沖縄産うなぎもあるのかぁ。土用の丑の日なのでスーパーのうなぎ食べ比べをしてみた

昨日は土用の丑の日!

..でした!
うなぎの記事を、土用の丑の日の次の日に書くなよってね。

昨日、スーパーへ行くと、土用の丑の日のせいもあって色々なうなぎが並んでいました
けっこう色々あるもんだな、と、うなぎを見ていくと、静岡産、インドネシア産、金武町産..。

ん?金武町産?

なんと沖縄県産のうなぎもいるんですね!

おっと、こいつは初耳でした。
沖縄にうなぎをやっているところがあるとは。

急にうなぎに興味が湧いてきた私、みなみのひげ。
思い立って、ちょっと食べ比べをしてみようと思いました!

スポンサーリンク

スーパーのうなぎ食べ比べ!

そんなわけで、買ってきました!どん!

スーパーで買ってきた

買ってきたのは4つ!

1、沖縄産金武町のうなぎ

金武町のうなぎ
まずは「金武町のうなぎ」です!
これが国産うなぎってやつですね。味比べなのでハーフサイズ。

美味しそう
金武町は水がきれいな場所とのことで、うなぎの養殖にも泉水という湧き水を使っているのだとか。
よく考えたらうなぎなんて年単位で久しぶりだな。うまそう。

2、インドネシア産うなぎ

インドネシア産うなぎ
お次は「インドネシア産うなぎ」、稚魚も養殖もインドネシアで行われているものだそう。

見た目は良い
ちなみに値段は、金武町産の3分の2弱。
しかしぱっと見はとっても美味しそう。果たして味にどのくらい差があるのか。

3、うな次郎

うな次郎
3番手、やってきました「うな次郎」!

うなぎではない
そうです、うなぎではありません

白身の魚を加工して、蒲焼にし、うなぎ風味にしたものだそう!
うなぎの臭みがないので、そういうのが苦手は人には好まれるのだとか。値段も金武町産(ハーフ)に対して3分の1。1匹と比べるとなんと5分の1でご家庭に嬉しい価格です。

4、餃子

餃子
そして4番手。

ギョウザです。

ギョウザ

ん?
うなぎでも入っているのかって?

いえ普通のギョウザです。

うなぎばっかりじゃ飽きちゃうと思って。

さてさて。
いやぁ、何気にうなぎの味って食べ比べしたことないですからね!どれくらい違うものか楽しみです!

まずは本命の「金武町産」から

うな丼に
うな丼にして食べてみたいと思います。

美味しそうなうなぎ
これがうなぎの味の基準になります。

いただきます。ぱくっ

うむ。

うまい。

うなぎ特有の土っぽい香りもなんだか嬉しい。身が柔らかくて程よい歯ごたえ、こりゃいいですね。

うなぎおいし
うーなーぎーおーいしーかーのーやーまーなんつってね。ご機嫌で親父ギャグなんか出ちゃったりしてね。

インドネシア産、味はどれほど違うのか

インドネシア産
お次はインドネシア産をうな丼に。
あ、ハーフサイズだけど、さっきのよりも量が多いですね。

箸を入れる
箸を入れると、金武町産のうなぎよりも弾力が強くて身がしっかりしているようです。
身も肉厚。

食べてみる
食べてみましょう。

むぐむぐ、あ、やっぱ違うな

歯ごたえっていうんでしょうかね、身のかたさがこっちの方がかためですね。肉厚感はこっちの方があります。インドネシア産は「鍛えてます」って感じのうなぎです。

金武町産がほろほろとした感じの身で、インドネシア産が肉っぽい感じの身って印象です。

うな次郎、意外とイケたらどうしよう

さてここまで順当な流れですが、うな次郎はどうだ!

いい感じ
あら。

思ったよりも絵面が良いな..。

蒲焼風のくせにけっこう訴求力のある表情をしています。うな次郎、やるな。

裏側
白身魚のすり身なのに、裏側をうなぎの皮っぽくする粋な演出まで。これでめっちゃ美味しかったら、うなぎ市場が崩壊するけど大丈夫かな。

ここからは、妊娠中でうなぎを控えているピノ子さんも参戦します。

いくぜ!うな次郎!

どうだうな次郎
いけるかうな次郎
お味はどうだ、うな次郎!

ぱく。あ!

おいしい?

うなぎっぽ..い..?

どっち!?w

うなぎっていうか蒲焼かな。たまに魚肉ソーセージのような味がする

なんと

白身魚のすり身ですからね、ピノ子さんの舌はたしかに正しい。

わりかし良い
正直、「これがうなぎです」と言われて食べるには、ちょっと違う味でしたが、「うなぎ風蒲焼です」だったらいけます。
普段使いに嬉しい蒲焼って感じですね。

他3つに対して、圧倒的に違う味、ギョウザ

最後はギョウザです。

ギョウザ

うん

どうでしょうか

お惣菜売り場で売ってるギョウザの味がします

お、そうですか、じゃあ他とは全然違いますね!
うなぎっぽさは?

ある訳ないですね

..うん、まぁ、そうですよね

ギョウザ
こんなところでなかったら、もっと良いコメントもあったろうに。あぁ不憫なギョウザ。

でも、おいしかったです。

なんだかんだ金武町産がうまい

一通り食べ比べしてみましたが、けっこう違いを感じられて面白かったです。まぁ当たり前ですけど、それぞれ違うものですねー。

うな丼に

金武町産うなぎ丼

なんだかんだで、私は金武町産のやつが一番美味しかった。値段的に見てもそうなりますからね。
でもインドネシア産も、うな次郎も、これはこれで美味しさがあった気がします。

ピノ子さんはギョウザですかね

そうですね、おいしかったですね

ギョウザに対して投げやりなピノ子。(そもそもうなぎ食べてないもんね)

とりあえず、これで今年の夏は元気に乗り切れることでしょう!

ニホンウナギは絶滅が危惧されている

毎年、夏の時期を感じさせるうなぎですが、ニホンウナギはここ3、40年の間に、漁獲量が減り、絶滅が危惧されている生きものだそうです。
養殖うなぎも稚魚を捕まえてきて育てるので、うなぎの自然下の影響は免れず。

河川工事による川や湖沼の変化が、ウナギ減少の理由のひとつと言われているようですが、そもそもウナギの生態って、まだまだ未知な部分が多く、保全しながら調査もする難しさがあるようです。

うなぎ商戦にわく一方で、絶滅危惧とは..。Oh、辛い..。

関連土用の丑、今年は2回 「ウナギ守るため」休業の店も|朝日新聞デジタル

ウナギ絶滅危惧の認知は広まってきていて、保全に向けての動きもだんだん出てくることでしょう。

そう考えると、土用の丑の日に餃子も案外、いけるんじゃないのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 264本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?