沖縄最南端の道の駅にある「糸満市 お魚センター」に行ってきました。

子どもの頃、回転寿司で「コーン軍艦」が一番すきだった、ピノ子です。(ちなみに2番目はツナ軍艦。安上がりな娘で親も助かったことでしょう笑)

今日は「沖縄に来てから、あまり海鮮食べていないねー」ということで、糸満市にある「お魚センター」へ行ってきました。

スポンサーリンク

最南端!県内最大!糸満市の道の駅

糸満市の道の駅「お魚センター」

おきなわしま食ネットさんの写真を引用

沖縄県の最南端に位置する糸満市の道の駅は、なんと9,000坪!県内最大の規模を誇るそうです。

道の駅内には、
・野菜の直売所(ファーマーズ)
・物産センター
・カフェ、バイキング
・お魚センター
4つの施設が入っています。

新鮮な海鮮がいっぱい!

私たちは海鮮を食べるべく、「お魚センター」へ!
新鮮な海鮮がたくさんあるので、ひとまず1周してみることにしました。

お魚センター

全11店舗あり、沖縄の新鮮な海鮮が溢れていました。

沖縄の海鮮が食べられる

見ているだけで楽しくなってきます。

ホタテのウニソースが売っている

その場で焼いているお店もあり、美味しそうな匂いが漂っていました。

タコも豪快に

大きなタコも豪快に売っています。おばあちゃんが迷わず購入している姿がちょっと面白かったです。

ノコギリガザミ

ノコギリガザミが生きたまま売られていました!ハサミでかい。挟まれたら痛そう…。

海ぶどう

お土産に喜ばれる海ぶどう!手頃な料金で売っていました。

わーい!海鮮だー!

店内を1周した後は気になったものを買ってみました。

生ガキ

生ガキ(250円)がぷるんぷるん。

あん肝ポン酢

あん肝ポン酢(250円)。濃厚。。お酒が飲みたくなり、グッとこらえるのが大変でした。

ホタテのウニソース

その場で焼いていたホタテのウニソース(200円)。ウニソースがとっても美味!

オリジナル勝手丼も作ってみた!

自分たちでオリジナルの勝手丼を作れるお店があったので、試してみました。

1、まずはご飯のサイズを選ぶ

オリジナル勝手丼
小・中・大からご飯のサイズが選ぶことができます。

2、好きなネタを選ぶ

好きな海鮮を選択
全部で20種類ほどあるネタの中から好きなものを選びます。「これ!」って伝えたら、店員さんが先ほどのご飯に盛りつけてくれます。ご飯を頼まず、海鮮のみの注文も可能とのことです!

3、出来上がり!

勝手丼の出来上がり
完成したオリジナル丼がこちら!
・サーモン
・かんぱち
・えび
・真鯛
・マグロ
をのせて700円でした!

勝手丼を頼んだ方には、あら汁が10円で頼めるということで一緒に注文。

美味しすぎて一瞬で平らげてしまいました!

お土産も買ってきました

あおさ(アーサー)

150円でアーサーをゲット!

お土産に「アーサー(あおさ)」を初めて買ってきました。さっそく今晩の夕飯にお味噌汁にしてみましたが、磯の香りがして美味しかったです。普段はつかめない旦那の胃袋を今日はアーサーでつかむことができましたっ!

また行きたい!

あまりに海鮮が美味しくて、お魚センターにハマってしまいました。屋台のようにその場で買って食べられるのがとても楽しいです!
帰りの車内で、旦那とずっと「今度、沖縄へ遊びに来た人を、連れて行きたいねー」と話していたほど 大 満 足 !!

沖縄で海鮮を食べてみたい方はぜひ!行ってみると楽しいですよー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 304本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?