沖縄のおつまみ「アンダカシー」は、脂(あぶら)を油(あぶら)であげた菓子

この間、友人から「アンダカシーがうますぎる!お酒のつまみに買ったら止まらなくなった!食べ過ぎて胸焼けした!」という情報を聞きました。

む、胸焼けするほどうまいだと!?そりゃ確かめな!!

ということで、ファーマーズマーケットの沖縄菓子のコーナーにあったアンダカシーを購入。食べてみました。

スポンサーリンク

アンダカシー??

まず「アンダカシー?なにそれおいしいの?」というかたに「おいしい」ということと詳細のご説明を。

豚の脂を油で揚げる

驚異的な事実から申し上げますと、アンダカシーは、「脂(あぶら)を油(あぶら)であげたお菓子」です。なんだかイソップ童話みたいな話ですが、事実です。

ラードを作るときに一緒にできるのがアンダカシー。豚の背脂肉をフライパンなどで焼くと、ラード油が出てきます。ラード油を取り除いたあとに残ったものがアンダカシーとなります。

アンダは「背脂」、カシーは「かす」。つまり「あぶらかす」の沖縄呼びが「アンダカシー」なのです。

なんちゅー食べ物..。

お酒のつまみに最高

しかしこのアンダカシー、お酒のあてには最高の食べ物らしいのです。

揚げ立てのアンダカシーに塩を振ってビールのつまみにすると、「カリカリ」「サクサク」のスナックのような感覚で食べられるそうで、これがとっても美味しいのだとか!

なるほど確かに胸焼けした友人もお酒のつまみに食べていました。

私もやってみよう。

アンダカシーを買ってきた

はい、そんなわけで買ってまいりました。

アンダカシーのパッケージ
アンダカシーです。味見なので、180gの小さい袋。

ブタちゃんがウィンクしていてキュートですね。

原材料目が、豚の皮と食塩だけなのがシンプルイズグッド。
ちなみにファーマーズのアンダカシーの並べてある棚には「糖分ゼロ」のおつまみとして紹介されていました。たしかにそうだな、脂肪分ほぼ100%だもんな。

アンダカシーを食べてみる

晩酌のつまみに、アンダカシーを食べてみます。

こう、パッと見のサクサク感はすごいありますね。パッケージを隠しちゃったら、スナック菓子と見分けがつかなそうです。

これが「脂肪」からできているとは想像もできません。

アンダカシーをつまむ
つまみということで、アンダカシーをつまんでみます。

ぱく。シャクシャク。ふむ。

すごい脂感

サクサクというより、シャクシャクって感じです。噛むたびにすごい脂の感じがします。あと豚のケモノ系の香り。匂いがダメな人はきついかもしれません。

しかし。

悪くないね

なんでしょう。
あまり褒めるべきところが見つからない、はずなのに、なぜかもうひとつ食べてみたくなるこの感じは..。

2個目のアンダカシー
2個目のアンダカシーに手を伸ばします。

ぱく。シャクシャク。うむ。

やっぱりすごい脂感

2個目もサクサクというより、シャクシャクって感じです。噛むたびにすごい脂の感じがします。あと豚のケモノ系の香り。匂いがダメな人はきついかもしれません。

しかーし。

悪くないね

たしかにくせになる
3個目のアンダカシー。

ぱく。シャクシャク。うむ。

もちろんすごい脂感

3個目もサクサクというより、シャクシャクって感じです。噛むたびにすごい脂の感じがします。あと豚のケモノ系の香り。匂いがダメな人はきついかもしれません。

しかししかーし。

悪くないね

なんなのでしょうか。この感覚は。
言っちゃ悪いですが、別段褒めるべきところもないのです。むしろ匂いがケモノっぽくて(私は平気ですが)ダメな人には勧められないような感じなのです。

なのに、なのに、、なぜかもう1個いきたくなる..っ!

大きさは親指くらい
不思議な力を持ったお菓子、アンダカシー。欲望を刺戟する磁石でも入っているのだろうか。

察するにたぶん、「脂」と「塩」という人間が根本的に求める食材が織りなす技だと思うんですよね。

人間も動物なので、生き残りに有効な脂肪分塩分が大好きです。スナック菓子とかラーメンとか、居酒屋のおつまみとかを見れば分かる通り、あぶらと塩気は、人気メニューの鉄板です。

アンダカシーはシンプルにその2つだけで構成されていますので、なんだか知らないけど求めずにはいられない、そんな不思議な現象が起こるのだと思います。

というわけで、結論は「けっこう美味しい。そして癖になる」でした。

結局、一袋食べ切って、静かに胸焼けになったことは奥さんに秘密にしています。

揚げ立てがいいらしい

検索していたらこんな記事が。

アンダカシー | 食堂チコは閉店しました。

アンダカシーってご存じですか?
日本語的にいえば「あぶらかす」。
豚肉の脂肪部分を中華鍋などで熱し、ラード(豚の獣脂)を抽出した後に残ったもの…

アンダカシーは揚げ立てが美味しくて、3日も経つと胸焼けするようになっちゃうそうです。へーそうなんですね。

私が買ったアンダカシーはたぶん作られてから時間が経ったもの。今度は揚げ立てを探し求めてみようと思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 263本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?