引っ越し(沖縄移住)の前に行った手続き

スポンサーリンク

ピノ子です。今までの話をまだお読みでない方は、「私たちの移住体験談」のピノ子体験談よりお読みくださいませ。

引っ越し前に必要な手続き

引っ越し前の手続き

ゆうパックで沖縄まで荷物を送るのとは別に、引っ越し前に行った手続きを書いて行きます。といっても、私は実家暮らしだったので引っ越し前はさほど手続きは多くありませんでした。(旦那は1人暮らしだったので、家の解約などの手続きがあり大変そうでした)

関連:沖縄移住に必要な手続きをまとめてみた。

転出届け

引っ越す1週間前に、転出手続きを行うため市役所へ。
私の場合は「印鑑」と「身分証明書」を持って行けば手続きは完了しました。あと、新しい沖縄の住所が必要でした。まだこの時は新しい住所を覚えられていないと思うので、携帯にメモしておくといいと思います。

無事転出届けをだすことができ、26年間お世話になった埼玉の県民ではなくなりました。(なんだかしんみりとした気持ちになります)
この時にもらった転出届けは、「沖縄の転入手続きで必要」とのことだったので、段ボールではなく自分で沖縄へもって行きました。

転居・転送サービス

郵便局へ転居届を出すことで、1年間、旧住所あての郵便物等を新住所に無料で転送してくれるものです。
市役所に転出届けを出した同じタイミングで、インターネットから手続きをしました。

そのおかげで住所変更していない郵便物も、沖縄に届けてくれるので助かっています。

駐輪場の解約

私は最寄り駅に原付バイクの駐輪場を6ヶ月単位で契約していました。移住後は利用しなくなるので解約手続きを行い、残った月分のお金がかえってくることに!

ほかにも通勤の定期を長期で購入している方は残った月数でお金が返ってくるので、手続きするといいですよー。

婚姻届けの保証人

私たちは沖縄で入籍する予定だったので、事前にお互いの親から保証人として婚姻届にサインしてもらいました(両家顔合わせのタイミングでお願いしました)。
移住時、沖縄には親戚や知り合いがいなかったので、事前に親からもらっておいてよかったです。

まとめ

ほかにも仕事を辞めたタイミングによっては、移住前のハローワークへ手続きに行く必要があったりすると思うので、一度調べてみるといいかもしれません。

いざ、沖縄へ!(家族との別れ・レンタカー・入居)」へつづく。

関連:沖縄移住に必要な手続きをまとめてみた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 294本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?