【お土産におすすめ】沖縄のマンゴーを配送する方法

JAファーマーズマーケットでお土産
先日、「父の日は、せっかくだから沖縄のマンゴーを贈ろう」ということになり、近くのJAファーマーズマーケットへ!

ファーマーズマーケットは、沖縄の果物・野菜がスーパーよりも安く手に入るスポットなのです。

沖縄の野菜は大きくて、安い!お土産もJAファーマーズの購入がオススメです。 | 沖縄移住ライフハック
沖縄にはJAがやっているファーマーズという野菜市場があります。私の家の近くにもあ…
スポンサーリンク

夏の時期はマンゴーが並ぶ

マンゴーのコーナー
夏になると、一角にマンゴーコーナーができます。
いつもこの時期になると、真っ先にマンゴーコーナーへ行き、安くて美味しそうなマンゴーを探すのが日課になっています。

配送するマンゴーの選ぶコツ

食べ頃マンゴーは避けよう!

マンゴーを沖縄から配送する場合、2日はかかります。
購入したときに食べ頃では、到着した頃は熟しすぎてしまいます。
なのでまだ熟していない、マンゴーを選ぶようにしましょう。

○マンゴーの見分け方

店員さんに教えてもらったマンゴーの見分け方をご紹介します。
まだ熟していないマンゴーは、側面に粉を吹いているそうです。食べ頃になるにつれ、ツルツルした見た目になるのだとか!

もし心配な場合は、店員さんに「このマンゴーはいつが食べ頃ですか?」と聞けば、親切に教えてくれます。

用途に合わせたマンゴーを選ぼう!

JAファーマーズマーケットには、簡易パックのマンゴーと贈答用のマンゴーがあります。

お土産のマンゴー
こちらが簡易パックのマンゴー。写真のマンゴーは小さめなので2パックで650円。
値段はマンゴーによってまちまちですが、だいたい1つ800円前後で売っていました。

贈答用のマンゴー
こちらが贈答用のマンゴー。しっかり箱詰めされているだけあり、値段も結構します。

超高級なマンゴー
さらに超高級マンゴー。マンゴー2つで1万円超え!い、一体どんな味がするんだろう…!!!

こんな風に値段・大きさ・パッケージがバラバラなので、目的や予算に合わせてマンゴーを選びましょう。

マンゴーの配送方法

実際にJAファーマーズマーケットでマンゴーを買ってみました!

1、送り状の記入

配送票を記入
まずはお会計前に送り状を記入します。

みなみのひげが書く
ペンもありますので、その場で記入しちゃいましょう。

2、お会計

送付状の記入が終われば、お会計です。

全国に配送。お土産も送れる
段ボールの値段は、小(100円)・中(150円)・大(200円)です。

店員さんが段ボール選び・箱詰め・マンゴーの傷チェックを行ってくれます。

3、完了!

お会計が終われば、終了です。

送料・冷蔵
関東への送料は830円でした。あとマンゴーは冷蔵をして送った方がいいそうなので、+220円。
だいたい配送料は1,200円くらいかかると考えておけばいいかもしれません。

マンゴーは夏の楽しみのひとつ!

沖縄のフルーツのなかで、マンゴーが一番大好きです!だから夏のファーマーズマーケットは、とてもワクワクします。
もっと安くマンゴーが手に入るお店があれば、教えてほしいくらい!それくらいマンゴーを欲しています(笑)

マンゴーは、沖縄のお土産としてもおすすめです!きっと喜ばれると思いますよー。

関連2017年はマンゴーが豊作だ!マンゴーを安く買えたお店・マンゴーのおいしい切り方を紹介します

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 315本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?