手づくり薫製・ガーデンシアター・BBQ・・・沖縄の休日を楽しんできました!

スポンサーリンク

朝食
3月のとある休日に、古宇利島のコテージで友達夫婦2組と週末を楽しんできました!
そのときの休日がとても素晴らしかったので紹介します。

まさしく「週末野心」が叶えられた瞬間でした。

「週末野心」て何よ?

「週末野心」とは、誰もが「いつかは過ごしたい」と思い続けている、小さな野心のこと。Webメディア NEXT WEEKENDが掲げる理想のような休日スタイルはまさにそれです。

NEXT WEEKEND」のような休日には、例えばこんなものがあります。


映画でしかみたことがないようなオシャレなピクニックをしてみたり・・・


自家製シロップを手づくりしてみたり・・・


ガーデンにシアターを作ってみたり・・・

あぁたまらなーい!!

NEXT WEEKENDには、こういう素敵でオシャレな休日情報が満載です。しかも、「ちょっとがんばれば真似できそう」な絶妙な週末アイデアばかり。
これに私たち夫婦と友だちはまんまとハマリました。

自分たちも、NEXT WEEKENDのような“週末野心”を叶えよう!しかも沖縄だったら海もあるし..!グヘヘ..。と、今回チャレンジしてみることにしたのです。

週末野心を叶える沖縄の休日プラン(1泊2日)

今回の週末に計画したプランは、こんな感じです。

  1. 離島の庭付きコテージに宿泊
  2. 海で魚釣りにチャレンジ
  3. いつものよりいいお肉でBBQ
  4. 薫製(スモーク)を手づくり
  5. 夜はガーデンシアターでまったり
  6. ガーデンで爽やかな朝食

絶景コテージ、いいお肉、スモーク、シアター・・・よだれが出そうなキーワードが散りばめられていますね!

古宇利島で素敵な週末を過ごしてみる

1、離島の庭付きコテージに宿泊

古宇利島コテージからの景色
今回は、古宇利島の1棟貸しコテージを予約してみました。
ガーデンで絶景をみながらBBQができる素敵なところです。

どうですか!この絶景!!古宇利大橋まで綺麗に望めます。

しかも、オフシーズン&6人で利用すると、1人約3,500円の激安!

早くも休日感がスゴイな。

▼週末を楽しむための一口メモ
沖縄県は探してみると、絶景でありながら1棟まるごと貸し出しているコテージは結構あるようです。
Airbnbとまりーなで探してみるといいかも。

2、海で魚釣りにチャレンジ

「古宇利島で釣りするといい感じらしい」と事前に聞いたので、「わ、私たちも..♪」と、魚釣りにもチャレンジ。

みなみのひげ釣り
夕飯に美味しい魚を食べるためにも、なんとしてでも釣り上げたいところ・・・

魚が釣れない
全然、ダメです。
釣りを楽しみにしていたみなみのひげも切なげ…。

どの竿もまったく反応がないので、「もう引き上げ・・・・・

魚が釣れる
釣れたーーー!!!

終了間際ギリギリに、1匹捕ったどー!友だちが!

夕飯に焼いて食べてみるのが楽しみ…じゅるり。

釣りは、意外と休日感が溢れていてオススメです!(ただし釣れないと切ない)

▼週末を楽しむための一口メモ
釣りのエサは、ゴカイ(ミミズみたいなの)を使用使用しました。周辺には、サンマの切り身をエサにしている方も。ルアーや練りエサよりも魚の食いつきがいいようです。
ただし、生き物が苦手な私としては、餌つけや針つけが大丈夫な人にフォローしてもらうのが必須でした。

古宇利島での釣りについては、こちらの記事も合わせてどうぞ。

https://okinawa-iju.info/?p=33666

3、いつものよりいいお肉でBBQ

テンダーロインとハラミ
今日のために、友人夫婦がおもろまちのIVANO SELECTで買ってきてくれたいいお肉。で、でかい。

テンダーロインとハラミを500gずつの計1kg。
テンダーロインにいたっては、100g 700円の高級っぷりです。
いつも我が家で食べているお肉の7倍以上・・・ガクガク。

この日はおとなの休日ということで、贅沢に丸ごと焼いてシュラスコに!美味しいお肉をいただきます。

お肉を切り落とす
焼き上がったお肉。

柔らかいお肉
盛り付けたらお店のお肉写真みたいになっちゃいましたよ!ヒィー!美味しそう!

テンダーロインもハラミもどちらのお肉も、おいしいー!
柔らかくて、しかも油っこくもないので、すぐにみんなで食べきってしまいました。

これがいいお肉ってやつなのか・・・・

釣り上げた魚を焼く
さっき釣り上げた魚は竹串を使って、囲炉裏風に。
このお魚も臭みがない白身魚(名前不明)で、塩だけの味付けで十分美味しかったです。

ピクルスなど
友だちが作ってきてくれたピクルス・キャロットラペ・ザワークラウトもとってもおいしい!

▼週末を楽しむための一口メモ
ピクルスなどのサッパリとした料理は、ちょうどよい口直しになるので、長時間BBQの必需品です。
さらに、より週末らしい雰囲気を味わうために、木製のお皿やカッティングボードなどを自分たちで持ち寄って正解でした。

4、薫製(スモーク)を手づくり

今回の週末で一番どうなるか未知数だったのが、この薫製作り。

薫製を作る
友だちが手づくりした薫製器で、スモークしていきます。

まずはベーコンの手づくりに挑戦。
ベーコンの詳しい作り方については、みなみのひげのこちらの記事からどうぞ。

シンプルな燻製(スモーク)ベーコンのレシピ[仕込み編] | 沖縄移住ライフハック
燻製。スモーク。燻(いぶし)。 あぁ、なんてよだれの出る響きでしょう。 SNSを…
シンプルな燻製(スモーク)ベーコンのレシピ[燻製編] | 沖縄移住ライフハック
燻製。スモーク。燻(いぶし)。 あぁ、なんてよだれの出る響きでしょう。 子供の頃…

薫製器で数時間燻したら・・・

切ったベーコン
ただの豚バラ肉が見事にベーコンに。まさに劇的ビフォーアフター。しかも旨し!

この調子でどんどん燻していきます。

サーモンの薫製
サーモンのお刺身を薫製にしてみたり、(これが意外とおいしい!)

カマンベールチーズ
カマンベールチーズを薫製にしてみたり、(中がトロトロでおいしい!)

ゆで卵の薫製
ゆで卵を薫製にしてみたり、(味玉みたいでおいしい!)

ミニトマトの薫製
ミニトマトなんかも薫製にしてみたり。(焼きトマトとほとんど変わらない)

「薫製にすると、何でもおいしい!」
これにつきます。

個人的に今回の週末で一番感動したのが、自分たちで薫製を作れたこと!
薫製を手づくりするだけで、休日の質が一気に上がった感じがしました。それくらい、薫製づくりは本当におすすめです。

▼週末を楽しむための一口メモ
スモークチップには、ヒッコリー・ピート・クルミなど色々なものがあります。チップ選びによって仕上がりの味が変わるようで、薫製するモノによって相性もあるみたいです。
今回は「サクラ」にチャレンジ。次回はチップを変えて食べ比べてみるのも、面白いかもって考えています。

5、夜はガーデンシアターでまったり

食事が一段落したところで、次は映画タイム。
今回のために、プロジェクターをレンタルし、大きな布を準備しました。

ガーデニングシアター
2階から布をつり下げ、さっきまでBBQしていた場所が、あっという間に映画館に!

たき火
3月とはいえ夜はまだ肌寒いので暖をとり、アラサー男女6人、夢中でトイストーリーを鑑賞しました。

▼週末を楽しむための一口メモ
たき火をしながらマシュマロを火で温めて、マリーに挟んで食べたら美味しかったです。チョコパイの中身みたいでした。登山部だった友だちが、山でよくやっていた食べ方らしい。

サプライズ誕生日会
この日の最後は誕生日だった友だちへ、サプライズで映像でお祝い♪

6、ガーデンで爽やかな朝食

朝食
2日目の朝は、ガーデンで景色を見ながら朝食タイム。

キャロットラペ、野菜のサラダ、スクランブルエッグに、

トースター
自分たちで準備したコーヒーを淹れ、

朝食のコーヒー
前日に名護で人気のパン屋さん「パンドカイト」で買ってきたパンを食べる。

なんて爽やか!こんな清々しい朝を迎えたことが今まであっただろうか(反語)。

コテージのチェックアウトまで、ガーデンでコーヒーを片手に、ただただ古宇利島の景色を眺めて過ごしました。あぁーなんて贅沢。

▼週末を楽しむための一口メモ
朝は軽い二日酔いで、コーヒーがカラダに染み渡りました。
ちなみにテーブルに載っている本が、今回憧れていたNEXT WEEKENDの雑誌です。
オシャレな週末を過ごせるヒントがつまっていますよ。

盛りだくさんの大人の休日!

コテージ・釣り・BBQ・薫製・映画館・誕生日会・爽やかな朝食・・・・
本当に盛りだくさんの週末でした!

これだけ気合を入れて遊んだのに、費用が1人あたり、1万円もいかなかったことにも驚きです。

沖縄(本島)は、車で1、2時間走れば、とんでもないほど自然豊かな場所がありますし、ビーチパーティーや、BBQなどの野外で楽しむ機材も多く、充実しています。

こういった週末ライフを充実させるには、ぴったりな場所なのかもしれません。

すでに次回の開催日を決めてあるので、次はどんなことをして過ごそうか今から楽しみ。
今回準備していたけどできなかったシュノーケルや花火も楽しみつつ、さらに面白いことをしていきたいです!

あぁ〜、大人でよかった!

今回の休日を楽しむために参考にした雑誌

NEXTWEEKENDの最新号

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 303本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?