【釣り初心者】覚えてしまうと簡単!ほどけない糸の結び方

スポンサーリンク

こないだ友人たちと釣りをしたのですが、糸を結ぶ場面でみんな苦労していたので、簡単でほどけない糸の結び方をご紹介します。

ほどけない糸の結び方

糸と糸を結びます。これができれば他の結びつけも同じ結び方でいけます。

2本の糸を合わせる
まず、糸と糸を合わせます。先端は互いに反対向きで合わせてください。

輪っかを作る
片方ずつ結んでいきます。輪っかを作りましょう。

輪っかともう一つの糸にくるくる糸を巻きつける
作った輪っかと、もう一つの糸に巻きつけるように、糸をくるくると巻きましょう。5回以上くるくるしたほうが固く結べます。

引っ張ると結ばれる
くるくるしたら、引っ張りましょう。もう片方の糸を巻き込んで結ばれるはずです。

余った糸は切る
余った糸は切ります。

反対側も同じように結んで完成
反対側の糸もまったく同じように結びましょう。

完成です。

お互いに引っ張ってもほどけない
お互いに引っ張りあっても固く結ばれてほどけないようになりました。

2、3回、練習すると覚えられます

見ているだけだと、ちょっと複雑そうな気もするのですが、実際にやってみると簡単です。2、3回も練習すれば、すぐできるようになりますよ。

糸同士じゃなくて、針につけたいなんて場合も、片方の糸を「針」に置き換えて考えればいいだけです。結び方は一緒。

覚えてしまえば、釣りの時も、色々な針やウキを取り付けられて楽しさ倍増です。ぜひ覚えてしまいましょう!

関連ダイソー(100均)の釣り竿で魚は釣れるのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 239本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?