電子書籍オリジナル沖縄移住BOOKはこちら

保育園、落ちた…。

保育園落ちた

もうタイトルに書いた通り。

保育園、落ちました泣

子どもが1歳2ヶ月になった、去年の12月から保育園の申請をしました。
「待機児童だから待っててねー」という市役所からのお知らせを受け取り、

まぁ、やっぱり年度途中からは厳しいよなあ

と思っていたわけです。

それが、4月入園についても落ちるとは!泣

二次募集についても箸にも棒にもひっかからず、落選…。

スポンサーリンク

名護市は保育園の無料化がはじまっている

わたしたちの住む名護市では、全国に先駆けて、2018年の9月から保育料の無償化がはじまっています。

しかも、0歳から無料!

(全国的には2019年10月から。3歳〜対象)

それもあってかどうかは知りませんが、待機児童が増えているとかなんとか…。

2次募集時点で、1歳クラスは空きゼロ。完売です。

これから沖縄移住する人は「待機児童」も考えた方がいいかも

なんでこの記事を書こうかと思ったかというと、「わが家は保育園落ちました」という報告と、これから移住予定のかたにもお知らせしなきゃと思ったからです。

わたしたち夫婦は子どもがいないときに沖縄移住したので、「待機児童数」についてはまったく考えず、移住先を決めていました。

でも、子どもが生まれてからは深刻。

とくに沖縄は、出生率が全国1位だけど、待機児童数も(人口あたりでみると)ワースト1位の県。

関連沖縄県の深刻な「待機児童」問題

現在、県が待機児童を解消すべくすでに動いてくれていますが、申し込み数が増えていることもあって、まだまだ保育所・保育士さんが足りていません。

市町村によって待機児童数は異なるので、これから沖縄移住予定のかたは、引っ越し予定の市町村の「待機児童数」もぜひチェックしてみてくださいね!

それと!
保育士さん、沖縄移住はいかがですか?(切実)

沖縄県では保育士さんの雇用を増やすため、

  • 未就学児を持つ保育士さんに保育料の貸付(2年間勤務したら返還免除)
  • 引越し費用を借りられる「保育士就職準備金の貸付(2年間勤務したら返還免除)

などを行っています。

詳しくは「沖縄県の保育士支援情報」を確認してみてくださいね。

沖縄県の保育士求人を扱っている「保育情報どっとこむ」もあるので、こちらもどうぞ。

わが家は引き続き、子どもと闘いながら仕事頑張ります

在宅ワーカーの辛いところ

あうー(はやく遊べ)

記事を検索
シェアする