沖縄の湿気に慣れてしまった件

沖縄に住み始めた頃は、「家の中が、湿気だらけでジメジメして気持ちが悪い」と思っていました。
それが沖縄に住んでから1年半。「湿気?なにそれ?」に近い状態になりつつあります。

スポンサーリンク

除湿機の稼働率が減った

沖縄移住1年目は、毎日のように除湿機が稼働していました。

沖縄は湿度が高い…。湿気対策、カギは○○○にある!! | 沖縄移住ライフハック
沖縄県は、亜熱帯の島。 豊かな自然のみなもとは、そう、恐ろしいほどの「湿気」です…

それが今は・・・

除湿機は部屋の隅に追いやられています。
湿度計を気にする回数も減り、湿度計を確認しない日が続いています。

去年はあんなに湿気を体感できていたのに、湿気にだいぶ鈍くなってしまいました。

帰省すると乾燥に悩むようになった

真冬に関東に帰省すると、手・足・唇が尋常じゃないくらい乾燥します。

去年、真冬に帰省し、本当にビックリしました。

そして今年は秋に帰省。
さすがに冬じゃないから大丈夫かと思っていたら、なんと秋でも乾燥に悩まされました。

10月末〜11月中旬まで帰省したのですが、朝、いつも目覚めると喉が痛いのです。しかも夫婦揃って…。

「泊まった部屋がたまたま乾燥していたのかな?」と思ったけれど、実家(埼玉)・実家(千葉)・ホテル(東京)・ホテル(長野)・姉の家(東京)と計5ヶ所すべてで目覚めると喉が痛い・・・

みなみのひげと「沖縄の湿気に慣れるなんて、体の適応能力ってすごいね」と感心してしまいました。

今年は、真冬の帰省は辛そう・・・

帰省するときは、だいたい楽しみにしているイベントがあるときなので、ウキウキで帰省することが多いです。
ただ、真冬は結構辛い・・・。

こんなに湿気と暖かさに慣れてしまった身体で、極寒の乾燥地帯(ツンドラ)に行くとどうなってしまうのだろうか…。

今月はみなみのひげが帰省するので、帰って来たら感想(乾燥)を聞いてみようと思います。

▼私たちの体験談・生活、仕事、お金のことなど、沖縄移住に関する情報は、すべてこのページにまとめてあります。
沖縄移住ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 304本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?