沖縄移住した初期に買ったものは、3年以内に手放すことになった(むやみに買い物したわが家の失敗談)

記事を書いたひと
ピノ子
ピノ子
沖縄移住してからブロガーになって5年。わが子がかわいくて最近、脳みそ溶けてます。

晴れて沖縄に移住!!

やったー新生活だー!

家

※新生活なイメージ

生活用品、あれも必要だね、あ、これも必要..

そんな風に意気揚々と新生活を始めた私たちですが、沖縄生活を初めて3年経ち、4年目の今、思うことがあります。

あれ?
なんか移住初期に買ったもの、ほとんど買い替えてない?

スポンサーリンク

沖縄移住した初期に買ったものはほとんど手放すことに…

沖縄への移住には大変な費用と、手間がかかります。
その中でも買い物。もともと住んでないところへ新たなに住み始めるわけですから、いってみたら「新生活の準備」でアレコレものを買うことになります。

関連沖縄新生活の買い物で、大人買いと節約のはざまをただよう。

しかし住んでしばらく経ち、生活に余裕が出てみると「あれ、これいらなくない」「なんでこんな変なデザインのモノを買ったんだろ」と思うことが多いです。

沖縄生活が3年経過した頃には、必要で買ったはずのものが、なぜかいらなくなり、どんどん手元を離れていきました。

これまでに手放したもの

  • 作業机3つ
    「でっかい作業スペースを」と意気込んだものの、奥行きが足りず頭痛・腰痛が発生し新調
  • 作業椅子2つ
    同上
  • ダイニングテーブル
    気に入らなくなり処分してDIY
  • テレビ台
    大きすぎてスペースをとるので処分してDIY
  • 竹細工の収納ボックス
    オシャレだったけど2週間でカビが生えた
  • 除湿機
    買うタイプを間違えた
  • 衣類収納ケース
    収納しにくく感じるようになって新調
  • 客用布団1組
    引っ越しに伴い置き場に困って処分
  • ウォータータンク20L
    使っていない時に場所を取るので処分。折りたたみできるタンクに買い替え
  • 圧力鍋
    私の圧力に耐えかねて壊れた
  • 焼肉用プレート
    使わなくて処分
  • 食器類
    100均で買った食器類は、やちむんに買い替え
  • スーツケース
    新婚旅行用に買ったが海外旅行に行く機会が減って使わなくなった
  • ブラインド
    引っ越しに伴い、余ったものは処分
  • まな板・ボウルなど調理器具
    初期にとりあえず買ったやつは使いにくかったり、見た目が気になってほぼ新調
  • 電気ケトル
    引っ越しに伴い電気からガス用に。友人に寄贈
  • コーヒーメーカー
    引っ越しに伴いハンドドリップに。友人に寄贈
  • ベランダテーブル
    引っ越しに伴いベランダから海が見えなくなって処分
  • 折りたたみ自転車
    引っ越しに伴い置き場に困って処分
  • ローテーブル(処分予定)
    使わなくなったので

うっ、こんなにあったのか..。

パッと思いつく範囲でリストアップしても、なんだかんだけっこうな量を処分していることに気づきます。

そういえば、こないだわが家へ遊びに来た沖縄移住者の友人も「最初に買ったやつは続々と手放している」と話していたので、わりかし、沖縄移住あるあるなのかもしれません。

手放すことになったモノの共通点

手放したモノたちを見返してみると、ある程度の共通点があることがわかりました。

  • 「安いから」という理由で買ったもの
  • 慌てて適当に買ったもの

「欲しい衝動」にかられて「安いもの」で済ませるといらなくなる

手放したものの大体が、移住初期に「お金ないけど欲しい」と思って安く済ませて買ったものなんですよね。

沖縄に住みたいと憧れが強ければ強いほど、移住初期の衝動はすごいです。

せっかく沖縄で生活するんだから。
欲しい..

と思うと、なんとか買いたくなってしまいます。

沖縄地元のかたはピンとこないかもしれません。ハワイとかNYとかパリとか、憧れの地に移り住んだと思うと、この衝動がわかりやすいかと思います。

でもお金ももったいない。というかない。
まぁじゃあ相場より安めのもので手を打とうとなるのですが、うーん、なんだかんだ、そういうのは手放してしまうんですね。

絶対に生活に必要なもの以外は、良いものを買うか、我慢して買わないか、メリハリをつけたほうが良かったなぁと、3年経った今そう思います。

慌てて適当に買って後悔するパターン

沖縄で家具・家電・生活用品を買い揃えることにしたので、移り住んだ最初の週は、料理もできなければ食べるスペースもないような状態でした。

「少しでも早く日常生活を送れるようにしたい」という思いが強く、しっかり1つ1つのアイテムを吟味している時間も余裕もなくモノを買い・・・

その結果、しばらく経ってから「なんでこんなデザインのモノを買ったんだろう」ということになりました。

適当にありもので済ませると、後から気に入らなくなってくるもんなのですね。

もっとしっかり検討してから買えばよかった・・・。
(とはいえ、その当時は早く必要だったりするので、難しいですね・・・。移住前からある程度、目星をつけておくのがよかったのかもしれません)

今でも手放さずに使っているものもあります

反対に手放さず今でも使っているなぁ、と思う購入アイテムをパッと見回してみるとこちら。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • テレビ
  • ソファ
  • マットレス
  • 自動車

はい、万単位だして買ったものは、やはり3年くらいでは手放しませんね。
(でもベッドは布団に切り替えて手放すかもしれないけど)

車は絶対、10万km超えるまで使おう

OK!

その場の衝動に負けずに、話し合ってから買い物をすると、なんだかんだ決めた通りに使えるものみたいです。

とはいえ家電類はあわてて買った節があるので、子どもが生まれて生活が変わりだすと、思わぬ買い替えが出てくるかもしれません..。あぁーできれば長く使いたい。

移住したては買いすぎ&適当に済ませすぎに注意を

移住してから3年で多くのものを手放し、買い替える結果になった私たちの経験談からいえるのは、

  • 移住した喜びの勢いのまま買いすぎない
    買いたい衝動にかられない
  • 「あったら良いモノ」は妥協して安いので手を打たない
    買わない or 良い物を買った方が使う
  • 慌てて適当に選ばない
    不便さで人は死なないので落ち着いて選ぶ

これから移住を考えているかた、良い買い物ができるように参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

スポンサーリンク