2017年はマンゴーが豊作だ!マンゴーを安く買えたお店・マンゴーのおいしい切り方を紹介します

マンゴーが豊作
2017年はマンゴーが豊作らしい!

参考沖縄マンゴー今年は豊作! 過去最高2055トンの見込み

おかげさまで、あちこちでマンゴーが売られています。

今年は15個くらいマンゴー食べたかな?

それでもマンゴーにかかったお金は4,000円程度!
1個250円ちょっと!!素晴らしい!

沖縄移住して3年、こんなにもマンゴーをたくさん食べられた年はありません!
しかも、豊作なのでお手頃価格で良質なマンゴーがたっぷり。豊作さまさまです。

そんなわけで、今回はリーズナブルなマンゴーを手に入れたい人へ向けて、私たちが安く買えたお店をご紹介します。合わせて、マンゴーのおいしい切り方もご紹介しますよー!

スポンサーリンク

マンゴーを安く購入できたお店

1、ファーマーズマーケット(名護店)

ファーマーズマーケット名護店のマンゴー
ファーマーズマーケットの名護店!
こちらでは販売スペース3列分がすべてマンゴーでした。溢れんばかりのマンゴー。やはり豊作だから?それとも旬になると、これくらい並ぶのでしょうか。

価格は、安いもので1粒250円〜。
1個500円くらい出せば、けっこう良さそうなマンゴーが買えます。

贈答用のマンゴーも豊富に扱っていて、訪れたなかで、一番種類が充実しているお店でした。

2、竜青果(沖縄市泡瀬)

初めて訪れた、竜青果。
沖縄市泡瀬のマックスバリュの裏手にある八百屋さん(地図はこちら)。とても良心的なお店です。

ここではマンゴー大粒3つで、980円でした!
しかも試食までさせてくれる太っ腹っぶり。

野菜も本当に安く(そして大量!)、家が近かったら頻繁に通いたいくらい気に入りました。

3、ドン・キホーテ(うるま店)

ドン・キホーテうるま店で、まさかのマンゴーとの遭遇。
肉や野菜などの生鮮食品の販売をはじめたのは知っていましたが、マンゴーまで取り扱うようになったとは・・・!

ドン・キホーテは、ダンボール1箱980円。
小粒なものは5〜6個入り。大粒は4個入りで売っています。うわぁ!

さすが、驚安の殿堂!
2週にわたり、マンゴーを買いに行ってしまいました。

補足

宜野座の道の駅にもたくさんのマンゴーが売っていて、値段もかなりお手軽でした。
そのときは買わなかったのですが、情報だけ。

マンゴーのおいしい切り方

さて、安く買えるお店と合わせて、マンゴーのおいしい切り方についてご紹介します。

おしゃれにマンゴーを切る方法

マンゴーをオシャレに切る方法

オシャレにマンゴーを切りたいかたは、こちらがおすすめです。

オシャレにマンゴーを切る方法

ただこの切り方、オシャレなんだけれども、正直、上品すぎる・・・。
スプーンやフォークで食べるみたいなんですが、ツルツル滑ってしまい、どうもうまく食べられません。

こう、もっと欲望のままにマンゴーにかぶりつきたい。そんな人には、わが家の切り方を推奨したいと思います。

わが家おすすめのマンゴーの切り方

わが家のおすすめのマンゴーの切り方

切るのも簡単ですし、食べ方も簡単です。

おすすめのマンゴーの切り方

ただ縦と横にカットします。皮も剥きません。

切ったマンゴー

あとは、皮を避けながら、切ったマンゴーにかぶりつくだけ!

ガブガブガブー

そのままかぶりつけばいいので、「フォークでうまくとれなーい」なんてこともないです。
手はマンゴーの汁で汚れてしまうんですけど、マンゴーを豪快に食べるので、贅沢な気分になれます

今年は、例年の半額でマンゴーが売られているかも!

例年だと、マンゴーは、ファーマーズマーケットで安くて1粒700円くらい。
通常の値段だと1,000円以上で売っている印象なので、個人的には、今年はその半額以下なんじゃないか、と踏んでいます。

今まで沖縄で生活してきたなかでも、考えられない価格設定です!

マンゴーの時期は6月〜8月頃ではありますが、この調子なら9月上旬までは店頭に並べられていそう。
もし旅行中にみかけた際は、ぜひ沖縄のマンゴーを満喫してみてくださいー!

掲載している情報は、2017年に、私たちが訪れた際の情報になります。
毎年、このようにマンゴーが手頃な価格で買えるかわかりませんので、ご注意ください。

関連【お土産におすすめ】沖縄のマンゴーを配送する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 309本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?