CHECK沖縄移住の電子書籍ができました!

沖縄の深刻な「待機児童」。市町村ごとの待機児童数は?

沖縄県の待機児童問題が全国1位

待機児童は、東京だけの話かと思っていましたが、実は沖縄でも深刻な問題です。

子どもを連れて沖縄移住を考えている方や、移住後に沖縄で出産予定のかたは、一度調べてみることをおすすめします。

実際、わが家も待機児童になりました…

関連保育園、落ちた…。

スポンサーリンク

沖縄県の待機児童問題

待機児童数は、東京が1位、沖縄が2位です。

人口あたりで考えると、

なんと沖縄県が1位に!

それほど、沖縄では保育園に入園するのが激戦となっています

人口10万人あたり待機児童数が最も多いのは沖縄県で166.06人。
全国平均の8倍以上、2位の東京都の3倍弱と待機児童数が突出している。沖縄の待機児童が多い理由として、米軍占領により保育所の整備が遅れたこと、県民所得が低く、働く女性が多いことがあげられている。

引用元:都道府県別統計とランキングで見る県民性

どうやら沖縄では、収入が全他県と比較したときに低所得のため、「働く女性が多い=預ける方が多い」そうです。

わたしのまわりでも、専業主婦のかたはほとんどいません

さらに、沖縄県は出生率が全国1位

こうした要因で待機児童が増えていると考えられます。

市町村別の待機児童数

2019年4月の4月速報値では、下記のような結果になりました。

主要エリアをピックアップしてみました

待機児童数
那覇市250人
宜野湾市71人
浦添市85人
沖縄市198人
うるま市75人
豊見城89人
南城市145人
南風原町208人
八重瀬町92人
名護市45人

都市部は深刻な待機児童数なのが伺えますね…。

反対に、沖縄本島で待機児童数ゼロの市町村は・・・

  • 大宜味村
  • 東村
  • 本部町
  • 今帰仁村
  • 金武町
  • 宜野座村

那覇から遠い、北部エリアは待機児童が少ない傾向にありますね

沖縄県には保育士の求人が多いです

今回紹介したように、沖縄では深刻な待機児童問題があります。

保育所が足りないだけでなく、保育士さんも足りていないのが現状です。

沖縄移住を考えている方は保育士の資格があると、沖縄県でも仕事に就きやすいです。

保育士バンク」などの転職サポートを利用することで、より希望に近い職場を紹介していただけますよ。

市町村によっては県外から保育士さんを呼び込むため、転入・就職を決めた保育士さんへ渡航費・生活準備費補助を行なっているところもあります。
ぜひ、保育士免許があるかたは、検討されてみてくださいね。

シェアする
閉じる