岩手切炭が最高!炭にこだわったらBBQの質がメチャクチャ上がる!

スポンサーリンク

BBQ

突然ですが、殿方、BBQのとき、何使ってます?

え?
ホームセンターの?
1kg 300円くらいの?

はいはいはいはいー。

それ私もでした。

でもですね、今後、私はホームセンターの炭には戻らない、いや、戻れないかもしれません。

なぜなら「岩手切炭」を知ってしまったから!

男のロマン!? BBQ史上、最高級の炭を使ってみる!

先日、奥やんばるの里のコテージに泊まり、BBQをしたのですが、その際に友人より「最高級の炭を使ってみよう!」との提案が。
どうやら、炭を使うとBBQのクオリティが格段に上がるとの情報を仕入れたようです。

「オォーそれは良い!やりましょう」となり、友人曰く、おすすめであるという「岩手切炭」を試してみました。

岩手切炭

どどん!これです。(切炭の読み方は「きりずみ」)
いやぁ、これがね、これがすごかった。感動した!

火のつきがとても良い

まず、何が感動したかって、恐ろしいほど綺麗に燃えるんですよ。

BBQでありがちな、あれ、火がつかない。あれ?汗っていう、男子を焦らせるアレがまったくないです。
私はこないだ海辺でBBQした時、着火剤を使っても1時間くらい火がつかず、妻をシラけさせた腕前の持ち主ですが一発でスムーズに火がつきました。

調べてみると、岩手切炭、すごく火の点きがいい炭なのだそうですよ。

バチバチいかない。恐ろしいほど綺麗で静か

BBQで炭に火をつけたら「バチっ!(熱っ!)」って場面がなんども出てきますよね。

これが普通だと思いますよね?
でも違いました。岩手切炭を使ったら、驚くほど火が安定していて静か

燃え方が、もはや芸術的とも言えるレベルです。形が崩れないで燃え続けるのです。
灰も出ないし、普通に見とれてしまいました。

火が強い&長持ち

火のつきが良い上に長持ち!

燃え尽きず、ずっと安定して高温ですから、安心してお肉が焼けます。

ホームセンターの炭はだいたい1時間もしないうちに燃え尽きて、灰が舞い始めますが、岩手切炭ならば、1回目の炭が、2〜3時間は余裕で持ちます。その間、灰が舞うようなこともほとんどありません

実際に岩手切炭を使ったときの様子

実際に使った時の様子です。火をつけてみましょう。

岩手切炭

綺麗な炭
炭を出してみます。

たしかに、ホームセンターのとは違って、形が整っていて綺麗な炭です。

ピラミッド型に並べて火をつける
ピラミッド型に組み合わせ、その中に着火剤を入れて火をつけます。

火がついた
これで、しばらく待ったらすぐ火がつきました。

着火剤
ちなみに着火剤はこちら。1個1個、置くタイプで便利でした。これもオススメ。

炭に火がついた
炭に火がつきだしました。

強い火力
火力が強いです。良い感じ。

赤々と燃える
赤々と燃えてますね。でも静かなんですよ。バチバチいかない。(写真だけではわからないのが歯がゆい!)

安定した火
みてください、この安定した燃え方を。燃えてる部分、全然、形が崩れていないのがわかりますでしょうか。

素晴らしいですわ、この炭。
写真だけだと伝わりにくいのが、ちょっと切ない。

本当、BBQの雰囲気すら変わるんですよ。
こう、普段より、しっぽりしたような、落ち着いた感じになります。

あえて言うなら、

通常のBBQ(イカ焼き)

通常のBBQのこういう雰囲気が、

雰囲気BBQ
こんな感じの雰囲気が似合うようになります。シックな感じっていうんですかね?

とりあえず、炭でこんなに変わるかと。驚きました。

ラムを焼く
そんな素敵なBBQに合わせて(?)、我々はラム肉を焼きました。

ラム肉焼き上がり
じゃん!焼き上がり!
(炭の火が強くて、直火で焦がしたのでアルミホイルで包んだ)

骨の間をハサミで切る
骨の間をハサミでチョキチョキ切ります。

ラム肉焼き完成
完成でーす!ちなみに、これ、めちゃくちゃうまかったです!

炭に興味ない女性陣も引くほど違う

岩手切炭、はっきり言って「炭」のパフォマーンスが常識を超えています。

え、これ? もしや最初の炭?

そうなんだよ!びっくりでしょ

普通、炭の燃える長さなんて、興味ないじゃないですか。でもこの時、18時くらいに「岩手切炭」に火をつけてから、6時間後の0時近くになっても全然元気に燃えていたんですよ。
炭なんて、興味なかった女性陣すら、さすがに炭に食いつきました。

ちなみにこの時のBBQは、岩手切炭一袋(6kg)中、1kgも使わなかった感じです。だいぶ、長く使えます。

ちなみに岩手炭は、炭の中では長く燃える種類ではないらしいです(本当か?)。
鍋ものなどには備長炭が良いらしいです。丸1日火をつけておけるらしい…。

いやぁ、炭なんて今まで全く気にしていなかったのですが、こんなにすごいものだったとは…。

次は備長炭で、煮込みでも作ってみようかしら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 267本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?