沖縄移住の最終関門?ワイルドさ120%「西表島」へ移住した人にお話を聞きました

日本最後の秘境とも言われ、イリオモテヤマネコでも有名な「西表島」で暮らす移住者のおふたりに暮らしの様子を聞くことができました!

パッと聞いただけだと、私、西表島の暮らしって、ジャングル暮らしみたいな、すごい偏ったイメージ(西表のみなさま、本当にすみません..)があります。

果たして、実際のところはどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

西表島に移住した方 2名にお話を聞きます

カタヒラさんとタカマツさん

カタヒラさん(写真左)とタカマツさん(写真右)

今回、お話をしてくださる西表島移住者の方は、カタヒラさんと、タカマツさん

カタヒラさん

カタヒラさん

現在、西表島大原に在住されています。西表島へは、移住されて6ヶ月
もともと東京都内で、電子部品のウェブ販売会社を経営されていたのですが、2015年9月の沖縄移住フェアへふらりと顔を出したら、西表移住の案内があり、「え?あの秘境の島に移住できるの!?」と、チャレンジ精神に火がついて移住を即決したそうです。

タカマツさん

タカマツさん

西表島の古見という場所に住んでいらっしゃいます。
古見は西表の中でも、古き良き集落だそうで、世帯数も20程度、集落全体が家族のような感じなのだそうです。
現在は、町営住宅にご家族と住んでいるとのこと。

西表島での移住生活が、なかなかの破天荒っぷりだった

お話をする二人

もともとテレワークについての話を聞いていたのですが、西表島の暮らしが気になって仕方ないので、どのようなものか聞いてみました。

やっぱり、ジャングルな環境

ジャングル

▲こちらのイメージはベネズエラの川。西表島とは関係ございません

では早速なのですが、西表島の暮らし、どうですか?

そうですねぇ。
西表島って、9割くらいはジャングルなんですよね

ほ、ほほぅ..

いきなりきましたワイルド情報。
西表は、島のほとんどが森林で、人が住む集落や町は、島の外側や海辺に集まっているのだそうです。

ジャングルは、貴重な生き物たちの宝庫で大事に守られています。
なんだか近いうちに国定公園になる話もあるみたい

そうなると、9割が国定公園の島。さすが日本最後の秘境ですね。最初の情報からだいぶ飛ばし気味です。

「秘境の島」っていう割に、西表って結構でかいですよね

ですね、石垣島と同じくらいのサイズですからね。
その9割がジャングルだと思うと、なかなかです笑

大きな秘境の島なんですね笑

イリオモテヤマネコの事故は新聞の一面記事

西表島といえば、イリオモテヤマネコですよね

ですね。すごく大事にされています。
子どもが遊んでてちょっと事故起こしたくらいじゃ新聞には載らないですけど、イリオモテヤマネコは、車にひかれると八重山日報の一面に載ったりしますからね

一面にいっちゃうんですか!笑

もうね、島内でもアナウンスが流れますからね。
「昨日、どこどこでイリオモテヤマネコがひかれたけど、改めて、みんな注意しようね」みたいに

すごいですね

島の人は、車は時速30km以上で運転しないんです。
動物をひかないように。

ダメですね、スピード出しちゃ、絶対に。
島の動物は、都会の動物みたいに車を避けることは知らないですから

でも観光の人とかは、やっぱりその感覚はわからないですよね..。
レンタカーを借りる時、かなり啓蒙はしているようですが、事故も起きています

西表島の方は、自然を守ろうという意識は強いですよ。
貴重なものですからね

国の特別天然記念物であるイリオモテヤマネコ。

島の人々も、とても大切にしているようです。

あぁイノシシ…

イノシシ

島の中でもワイルドな人は、すごいですよ。
ある時、観光船を運転していたら。海で泳いでいる野生のイノシシがいたんですね

海にイノシシが?

イノシシは、ちょっとした距離なら泳いで移動できるんですよ

なんと

船に乗っていた観光客は「わぁカワイイ」くらいに見てたんですよ。
そしたら、その時の船長さんがイノシシ狩りをするようなワイルドな人だったんですよね。
「しめた♪」とばかりに、丸太を持ち出して、イノシシを全力で叩き始めてですね..

ええぇぇぇぇぇぇ!!!!!

海で泳いでいるイノシシは捕まえやすいのでチャンスなんですよ!

いやいやいやいやチャンスって!!笑

見事、捕獲したそうです。
観光客の方々は、あぜんとしたでしょうけどね笑

したでしょうね〜!笑
「イノシシ = 食料」なんですね!いやはや素晴らしいほどに、ワイルド

島内ではイノシシ狩りをする人が、普通にいますからね

さ、さすが西表島…

..ちなみに、私も移住してからたしなんでおります

ここにいた!!笑

ページ: 1 2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 257本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?