューアルしたときの社内パーティーです。
このリラクゼーションエリアで開催しました

うわーなんていい感じのパーティーなんだ!和気あいあい

大型のスクリーン

スクリーンも設置しているので、ゆくゆくは外部の方を招いてデザインセミナーとかも開催していきたいですね

デザインセミナーいいですね〜
(・・・スクリーンが身長の2倍はありそう)

リラクゼーションルーム

手前はソファで本を読んだりくつろいで、奥はランチを食べれるようにテーブル席にしています

ソファの座り心地もいいですねー

ソファでピノ子くつろぐ

こらこら、自分のうちのようにくつろぎすぎ

へへっ。ついつい

窓からの眺め

リラクゼーションエリアもやはり眺めがいいなぁ

海がみえる

あっ、海もみえる!

くぅー海まで見えるとは!

撮影スタジオ室

撮影スタジオ
続いてはリラクゼーションエリアの隣の部屋、撮影スタジオ。

ここで商材の撮影を行い、広告の素材として使っているようです。

ブツ撮りなども、必要ならば自分たちで作っています

オォー!すごい

カフェテリアスペース

カフェテリアスペース
最後は、カフェテリア。リラクゼーションエリアの横に併設されています。

コーヒーメーカー
ここでコーヒーやエスプレッソなどを淹れて、自由に飲むことができます。

コーヒー豆

コーヒー豆もどんどん増やしていく予定です!

コカコーラ
なんとこちらのドリンクも無料!

瓶のドリンクにしているところも、こだわりを感じますねー

見た目にこだわりました(笑)よかったら、1本ずつどうぞ

ドリンクをいただく

わーい、いただきます。
ビンから飲むと、仕事後のごほうび感がでますね

仕事後のお疲れコーラが定番になりそうだな

以上、モノクラムさんのオフィス見学でしたー。

スガマさん、ありがとうございました!

どこも魅力的で、これは「働きたい!」って思うかたが多そうですね!

そうなるといいですね!
これから広報活動も積極的に行なっていきたいです

モノクラムでは、働く仲間を募集中です!

ビックリするくらいオシャレな会社「モノクラム」では、一緒に働く仲間を募集しています。

モノクラムさんからお話を聞いた採用情報をまとめてみました。
下記にピンっときたかたは、ぜひ応募してみてくださいね。

  • 未経験からもデザイナーにチャレンジできる
    Illustrator・Photoshopを使えることが望ましいが、未経験からの応募も可です
  • 人柄を重視した採用
    長く活躍して欲しいです。会社の風土に合うかどうかを重視して採用を行なっています
  • 書類選考なし。遠方の場合はテレビ電話での面接も
    渋谷オフィス(テレビ電話)または自宅(スカイプ)での面接もOK
  • 県外の仕事をしたいかたはぜひ!
    沖縄にいながら東京などの大手クライアントと仕事したいかたを求めています

デザイナーファースト“という理念を基に、沖縄で1番デザイナーが成長できる会社にしたい。
そういう思いをもって、モノクラムを作りました。自分の技術を磨き、個人個人が、デザイナー業務にじっくり集中して取り組み、長く活躍できるよう、より良い環境を整えていこうと考えています

より詳しい採用情報は、リクルートページよりご確認ください!
(デザイナー職以外の募集も行なっています)

モノクラムの受付

右上:採用担当の宮國(みやくに)さん、右下:代表取締役の洲鎌(すがま)さん

みなさんからのご応募、お待ちしておりますー!

モノクラムの採用ページはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 304本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?