CHECK沖縄移住の電子書籍ができました!

本土では売っていない?沖縄パンを食べてみた

先日まで世間ではフランスパンが賑わっていましたが、その頃、我が家の食卓では沖縄のパンで賑わっていました。

スポンサーリンク

沖縄のパンを食べてみる

本土では、パンといえば「山崎パン」が有名ですが、ここ沖縄では取り扱いがないそうです。
そこで本土では売っていないであろう、沖縄のパンを食べてみることにしました!

なかよしパン(ピーナッツ味)

なかよしパン
まずはぐしけんパンが出している「なかよしパン」。
バタークリーム味をよく見かけますが、珍しくピーナッツ味をみかけたので、買ってみることにしました。

なかよしパンでかい
なかよしパンの特長は、とにかくでかい!
リモコンをはるかに超えるサイズです。

なかよしパンのピーナッツ
パンを一切れちぎってみると、真ん中にピーナッツバターが入っています。

半分にしてもなかよしパン
さらに半分にしてみると、やっぱりピーナッツバター。

肝心のお味はといいますと、パンがやわらかく、懐かしいピーナッツ味。ピーナッツ味は、小学生時代を思い出させます。

うず巻パン

うず巻パン
続いて、「うず巻パン」。
うず巻パンは沖縄でもとくに有名なようで、沖縄のパン業界がそれぞれうず巻パンを販売しています。今回は、オキコパンが出しているうず巻パンを買ってきました!

うずまきパン
お皿に置いてしまうと、伊達巻きと勘違いしてもおかしくない立ち振る舞い。

しゃりしゃりの砂糖
どのように食べるのが正解かわかりませんが、うずを解いて食べて行きます。

砂糖がおいしい
うず巻パンのバタークリームは、砂糖が入っていてシャリシャリ!
甘党の私にはたまりません。

うずを解いて食べて行く方法は、後半、パンの両サイドにクリームがついているため、手が汚れるのでおすすめしません!
求む、正しい食べ方。

まーさん食パン

まーさん食パン
最後は、沖縄の牛乳売り場でよくみかける、まーさん。
まーさんは食パンも販売していたのですね!

まーさん食パンの袋
まーさん食パンは、うず巻パンと同じく、オキコパンが販売しているようです。

さらに袋
パンの袋をあけると、再び袋に入っています。これはパンが湿気ないようにでしょうか?そうだとしたら、とても丁寧ですね!

小さな食パン
まーさん食パンは、サイズが小さめ。子どもにちょうど良さそうなサイズ感です。

仕上がりはラスク
食パンはトースト派なので、オーブンで温めてみました。
すると、いつも食べている食パンよりもサイズが小さいためか、ラスクのような仕上がりに!

ラスクみたい
砂糖をつけたらラスクそのものになりそう!
ふんわり食パンというより、サクサクパンが好きな方におすすめかもしれません。

ピノ子ひとこと

山崎パンに負けず劣らず、沖縄のパンもおいしいです!
沖縄はコロッケパンややきそばパンなどが少なく、スーパーでは菓子パンがよく並んでいるのを見かけるのだけど、どうしてなんだろ?

シェアする
閉じる