南城市の陶房「やちむん むっしゅ」。コンテナハウスで焼き物が買えます。

スポンサーリンク

やちむんむっしゅ外観
南城市の道の駅から坂をおりたすぐ右手に海までおりる細い道があり、看板には「やちむん むっしゅ」の文字が。こんなところに何かあるのかと、車一台くらいの細い道をずーっと海まで進んでいくと、なんとおしゃれな陶房があるのです!

というわけで、今回はこの「やちむん むっしゅ」に奥さんといってまいりました!
ご紹介しまーす。

やちむん むっしゅ

やちむん むっしゅは、南城市のウランバルにある陶房です。
作家さんの焼き物工房と、焼き物のお店が一体になった、小さな陶房です。

やちむん むっしゅ
女性の作家さんがひとりで切り盛りされているようです。
エスニックな雰囲気がところどころにあるのは、昔、エスニック雑貨をあつかうお店を運営していたからなのだとか。

最近は、雑誌とかで見かけたりもするところで、実は以前写真で見かけて知ってたお店でした。

芝生の庭、おしゃれなコンテナハウス!

さてさて、この「やちむん むっしゅ」に私が向かったのは焼き物を見たかったのと、もうひとつ理由があります。
ずばり「コンテナハウス」!

オーナーさんが扉をあけているところ
やちむん むっしゅのお店・陶房は、なんとコンテナハウス!
ブルーのコンテナが、芝生の緑ととっても合って特長的です。いやぁ、陶房でコンテナハウスっていうチョイスがなんともオシャレですよね〜♪

加工はオーナーさん自ら
オーナーさん、なんでも自分で作れちゃうバイタリティのあるかたで、本人がコンテナを買ってきて、自ら工事を行ってつくったとのこと。
この窓とか、自分で溶接して、木枠はめこんだらしいですよ。

「(溶接なんてやったことなくて)泣きながらやりました笑」とか仰っていましたが、す、すごい、、!すごすぎる!

今日は店じまい

ちなみにこのとき、お店についたらオーナーさんがお庭にいらしたのですが、開口一番「あ、ごめんなさい、今日はもうお店おしまいなんです」とのことでした。

しまった!お茶してから行こうなんてやっていたら遅すぎた!汗

と思ったら、なんでも今日は、次の日からイベントに出店するとのことで、はやめに店をしめて商品を車に詰め込んでいる最中でした(このときは15:30くらい)。普段は夕方までやってるとのこと。

まぁコンテナハウスだけでも見られたからいいか、と、作業のお邪魔にならない程度に、世間話をしてきました。

これが釜
陶房の紹介とかしてもらいました。
コンテナハウスに隣接する、こちらは焼き釜だそうです。煙突ついてます。

トマトをいただきました
世間話ついでに、ミニトマトのおすそわけをいただきました。買い物しないで、反対にトマトをいただく我々っていったい。。笑

お店の様子

せっかくなんで

店じまいとはいえ、ミニトマトまでもらっておいてここで帰ったらみなみのひげの名がすたる!と勝手に意気込んで、店内の様子を見させてください、とお願いしたところ、「別にいいですよ」とあっさり笑
商品はございませんが、お店のなかの様子を見させていただきました。

窓辺

端々にエスニックな要素が

店内にはところどころにエスニックな雰囲気が。
バリ島にいそうな人形
バリ島にいそうな人形がかざってあったりします。
バリ島にいそうな人形

お店の半分は工房

陶房
コンテナハウスの中は、お店と工房が半々。カウンターの奥でまさに器を作ったりしている様子を見られそうです。

ちょっとだけ器を発見

店内にちょっとだけ器があったので、写真に納めてきました。

焼く前の器
こちらは作り途中のもののようです。焼く前の器かな。

小さい器
カウンターにありました。小さな豆器ですかね。可愛らしいです。

ちなみに、ウェブサイトのギャラリーで紹介されていた焼き物はこんな感じ。

やちむん むっしゅ ギャラリーより、器の写真

引用:やちむん むっしゅ ギャラリーより、器の写真

土の風合いが出た、やわらかいもようの器です。自然な感じの木目のテーブルに合いそうですね♪

ウッドデッキっていいですね

店内を見させてくださいと言ったのに、気になるコンテナハウスのほうへカメラを持つ手がふらーっと。

植物が合う
入り口のウッドデッキ
植物がたくさん
コンテナハウスに、ウッドデッキ。そして芝生の庭に、植物、、とてもいいっ(ぐっ!)
満足して勝手に取材終了〜。

細い道に負けずに進んでください

やちむん むっしゅまでは、細い坂道をしばし(だいぶ)降りつづけて行きます。途中で「え、本当にこの先に人がいるの?」とか思うかもしれませんが大丈夫です!います!笑

やちむん むっしゅ、素敵なところでした。次はお店が開いている時にお邪魔しようと思います。

やちむん むっしゅ

やちむん むっしゅの詳細

住所 沖縄県南城市知念字久手堅647
定休日 不定休
駐車場 あり(陶房の庭のスペースに2,3台)
サイト むっしゅ.com

古宇利島のコンテナハウス「SUNDOWNERS STUDIO」に行ってきました | 沖縄移住ライフハック
沖縄県北部の観光スポット、古宇利島。 車で行ける離島ということで、たくさんの人が…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 251本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?