CHECK沖縄移住の電子書籍ができました!

沖縄の夏が、東京よりも涼しい4つの理由

summer

沖縄の夏は暑いと言われていますが、実際は東京よりも過ごしやすいです。こないだ東京から遊びに来ていた友人も、沖縄の涼しさに驚いていました。実は、沖縄の夏が過ごしやすいのには理由があります。

スポンサーリンク

沖縄の夏が、東京よりも涼しい4つの理由

1、風が吹きやすい

「海の近くは風が強い」とよく言うように、沖縄では風が頻繁に吹きます。そのため、窓を開けていれば、涼しい風が外から入りやすいです。

2、建物が密集していない

東京のように、建物が密集しているところが少ないので、熱がこもりません。また、風が吹くと通り抜けやすいです。

3、アスファルトが少ない

東京はどこもかしこも地面がアスファルトです。そのため、地面から熱を発しています。沖縄は、道路の横は畑やビーチになっているところが多いので、地面から気温をあげていることが少ないです。

4、そもそも気温が東京より低い

意外なことに沖縄の方が東京よりも2℃くらい気温が低いです。涼しく感じる最大の理由ですね。

沖縄の夏にも難点が…

とはいうものの、沖縄の夏で困ることがあります。
それは日陰が少ないことです!建物が少ない分、日陰も少ないのです。
直射日光(紫外線)は、東京よりもはるかに沖縄の方が強いです。

沖縄の田舎でサイクリングやランニングをしている方が、休憩しようと思っても陰がなかなか見当たらないため、仕方なく小さな木陰に座り込み、休んでいる姿を見かけます。

とはいえ、沖縄の夏は思っているよりも涼しいので、そこまで気にならないと思います。日焼けにはくれぐれも注意が必要ですが…。
沖縄の暑さが沖縄移住のネックになっている方は、夏に一度旅行してみるといいかもしれません。きっと沖縄の夏が気に入るはずです!

沖縄が避暑地?夏場の沖縄が本州より涼しいのか調べてみた | 沖縄移住ライフハック
最近、いろいろなところで話に上がっている、「沖縄は避暑地なんじゃないか」疑惑。沖…
シェアする
閉じる