×閉じる
わりと好評『みなみの家の沖縄移住本』

ドデカい茶色いキュウリ「モーウィ」を食べてみました!

記事を書いたひと
ピノ子
ピノ子
沖縄移住して夫婦ブロガー5年目。楽しく読める生活情報を発信してます。県とのタイアップなど実績色々。

沖縄のJAファーマーズマーケットでよく売られている謎の野菜、モーウィ。
ずっと気になってはいたものの買う気にはなれず1年が過ぎました…。

でもせっかく沖縄に住んでいるのだから、「1回くらいは食べてみたいな〜」と2年目に意を決して買ってみました!

スポンサーリンク

とにかく大きい、茶色いキュウリ?

モーウィ
こちらが買ってきたモーウィ。30センチほどの大きさがあるので、2人で食べるには食べ応えたっぷり。

モーウィをずっとみていると、ちびまる子ちゃんのおじいさん(友蔵)が浮かんでくるのは私だけでしょうか?

余談はこのくらいにして、さっそく包丁で切ってみます。

モーウィの食べ方
断面はとてもみずみずしい。中には種が入っています。

みなみのひげが「なんかキュウリのような匂いがしているような…」というので調べてみると…

モーウイは、沖縄県や中国南部地方で栽培されているきゅうりの一種
参照:「モーウイ」とは

どうやらキュウリのような匂いをしているのは、同じ瓜だからなのですね。
ヘチマ、キュウリ、モーウィは仲間のようです。

ちなみに沖縄方言で「モー」は野原または毛、「ウイ」は瓜のことらしいです。

モーウィの食べ方

何かわからないものを食べるのは不安ですが、キュウリの仲間とわかれば、一気に親近感が湧いてきました!

調べてみると、モーウィの食べ方は酢の物・煮物・和え物など色々あるそうです。
私たちは簡単にできそうな炒め物にチャレンジしてみることにしました!

1、種をとる

モーウィの種を捨てる
きゅうりと同じとはいえ、種と皮はとる必要があります。種はスプーンですくって、取って行きます。

2、みじん切りにする

モーウィをみじん切りに
まずは食べやすいようにみじん切りにしていきます。

3、炒める

焼き目をつける
フライパンに油をひき、モーウィを炒めます。

4、にんにくをいれる

ニンニクで味付け
火がある程度通ったら、ニンニク(チューブ)を少々。
料理が下手な私は、にんにくを入れたらとりあえずなんでも美味しくなると思っているのです。

5、味噌で味付け

味噌で和える
続いて、味噌で味付け。お好みの量を入れてください。

6、盛りつけ

モーウィを盛りつける
味付けをして少し炒めれば完成です。盛りつけて、出来上がり〜!

味見をしてみる

では、いただきまーす!・・・
モーウィを食べる

ん?
んん?

「こ、これはキュウリというより、ヘチマだ(苦笑)」

実は私、きゅうりは好きだけどヘチマは苦手なのです。
なのでみなみのひげに食べてもらおうと思ったら…、

「俺もヘチマ苦手(>_<)」

なんてこったい!
どうやら夫婦でヘチマが苦手だったようです。

味付けがいけなかったのかな?

結局2人ともヘチマに似た味が払拭できないまま、モーウィを後にしました。
もしかすると炒め物ではなく、酢の物にしたら違っていたのかもしれません。

そういえばこの間、地元の方が、「モーウィって何?」って言っていたので、地元の方でももしかするとあまり食べない野菜なのかも(笑)

大きい野菜シリーズでまだ食べていない冬瓜もあるので、今度食べたときはまたご報告します!

▼私たちの体験談・生活、仕事、お金のことなど、沖縄移住に関する情報は、すべてこのページにまとめてあります。
沖縄移住ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

スポンサーリンク

関連記事