×閉じる
わりと好評『みなみの家の沖縄移住本』

いざ、沖縄移住!家族との別れ〜賃貸入居があった1日目

記事を書いたひと
ピノ子
ピノ子
沖縄移住して夫婦ブロガー5年目。主婦目線で、沖縄の生活情報をアレコレ発信してます。
引っ越しで家族と別れ

引っ越し前の手続きを終え、迎えた出発当日。
仕事で私より先に出る母から「気をつけてね!頑張るのよ」と言われ、なんだかしんみり。

父には「私そろそろ行くよー!」と伝えたら「気をつけて行くんだぞ」と一言だけ。

最後は、兄が珍しく玄関まで見送ってくれて(父は部屋から出てこず笑)、実家をあとにしました。

駅に向かって歩いていると、「この道ももう通らないのかー。実家を出るんだなー」と少しずつ実感してきたのでした。

関連両親に「結婚」と「沖縄移住」を報告

スポンサーリンク

沖縄移住1日目

いざ、沖縄へ向けて出発!

沖縄へ出発

荷物はすべてゆうパックで配送したので、当日は2泊3日程度の荷物が入るカバンだけ持って出発しました。

途中でみなみのひげと合流し、成田空港へ。

いつもお世話になっているLCCで那覇に向けて出発です(片道8,000円/人)。

まずはレンタカー屋さんへ

レンタカー屋さんへ

那覇空港には16時頃に到着。
まず最初は、予約していたレンタカー屋さんへ。

わたしたちはしばらく引っ越しで手一杯になり、車を検討する余裕はないと考え、1ヶ月間レンタカーを借りることにしていたのです。

料金は1ヶ月で3万円。

カーナビもついていたので、慣れない沖縄の道もなんとか運転することができました。
店舗情報などは「沖縄移住当初は、1ヶ月3万円で借りられる長期レンタカーがオススメ!」に詳しく載せています。

管理会社で入居手続き
家の契約

レンタカーを借りたら、さっそくマンションの管理会社へ向かいました。

管理会社に到着したのは、18時半頃だったと思います。

こちらの管理会社は、対面で説明を受けた後、サインしなければ正式な契約にはなりません。

わたしたちは保証人の書類などすべて郵送でやりとりしていただけなので、この時初めてしっかりとした契約が成立しました。

慌てて、ニトリへ布団を買いに行く

お布団を買う

契約の説明は30分ほどで終わるかと思っていたら、時間がかかっていたので予定を変更。

みなみのひげを管理会社に残し、わたし一人でニトリへ行くことにしました。

というのも、特にホテルは予約しておらず、初日から「せっかくだから、何もない家に泊まろう!」となっていたからです。

急がないと、床に寝ることになる!

と慌てて、ニトリへ。

わたしたちは自分たち用にベッドを購入する予定でしたが、この日はさすがに選べず。

ひとまずお客さん用の布団を2つ購入しました。

掛け布団・敷き布団・枕の3点セットで1つ7,000円くらいでした

ニトリ買い物の後日談
ここで布団を早めに買っておいて正解でした。

後日、家具を見に行ったときにマットレスを購入したのですが、在庫がなかったので届くまで1〜2週間ほどかかりました。

沖縄は取り寄せてから到着するまで時間がかかるので、余裕をもって買い物しておくのがベストと学びました。

ちなみに、ベッドフレームは高かったので、購入するのを断念しました

ガス会社へ連絡

ガス会社へ連絡

「電気」と「水道」は管理会社が開通手続きをしてくれて、「ガス」については自分たちで手配することになっていました。

しかし、予約していた20時までに入居できそうになかったので、明日の朝一に変更してもらうことに…

引っ越し当日は、お風呂に入れないことが確定しました。

いよいよ、入居!

入居

ニトリの買い物を終えたところで、みなみのひげ側の契約の説明もちょうど終了!
管理会社で合流し、いよいよマンションへ。

「やっと家に入れるー!」とワクワクしながら部屋に入ると、

あれ?こんな感じの家だったっけ?

少し思っていた物件と違う。

クロゼットが狭い…、お風呂やトイレが質素…。

みなみのひげも「あれ?なんか思っていたのと違うね」と苦笑い。

よくよく考えてみたら、物件見学をしたとき部屋からみえる海に興奮して家をじっくりみていなかったみたいです。
きっと内装も美化されていたのでしょう。

それでも初めて実家以外に住むので、嬉しかったのは変わりなかったです。

傷や汚れのチェック

部屋の壁や床に傷や汚れがないか、入居前に管理会社とチェックを行いました。

傷などがあるところは管理会社に伝え、写真を撮ってもらったので、退去時に請求されることはない(はず)です。

すべての部屋のチェックを終え、管理会社の方とお別れしたのは21時頃でした。

何もないところで、就寝

お布団で就寝

ゆうパックで送った荷物は、翌日に到着するようにしていたので、本当に手荷物以外は何もない部屋。

もうお腹も空いていて疲れたので、近くの居酒屋へ。
そこで沖縄のビール(発泡酒)の安さに驚きました。たしかタイムセールで99円/杯でした(通常そのお店は200円くらい)。

今日はさっそくニトリで買ってきたお布団をしき、眠ることに。
翌日カーテンも何もなかったので、まぶしくて朝7時には目が覚めました(東海岸に住んでいるので、朝日がまぶしい!)。

目覚めと同時に、いよいよ沖縄生活がスタートです。

沖縄生活2日目(転入届・ゆうパック・家電)」へつづく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

スポンサーリンク

関連記事