CHECK沖縄移住の電子書籍ができました!

ちゅらとくで行く!北谷(美浜アメリカンビレッジ)は子ども連れでも楽しい場所だった

ちゅらとくで行く北谷一泊お出かけ

沖縄県民のおでかけを応援するサイト「ちゅらとく」さんにご招待いただき、わが子(1歳4ヶ月)を連れ、ファミリーで北谷町(ちゃたん)に1泊してきました。

「ちゅらとく」ってなに?
沖縄に住んでいる人だけが使えるおでかけ予約サイトです。
なんと県民の7人に1人が登録しているんですって!ホテル・食事・レジャーを特別価格で楽しめるお得なサービスで、わが家も普段から活用しています。
ちゅらとくをみる

最初、声をかけていただいたとき、

・・・子どもと北谷?

遊ぶところあるかな?

と思ったのが正直な話…。

だって北谷って、カップルとか友だちとかと、行くようなイメージじゃないですか?

でも意外や意外!
北谷町は子ども連れでいっても楽しめるスポットでした!

子ども連れの穴場だ

外国っぽくて意外とよい

「子どもが生まれたし、遠出はしばらくムリかなぁー」と思っている人、けっこういるかと思います。でも子育てを頑張っているときだからこそ、たまにはお出かけリフレッシュしたいですよね。(わが家はそう。)

そういうときに、県内で1泊、旅行気分でお出かけはアリ
あり寄りのあり超えのアリアリです!

沖縄県で子育てに奮闘しているお父さん・お母さんに楽しめるスポットとして、今回は北谷町をご紹介します。

スポンサーリンク

意外!北谷町は子ども連れでも楽しめるスポットだった

北谷へ到着

と、いうわけで、到着!!
わが家のある名護から車で1時間、北谷町にやってきました!

まめ太(1歳)はじめてのアメリカンビレッジ

あうー(北谷が待っている)

息子、北谷に初上陸です。

今回は「ちゅらとく」さんにアテンドしてもらい、『子ども連れで楽しむ北谷町』のおすすめスポットを巡っていきますよー。

①温泉・プール+ホテルランチの合わせワザ

さぁファミリー北谷のプラン、まず紹介するのは「温泉・プール&ホテルランチ」でございますよ!

せっかく北谷に来たのに、温泉!?

いや待って、でも温泉・・・

・・・アリだ

・・・アリですね

※まだ小さい子のいる親御さんは、ほとんどの場合、24時間365日通して「ほっ」と一息つく時間を、わが子に献上しておりますので、元気な笑顔の裏側で、温泉で1秒でも早く癒されたいとも思っている場合が多いです。(わが家はそう。)

まずは温泉&プールを楽しむ

最初にやってきたのは、ザ・ビーチタワー沖縄が運営している温浴施設「テルメヴィラ ちゅらーゆ」

プールで楽しんでいる子どもたち

ここは1年を通して、屋外プールが楽しめるスポットです。

その理由は・・・

温水プール!☆

天然温泉をプールにしているのでずっとつかっていたくなるほど、温かいんです。これなら子どもも安心。

まだ3月上旬で海開きもしていない沖縄でもご覧の通り。子どもたちが寒がらず遊んでいました!

子どもがプールを怖がる

うちの子はというと…怖がって入りたがらず!泣

ヒィー!(水が怖いー!泣)

プールのところからちゃぷちゃぷするのが楽しいらしい。控えめー。

なんでよ!泣

そこで、作戦変更。

ちゅらーゆ

露天風呂(源泉掛け流しの天然温泉)

次は温泉へ。
ちゅらーゆはプールだけでないのです!

ここは温泉・プールが併設されている施設なのです。

息子も温泉は気に入ったようで露天風呂・大浴場でちゃぷちゃぷ楽しんでくれました。よかった。
考えてみたら、まめ太にとってこれが初めての温泉だ!

ちなみにちゅらーゆのプールと温泉は、施設がつながっているので…、

ちょっと温泉で1人のんびりしたいから子どもとプールで遊んでて

あいよー、まめたさん遊ぼうぜー

あいー

夫に子どもを任せて、たまには温泉でまったり・・・(ほっ)、なーーーーんてことができるのも魅力です!良いね良いね、これ良いね!
まぁ今回は、まめたがプール嫌がったからダメだったけどね!涙

ポイント①:夏場はプールが他にもある

3月下旬からは冬季期間中お休みしていた「多目的プール」・「浅瀬プール(子ども用)」が開きます。さらに楽しめますよ!

ポイント②:パパママで連携すると効率的

子ども連れ温泉はハードルが高いという人は、お父さんにプールを任せてお母さんは先に温泉に。バトンタッチして子どもと休憩室へ行き、次はお父さんが温泉など、作戦を立てておくといいかも。

ホテルでランチバイキング

ザ・ビーチタワーホテル

ザ・ビーチタワーホテルを遠くから撮影した写真(ちゅらーゆからは徒歩30秒)

プールと温泉でお腹が空いたところで、すぐ隣のホテル「ザ・ビーチタワー沖縄」へ移動。

ランチタイムでーす。

実はちゅらとくでは、先ほどの「ちゅらーゆ」と「ザ・ビーチタワー沖縄のランチ」が、セットになったプランを提供しています。

「プール×温泉×ランチバイキング」

泳いで、癒されて、おいしい

最高の並びですね

ビックリするのが、このプラン、それでいて値段が2,000円台なんですよ!

ホテルランチの価格で温泉・プールも付いちゃうようなプランになっています。ちゅらとくのスゴさを感じる。

ザ・ビーチタワーのランチバイキング

POPな内装が特長のレストラン「チュラティーダ」

子どもがいると外食さえもハードルが上がりますが、ザ・ビーチタワー沖縄はそのあたりをちゃんと抑えていてくれました!

ザ・ビーチタワー沖縄のランチ

  • キッズバイキングで子どももモリモリ食べてくれる
  • 粉ミルク(1本)をもらえる
  • おかゆもある
  • バルーンの装飾に子どもたちが釘付け。絵本コーナーもある!
  • 授乳室が広々キレイ
  • なにより大人もいろんな種類を食べれてうれしい!
ザ・ビーチタワーのキッズバイキング

子どもたちが自分で料理を選べる高さになっている

みんな大好き、ハンバーグ・カレーもあって、子どもたちも楽しめるようになっていました。

キッズメニューのハンバーグ

さっそくまめ太用に取ってきたのがこちら。

まめ太バイキングに興奮

一瞬で消えゆくハンバーグ。

まいうー

子どもが食事に夢中になってくれるので、その隙に、大人も食べたいものを取ってきました。

ザ・ビーチタワーのランチは大人もたのしい

レストラン「チュラティーダ」は、和洋食がメインどころ。
ザ・沖縄料理!というメニューではないので、県内に住んでいるかたが行っても楽しめるお店ですよ。

お寿司や日本風のサクサク天ぷらもあって充実したラインナップになっていました!

しゃぶしゃぶ

おすすめその1。栗豚のしゃぶしゃぶ

ローストビーフ

おすすめその2。シェフが目の前で焼いてくれたローストビーフ

バイキングのデザート

デザートとブルーシールアイスも食べ放題

デザートもどれもおいしそうで悩んじゃった

お腹もいっぱいになって大満足!

オムツとミルク

ミルク12種類・オムツ6種類から選べる

粉ミルク・オムツの用意もあるので、必要なときは受付で伝えましょう。

授乳室

ちなみに授乳室はレストランを出たすぐ横のトイレ内にありました。

おぁ広々〜

これだけ設備・サービスが充実していたら、1歳未満の子どもでも連れていきやすいですね。うれしい。

(おまけ)お猿さん・カメさん鑑賞

リスザル・リクガメを鑑賞できる

ランチバイキング会場の手前には動物コーナーがあります。食後はそこで動物さんを見学。

リスザルを発見

あうー!うぐー!
(見てー!見てー!サルー!サルいるー!サルー!見てー!)

必死に指をさして、リスザルのいるところを教えてくれていました。

バイキング中に子どもが飽きてしまったときはここに一度連れてくるのもいいかもしれないですね。

今回利用したちゅらとくプラン

今回はちゅらとくの「日帰りセットプラン!天然温泉&ランチバイキング」を活用しました。
温泉・プール、ランチバイキングがついて2,000円台という破格のプランです。
温泉・ランチ付き♪
ちゅらとくでプランをみる

②全ママ・パパが感激する「ベッセルホテルカンパーナ沖縄」に宿泊

お腹が満たされ、まめ太はそろそろお昼寝の時間。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄

少し移動して、今晩1泊お世話になる「ベッセルホテルカンパーナ沖縄」へチェックインをしに来ました。

アメリカンビレッジ

真ん中に立っているのがベッセルホテルカンパーナ沖縄

夜のライトアップ

ベッセルホテル周辺の夜のライトアップの様子

アメリカンビレッジのデポアイランド内に立地している、いわばアメリカンビレッジ一体型のホテル
街の様子とか夜のライトアップとかを見ていると、なんだかディズニーリゾートでいう、ミラコスタに来たような気分になります。

ベッセルホテルカンパーナ沖縄は、これから沖縄旅行を予約するお父さん・お母さんにもぜひおすすめしたいです。

子ども連れにうれしいサービス

  • 子どもグッズがレンタルできる
    ベビーカー・おもちゃ・おまる・パジャマ(110サイズ)・オムツのゴミ箱・体温計など
  • 離乳食・オムツ・お尻ふきが無料でもらえる(荷物が少なくて済む!)
  • 18歳以下まで添い寝OK!
  • 大浴場・プール付き
  • 広々したファミリールームあり
子供グッズ

哺乳瓶の洗浄機、子供用トイレ便座、砂場遊びグッズ、お絵描きグッズ。他にも、オセロ、子供用の体温計などもあった!

パジャマ・オムツがレンタルできる

オムツ・子ども用の歯ブラシ・お尻ふきももらえた

まずなにより、ファミリーで嬉しいのが、この子どもグッズの充実具合!

部屋を予約する際に事前にお願いしておくと、子どものお世話に必要なアイテムをこれだけレンタルできるのです。

オムツだって無制限。
(1度に5枚ずつもらえます)

オムツが一番かさばるからありがたすぎる!

アメリカンビレッジ内を回れるように、ベビーカーだって借りられますよ(台数に限りあり)。

子どもとお揃いのパジャマ

まめ太が着たら超絶かわいかったパジャマもレンタルできる

ベッセルホテルのファミリールーム

今回わたしたちが宿泊したのは、45平米のファミリールーム
最大5名まで泊まれる広々としたお部屋になっています。

セミダブルだから子どもとの添い寝も広々〜!

18歳以下まで添い寝無料なんて聞いたことない!

セミダブルを2つくっつけて家族3人で寝ましたが余裕でした。

ポイント:床がカーペットなのが最高

客室の床が寝転がれるようなカーペット仕様で最高でした。転んで痛くないのはもちろん、ホテルのグラスを落としちゃっても割れないこの安心感よ!カーペットはベッセルホテル会長の意向なんですって。ナイス会長!

ベッセルホテルの洗面台

洗面台はなんと2台。
トイレ・お風呂だって別々です。

ベッセルホテルの眺めが最高!

わたしたちが気に入ったのはこの部屋からの景観!
アメリカンビレッジを眺めながら泊まれるのです。

夜になると・・・

ベッセルホテルの夜景

観覧車もライトアップされて華やかに!

これは沖縄北部では見られない景色だ…

ちなみに、オーシャンビューの部屋も特別に見させてもらいました。

オーシャンビューの部屋

オーシャンビューの部屋もいい

うわお、海がすごーい!
部屋のサイズはコンパクトになってしまうものの、こちらの部屋も捨てがたい絶景ですな…!

予約するときは、

  • 夜景を楽しむ(ファミリールーム)
  • 海・サンセットを楽しむ(オーシャンビュールーム)

で選ぶといいそうですよ。

ベッセルホテル大浴場

ベッセルホテル大浴場 明るい時間

ベッセルホテルカンパーナ沖縄には展望風呂もあります。
気持ちのいい景色を見ながら、日頃の子育ての疲れを癒すことができますよ。

ベッセルホテル大浴場

ベッセルホテル大浴場 朝夕の時間帯も良さそう・・・

お風呂ざんまい〜♪

超癒される・・・。
展望だから、朝風呂も良いなぁ

ベッセルホテルの朝食会場

こちらのホテル、朝食バイキングもとても素敵なんですよ〜。

健康になれそうなメニューがいっぱい!

沖縄のやちむんに盛っていて、雰囲気もとてもいいね

バイキングのサラダ

ベッセルの洋食バイキング

とんかつ・メンチカツ

海鮮丼

マグロの刺身を載せたおきなわ丼

トルティーヤ

トルティーヤ

あまおうアイス

あまおうアイス

朝食バイキングだっていうのに、このバリエーションの多さ!
どれもおいしくて朝からたっぷりいただいちゃいました。

離乳食は無料でもらえる

そしてバイキングに離乳食もあるっていう素晴らしさ。頼むと温めてくれますよ〜。

離乳食を食べるまめ太

あむあむー(おかわりー)

いっぱい食べてください。まめ太さん

バイキングだから強気!笑

利用したちゅらとくプラン

ベッセルホテルカンパーナ沖縄」もちゅらとくを経由して予約するとおトクになります。
子どもグッズの貸し出しが充実しており、荷物が少なく済んで助かりました!
18歳以下は添い寝無料♪
プランをみる
※詳細はログイン後、閲覧できます

③「アメリカンビレッジ」で買い物しながら家族写真も

うっかり翌日の朝ごはんまで紹介して時系列が前後してしまったけれど、お昼寝のあとはアメリカンビレッジを散策して歩きました。

アメリカンビレッジ

お買い物のスポットもたくさんあるので、ショッピングを楽しめますよー。しかも、ここ数年でお店の数もどんどん増えてるような

海沿いにオシャレなカフェがたくさん!

ここ5年くらいで街がさらに進化してるよね!?

でもアメリカンビレッジっていうと、観覧車が象徴ですよね〜。
せっかく来たから乗ってみようと思ったのですが、今の時期は、ちょうどメンテナンスでお休みでした…。あら残念。

アメリカンビレッジの写真スポット

いまでもクリスマス気分を味わえるスポット

わが家は記念にあちこち家族写真を撮影していました。
アメリカンビレッジ内には写真スポットが多いので、テーマパークにいるような気分で写真撮影を楽しめますよー。

消防車写真

かっこいい消防車の壁画は、子どもと一緒にぜひ撮りたい!

エンジェルの羽

エンジェルの羽は、見つけるのがむずかしい。
見つけられるかな?

ちなみにアメリカンビレッジ内には、徒歩圏内にイオンがあるので、もし子どものグッズで足りないものがあっても買い足せます。

子連れ旅行では「足りなかったら買い足せる」ってだけで精神的にだいぶラクですよね

北谷はもちろんビーチもあります。

ザ・ビーチタワーホテル

アメリカンビレッジすぐのサンセットビーチ

サンセットビーチ」ですね。
今回は天気が良くなくて、ビーチで過ごす時間はあまりなかったのですが、天気が良ければ子どもとビーチで遊ぶのもいいですね。

砂場グッズをレンタル

先ほどのベッセルホテルカンパーナ沖縄で、砂遊びグッズを借りられるので、持ち出して楽しめますよ。

これ、いっしょにやりたかったねー

あうー(ざんねん)

④たまにはロマンチックに。「ダブルツリーbyヒルトン」で星空観賞

1日目の最後にやってきたのは、ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾートのルーフトップバー

ヒルトンのルーフトップBAR

海は目の前!
BARカウンターもあって雰囲気はバツグンです。

今回やってきた目的はカクテルを飲みながら星空を鑑賞するため…だったのですが、まさかの曇天からの小雨…

星空案内人

星空が見える兆しがない場合も、星空についての楽しい雑学をわかりやすく教えてくれます。

説明をしてくれるのは「星のソムリエ®」さん。
なんと星空を案内する資格を持っている人で、名前の通り、まるでワインを楽しむように星空のアレコレを教えてくれます!

その知識の豊富さと、解説の楽しさにはびっくり!

ヤバイ!
星の雑学、めっちゃおもろい!

「オナラ成分の惑星がある」など、おもしろ星情報から、ロマンチックな星座の雑学など、星に詳しくなくてもたっぷり楽しめますよ。

星にちなんだカクテル

「イエロームーン」と「アンドロメダ」カクテル

星にちなんだカクテルもひとり2杯分プランに含まれています。
(ビールなどカクテル以外もありますよ。もちろん軽食も楽しめます。)

この光るカクテルがね〜、なかなか雰囲気が出ていいんですよ、また。
ルーフトップバーの内装が素敵なのもあいまって、なんとも大人なゆったりムード。

気分上々ですわい

こりゃたしかに贅沢な時間だわ。

星空鑑賞ツアー

・・・と、ここまではよかったのですが、日が沈み、夜になるにつれてまめ太がぐずってきました。

うわーん(眠い)

1歳のわが子には、まだ早過ぎたかな。
というわけで、ここは早めに退散。

ベッセルホテルが18歳まで添い寝無料だし、ここには、わが子がもうちょっと大人になって星空に興味を持つようになった頃に、ゆったりしに行きたいです。

天気がよければ望遠鏡で鑑賞できます

解説してくれた星ソムリエのお兄さん2人。天気がよければ、こちらのプロ仕様の天体望遠鏡で実際に星を鑑賞できます

利用したちゅらとくプラン

今回はちゅらとくの「星のソムリエ®が案内する贅沢な3時間」を活用しました。
星座にちなんだカクテルを飲みながら、星空案内人が解説してくれますよ。
星空カクテル付き♪
プランをみる
※詳細はログイン後、閲覧できます

子ども連れで夕飯のお店を探す場合

さて、星空鑑賞を早めに切り上げてしまったので、わたしたちは夕飯がまだ。

よし、飲みにいくか!

いやいやー、まめ太寝ちゃったよ

子どもが寝ているのに食べには行けないし…。こんなことならもっと事前にお店をチェックしておくんだった!

というわけで、ちゅらとくの担当のかたにおすすめのグルメショップを聞きました。

関連デポアイランドのグルメスポット一覧

うちはピザにしよー!

ピザを食べながら夜景、いいじゃない

本格ピッツェリアでピザをテイクアウトして、ホテルの部屋から夜景を見ながら食べました。

ちなみに、アメリカンビレッジにはいい雰囲気の居酒屋・BARもアチコチあるので、子どもが寝たあとに1時間交代とかで互いにひとり飲みしても楽しそう!(あらこや、行きたかった)

ポイント:2食付きのホテルもあります

「夕飯のお店を探すのは大変すぎる…」というかたは、朝夕2食付きプランでホテルを取ってしまうのも手です。

⑤北谷の街で、オシャレなコーヒーブレイク

最後はベッセルホテルの下にある、「VONGO & ANCHOR(ボンゴ&アンカー)」で、帰る前にちょっとだけコーヒーブレイクを。

ボンゴ&アンカー

ボンゴ&アンカーの内装

ソファ席もある

ポートランドから持ってきたテーブルやイス、ラックがある空間で、とってもいい雰囲気のカフェです。

まるで外国にトリップしたみたい

北谷だと外国の人もたくさんいるから、本当、そんな感じだね

私たちがコーヒーブレイクをしているとなりで、英語のママ友会がおこなわれていたので、余計に外国っぽかった。

ボンゴ&アンカーでコーヒー

キャラメルラテとフレンチプレスで淹れたコーヒー

VONGO & ANCHORはその日の気分に合わせてコーヒーの淹れ方を選べるのも魅力。

エスプレッソ、カフェラテ、カフェモカ、アメリカーノ、フレンチプレスに、コールドブリュー(水出し)も。

こんなに淹れ方の選択肢が多いカフェってなかなかないよね。
コーヒー好きとしてはたまらん

子どもが寝てくれた

ちなみにまめ太は午前寝。
おいしいコーヒーを飲みながら、大人だけで、ゆったりとした時間を過ごすことができたのでした。

以上、北谷1泊2日のお出かけ旅でした〜。

1泊とは思えない充実っぷりだったね!

子どもも大人も、しっかり楽しめたのがよかった!

あきゃー(またおサルさんに会いたーい!)

みなさんもぜひ北谷ワンデートリップしてみてくださいね〜!

沖縄県民は「ちゅらとく」でお出かけが楽しくなる

沖縄のお出かけが楽しくなるちゅらとく

沖縄県内のお出かけに、ぜひ使ってほしい「ちゅらとく」。

県民だとおトクになるとっても素敵な会員サービスで、ちゅらとく会員に登録するだけで県内のレジャーやホテル泊、ランチなどがリーズナブルに楽しめるようになります!

会員数はなんと20万人超え
沖縄県民が140万人だとして、7人に1人が活用している人気サービスでもあります。

子どもが生まれて「お出かけ、ちょっとハードル上がったなぁ」というかたも、ちゅらとくのプランを活用して、おトクに楽しくお出かけしてみてくださいね〜!

これでもうしばらく子育て頑張れそう〜

リフレッシュしながら、子育て楽しんでいきましょ〜!

ちゅらとく限定おでかけプランをCheck
ちゅらとくをみる

写真・情報提供:ちゅらとく

シェアする
閉じる