沖縄の海を最新ドローン「DJI MAVIC Pro」で空撮。超がつくほど絶景な映像&写真を公開します!

スポンサーリンク

これなーんだ?

アメンボのようなドローンのような

え?アメンボだって??
アメンボロボットだって??

違う違う。
そんなつまんないこと言うの、みなみのひげくらいだから。

そうです!
噂になっている空撮の金字塔

ドローン

ドローンです!

友人がドローン撮影しに沖縄へ来た

2月も終わりに近づくある日、友人が沖縄へ遊びに来ました。目的はなんとドローンでの空撮

絶景だらけの沖縄の海をドローンで撮ってみようとのこと。
ドローンを扱ったことがない私たち夫婦としても嬉しいお話です。

友人の吉竹くん

やってきた友人は吉竹遼(よしたけりょう)くん。

よりフォトの人

東京都内でUXデザインを主軸とした会社に勤めています。
写真に強い人で、一緒に写真展をやったりと、作品作りが好きで、最近、ドローンを使った空撮作品に乗り出したんだそうです。

ドログラファーですね。ドログラファー。

ところで吉竹くん、顔出しはOKですか??

(え?もう記事始まってるよね?)
..そうですね、まぁどちらでもいいですよー

OKですOKです

じゃ顔出しでもイラストでもいいということで、今からイラストでもかぶせましょうねー

吉竹くん

これに

吉竹くんその2

こう。

彼は飼い猫を愛してやまないので、猫っぽいものをかぶさせていただきます。

猫竹さん、よろしくお願いしますー

もう全然、顔隠す意味ないですけど、よろしくお願いします〜

車で行ける離島・宮城島で、ドローン空撮!

我が家から車でアクセスしやすい海ということで、うるま市宮城島へ行ってみました!
人がいないビーチへ移動し、ドローン空撮をすることにしました。

※空撮に際しては、事故や犯罪、迷惑行為を起こさないために、一定の撮影技術の習得、航空法や、撮影可能エリアの下調べ(場合によっては撮影許可の手続き)、撮影時の安全配慮などが必要となります。(実際にドローンの墜落トラブルが沖縄でニュースになっています)むやみやたらに飛ばすのは危険ですのでご注意ください。

コンパクトで最先端、DJI MAVIC Pro

今回扱うドローンですが、DJIというメーカーが出す、小型のモデル。ついこないだ出たばかりの新しいやつです。くぅー、買いやがったか!

DJI Mavic Proは、高度な技術が搭載されたDJI史上最もコンパクトな最先端のフライングカメラです。
コンパクトかつパワフルで、誰でも簡単に安心してフライトできるので、刻々と変わる風景を逃すことなく空から撮影することができます。

Mavic – Wherever you go

DJI ドローン Mavic Proの特徴はこんな感じです。

  • 734g(軽い!)
  • 折りたたんで持ち運びできる
  • 障害物自動回避できる
  • 4K動画対応
  • RAW対応の1200万画素カメラ
  • 20分以上連続飛行できる

この願ったり叶ったり具合、もうめっちゃ最高です。欲しい!

ドローンを設置・準備する

まずはドローンを準備。

カバンにすっぽり入る

折りたたんで、カバンにすっぽり入る。

ちいさいっ!
これを広げて、地面に設置します。

着陸にも備えて、撮影地の平らなところに置く。

着陸にも備えて、撮影地の平らなところに置く。

コントローラー

コントローラーはスマホと合体させて使う。

コントローラーとドローン本体が通信できるようにしたら、ドローンに現在の位置関係をセットします。

キャリブレーション

キャリブレーション。ドローンのセンサーに上下左右の位置関係をセットさせる作業。

これでドローンが現在地を認識し、離着陸の場所を覚えます。
電池切れ寸前など、万が一の場合は、自動でここに戻ってくる仕組みだそうです。

かしこーい!

カメラ部分

カメラ部分がすごいかっこいい。

いやぁ、このマシン感。カッコイイなあ..。

ドローンを飛ばして上空へ

設置が完了したら、飛ばします。
人が周囲にいないことを確認して、海辺なので風にも注意

強い海風に吹かれると、バランスを崩して墜落することもあるのだそうです。ご注意を。

スマホから、プロペラの回転をONにすると..。

飛んだ

浮いた!

まず、1mくらいの高さまで自動で上昇し、空中に停止するそうです。そこから操作を開始。
ドローンからは、「ブーーーーン」と力強い羽の音がします!

スズメバチの大群みたいな音とよく言われますね

あー!たしかに!

コントローラーで操作しながら撮影

慎重にスタート

猫竹ならぬ、吉竹くん。慎重にドローンを操作し始めます。

少しずつ上昇

ドローンが少しずつ上昇を始めます。

あっという間に頭上へ

すぐに私たちの頭上へ行き。

どんどん上がり

上空へ

見えないくらい

気づけば遥か上空へ….。

もはやカメラでは見えない。

今、どれくらい上空ですか?

だいたい、60〜70mちょっとくらいですかね

そんなに高く上がるんだ!

100m以上あがりますよ。
一応、機能的には数百mでもいけるらしい。日本は航空法的な問題で150mが限度です

100mかぁ、すごいなぁ〜

今回は急な風もありそうなので、様子を見ながらやりましょう

万が一墜落したら、ちょっとしたジャングルにのりこむ羽目になるもんね

ちょっとしたジャングル

うん、それは全力で避けたいな

コントローラー

ちなみにドローンのカメラが写している映像は、リアルタイムでスマホのコントローラーに映ります。映像はあとでのお楽しみに。

砂地でも飛ばせる

海辺、特にビーチの場合、砂地がほとんどだと思います。砂地に直接おくと、プロペラの風で砂が吹き飛んでしまうのだそう。

ヘリパッドを設置

そういった場合は、パッドを設置するとスマートに飛ばせるそうです。

飛ばす

パッドを使うことで、コンクリートのようなところで飛ばすのと同じような環境にでき、砂浜から撮影スタートもできます。

みなみのひげもドローン操作にチャレンジ!

さてさて、こんな感じですが、ひげさんも飛ばしてみますか?

え!そんな!いいんですか!?
でも操作したことないしこわしそうだしそれは悪いしぜひ、やらせてください!

こわしたら請求書を発行しますね(ニコリ)

ドローンを設置

そんなわけでみなみのひげ、初めてのドローン操作にチャレンジ!

操作の仕方を教わる

ドローンのコントローラーの使い方を教わります。
「上・下・左・右・右旋回・左旋回・上昇・下降」と8つの操作を同時にこなすので、自在に操るには難易度は高め。

とりあえず今回は、上昇・下降だけを意識して操作してみることにしました。

プロペラをON….

ブーーーーン

飛んだ!

やべー飛んでる

(やべっ飛んでる緊張してきた)

慎重にコントローラーを上へやると、けっこう安定して上昇してくれました。あら優秀!楽しい!

私はラジコン操作が好きなので、これは楽しいぞ。
調子に乗って旋回操作をして、自分たちをパシャり。写真を撮らせていただきました。

ドローンが撮影

ドローンから見た私たちです。おほほ楽し〜い。

ドローンでの撮影を、存分に楽しんだ!

シータと連携

あと彼、リコーが出している360度カメラ「THETA(シータ)」を設置できるように、レーザーカッターを使って機構を自作したそうで、お試しフライトもやってみました。
まだ上空へはいけないですが、360度の空中写真・映像は撮影できましたよー。
※シータ連携が気になる人は、彼に聞いてみると良いかも。

その後、宮城島から別の海辺に場所を変えて、2箇所で空撮を行いました。

どちらの場所でも素晴らしくキレイな映像&写真が撮れてびっくり!彼のドローン撮影技術はもちろんのこと、沖縄の絶景さにあらためて感動することができました!

気になる映像&写真たちは次のページで!

▶︎ドローンで撮った”超”がつくほど絶景な沖縄の海[映像&写真]

ページ: 1 2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 237本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?