沖縄のやたらでかいカニ「オカガニ」に、初めて出会いました

スポンサーリンク

この記事には大きめのカニの写真がたくさん出てきます。甲殻類が苦手な方は閲覧をお控えください。

こないだビーチを歩いていたら、とうとう、とうとう出会いました!

カニです!

ただのカニではございません。オカガニです!

きゃー!カニー!でかーい!かっこいー!

南西諸島に生息する陸生のカニ「オカガニ」

オカガニは南西諸島に生息するカニで、名前の通り、陸に棲むカニです。

でかいカニ
じゃん!こいつです!大人のこぶしくらいある大きなカニ!

威嚇するオカガニ
沖縄本島では4種類のオカガニが生息しているそうで、これは海辺に多く棲む「オオオカガニ」ってやつです(多分)。もう少し内陸の方に行くと、一回り小さい「オカガニ」が生息しているのですが、このカニはその種類よりも湿地帯に棲むカニのようです。

海辺とオカガニ
爪がでかい。オスですね。だいぶ威嚇(=恐怖)しているのが申し訳ないですが、私だってBBQついでに散歩していただけなんだから、おもむろに歩いてたそっちだって悪いんだー、お互いさまだー。

シャー!
そう言って、とりあえず、ピノ子さんに記念撮影をしてもらいます。カニと同じ(威嚇)ポーズでパシャり。

カニは私より、カメラに威嚇している模様。…カニさん、後ろにおっきいおっさんが待ちかまえてまっせ。

いやぁ、私、オカヤドカリが好きなんですが、このオカガニも大好き(陸に住む甲殻類が好きなんですね)。沖縄に住んだら、いつか見てみたいと思っていましたが、まさかビーチで唐突に出会えるとは。

上目遣いのオカガニ

オカガニかっこいい

走るのは速いようで遅い

オカガニの威嚇
いやぁ素晴らしいですね。オカガニ。
素早いのですが、意外と走るのは速くないんですね。威嚇しながらだったからでしょうか。たくさん写真撮らせてもらってありがたいです。

貴重なカニですので、ちょっと名残惜しいですけど、撮影した後、お別れしました。

でも、この後、別の場所でも普通に数匹歩いていました。なんだこれ。すげぇな、沖縄、カニアイランドだな。

地元の人からすると、普通らしい

すごいなぁ、大きかったなぁ。
これが普通に住んでいるなんて、沖縄ってすごいところだよなぁ。

でも、沖縄にもう10年近く住んでいる友人にこのことを伝えたら、「あぁ、夜、道路でひかれるよね」と、なんてことなさそうに言ってました。産卵の時期などに、海沿いの道路を大群で横断するので、車にひかれるらしいです。(最近は、交通事故対策で”カニ用の横断トンネル”が道路に設置されている)

大きさ的には甲幅が8cmくらいでしょうか。でもたしかに西表島のマングローブクラブ(甲幅20cm!)にはだいぶ負けるので、沖縄の人からすると大きいイメージではないのかもしれません。

以上、誰トク感はありますが、みなみのひげの感動カニ情報でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 239本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?