車の塩害はどのくらいあるの?沖縄で2年間使用した自家用車のサビを調べてみた(サビ取りの仕方)

スポンサーリンク

「沖縄に住んだら、どのくらい塩害があるのだろう?」

そう気になっている方も多いはず。
私自身、海がない県で生まれ育ったため、沖縄移住前は、塩害が未知数すぎてとても気になっていました。

沖縄に住んで2年以上経った今、マイカーにどのくらいサビがあるのか、調べてみることに。

車の塩害(サビ)はどのくらいあるの?

沖縄の車はどのくらい塩害があるの?
はい、というわけで、こんにちは。ピノ子です。
隣にいるのは、我が家の愛車、EKワゴンくん。

EKワゴンの使用状況はこんな感じになっています。

車の使用状況

  • 21年式(7年前の中古車)
  • 我が家の使用年数 2年半
  • 車が沖縄にいる期間 2年半
  • 購入時に塩害対策をしてもらう(その後何もしていない)
  • 比較的海が近い場所で暮らす
  • 屋外の駐車場にとめている
  • 台風後の洗車をしないこともしばしば
  • そもそも洗車をめったにしない(3、4ヶ月に1回くらい)
  • 洗車はしても水で洗うだけ(コーティングは行わない)

塩害を気にしていた割に、扱いがですね。
もともと本土で乗られていた中古車でしたが、私たちと同じ2年半前に沖縄入りしたそう。購入時は特にサビはなく、きれいな状態でした。そして購入時に塩害処理をしてもらったきり、特に何もしていません

洗車を忘れてしまうことも多く、窓が汚れてきたらワイパーの水で掃除して満足。
未だに活躍の出番がないスタッドレスタイヤを履いていたりと、とにかく放任主義で2年半を過ごしてきました。

それでは、あまり対策してこなかった車にどのくらいサビがあるのか、確認してみましょう!

サビの状況

さっそくサビを発見。

車のサビ
後輪近くのボディに細かなサビがいくつもあります。

車のサビがある
ドアのフチにもサビが・・・。

沖縄の塩害
ほかの扉にも。4ドアすべてサビてきてしまっています。

塩害の様子
うわ、こんな隙間も錆びるの?

小石があたると錆びる
横側のボディにも。

どうやら傷があると、そこから錆びていってしまうようです。
ボディに小石がコツンと当たろうものなら、サビフラグが立ちます。

本土から来たばかりの頃はサビがなかったことを考えると、沖縄の塩害は確かにあるってことですね。
友達は「ボンネットが錆びて穴が空いたことがある」と言っていたので、そうなる前に、少しでも車を労わることにしました。

車をきれいに掃除してみる

今回は、車をねぎらうためにも、洗車だけでなく、サビ取り・コーティングにも挑戦してみます。
さぁさぁ、車さんよ、日頃の疲れ(汚れ)を癒したまえ〜!

洗車

車を洗車
まずは洗車から。機械で水洗いします。

車の水分をふき取る
洗車後は、水分をふきふき。

サビ取り

続いて、サビ取りです。

車のサビ取り
ダイソーでサビと水あかを落とせるクリームを買ってきました。

ワックスをつける
乾いた布にクリームつけ、

ワックスでサビをこする
軽くこすってみると・・・

サビ取り後
おっ、サビが落ちた!!!

強くこすることなく、優しくなでる程度で茶色いサビがなくなりました。これはすごい!
さすがに傷までは消えませんが、サビがなくなるだけでもだいぶ見た目が良くなります。

車のサビ取り比較
サビ取り前後を比較してみても、一目瞭然。

こんな簡単にサビを落とせるなら、塩害も怖くないかも。いやー、素晴らしい。ガハハ

コーティング(仕上げ)

最後は、仕上げです。
サビはこすって落としただけではまた錆びてきてしまうので、少しでも再発を抑えるため、コーティングをしていきます。

ゼロウォーター
私たちがコーティング用に買ったのは、ゼロウォーター
スプレーしてふき取るだけで、ムラなくコーティングできるそう。

ゼロウォーターの中身
パッケージの中身はスプレーとクロスが入っています。

ゼロウォーターでコーティング
使用方法通り、スプレーして・・・

ゼロウォーターでコーティング
拭き取ります。これをボディ全体に行いました。

見た目ではあまりコーティングする前とした後では違いがわかりませんでしたが、汚れがつきにくくなるそう。
繰り返し使用することで、よりコーティング効果があるみたいなので、これからマメにやらなくては!

せっかくなので車内も掃除

車内を掃除機で掃除
この機会に、車内も掃除機で掃除していきます。
シュノーケリングへ行ったまま砂だらけの車内だったので、これで内側もスッキリ!

見違えるほど、きれいになった!

車がきれいになった
サビがあちらこちらにあった車でしたが、サビを落としたら、真っ白な状態に戻りました!汚れもなくて、きれい。

沖縄に住んでいる以上、塩害とはながーいお付き合いになるので、塩害対策はやはり必要ですね。もっとしっかり洗車やコーティングをしておくべきでした…。

これからは自分たちでコーティングを行い、太りにくいボデイならぬ、サビにくいボディを作っていきます!

ご注意

車について素人です。サビ取り・コーティング剤のご使用は自己責任でお願いします

今回使用したコーティングスプレー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 290本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?