お知らせ「沖縄の家づくりマガジン」を執筆中です→

【出産報告】台風とともに赤ちゃん誕生!次男が生まれました〜

非常に強い台風9号、10号と、みなさま大丈夫でしたでしょうか?

被災された地域のみなさまの無事を祈るばかりです……!

わが家は暴風ネットがビリビリになったのと、外の蛇口がなんらかの衝撃でひねられ、朝、起きたら噴水状態になっていたこと以外なんとか台風をしのぐことができ、ホッとしております。

そしてこの嵐の最中、
なんとピノ子が出産しました!!

まめじろう誕生

まめ太郎とおなじ顔なのは描く時間がないせいです。とりあえず、額に「2」っていれて、新しいのはそのうち描きます。すみません

台風とともに赤ちゃんが誕生しました!!

元気な男の子です。
母子ともに健康。4時間の安産でした。よかった!

まめ二郎の爆誕である!

たー!

本当、台風に怯えてたら、いきなり生まれた感じでびっくりでした!

スポンサーリンク

台風9号で入院避難してたら生まれたまめ二郎誕生ストーリー

そもそも、今年は台風が少ないなぁ〜って思ってたんですよね。

7月は史上初の台風ゼロでしたし。

こりゃ出産予定日(9月頭)も台風が少ないかな?

もしくはいっぱいきたりして

やばい、笑えんw

とか冗談でいってたんですけど、思いっきり後者のほうになり、出産予定日が近くなってから台風が連発。

そして予定日間近で非常に強い台風9号(メイサーク)が発生して、わが家は「待て待て待て待て強い強い強い」と大慌てしだします。

だって台風中に産気づいたら最大瞬間風速70mのなか、運転して産院へいくアクロバティックプレイをしなければなりませんからね。うちの軽自動車、飛ぶっちゅーねん。

あかん

(天然がゆえ)直前までものごとに動じないタイプのピノ子も、さすがに不安だというので、病院へ相談。

すると運の良いことに、出産患者が少ないタイミングだったらしく、くわえてピノ子はもうすぐ予定日だし、「台風中は入院していいよ」となりました。

助かった!

よかった〜

え?←長男まめ太郎

コロナで付き添い不可。まめ太郎(2才)突然の母との別離

台風を回避できるならと即、入院決定。

しかしコロナウイルス感染拡大防止のため、病院は付き添いを禁止しています。

親たちはひと安心ななか、長男のまめ太郎は、いきなりお母さんと離れ離れが決定しました。
台風9号はお父さんと乗り切ることに。

……

大丈夫か!?

お、お父さんといっしょに頑張ろうな!

うん!お母さん、台風、おわったらすぐ帰ってくるからね

ぜりー、たべるー

……

……

なんか大丈夫そうだな。

泣いちゃうかなーと若干、心配になったものの、わりと平気そう。

まあ台風は2日すれば過ぎ去るしなぁと思ってたら、結果的に出産して、1週間以上、お母さんと離れ離れでしたが、うちの長男は大変できた息子なので(←親バカ)、お母さんがいなくても、ぜんぜんぐずりませんでした。

ばなな、たべるー

はい喜んでー

みなみのひげが甘やかすので着々と太ってました。

そんなこんなで入院した次の日、陣痛が始まり……

とりあえずピノ子は入院。

台風9号をやりすごし、一回、退院したのち、出産予定日にそなえる段取りでいました。

そして台風9号が本当に直撃。

台風のイメージ

台風のイメージ画像

(電話:)病院は快適です

(電話:)よかったよかった

そして次の日の朝。

(電話:)破水しました
陣痛もきたかも?

(電話:)え?

……3時間後……。

(テレビ通話)

生まれました

たー!←まめ二郎

えぇー!!?
はやー

本当にこれくらいの感じで生まれました。みなみのひげ的には立ち合いをした長男のときからすると、生まれたーというより、「生まれてたー!」っていう感覚。びっくりしました。

まめたと線路

破水から、こんなにも早く生まれるとは思わなくて、「まめたと今、線路作ってるよ〜」とか、出産真っ最中のピノ子にライン送ってました

もちろん産んだ本人であるピノ子は、あっというまとはいえ壮絶な出産の痛みとたたかっていました。

次男の出産体験記はこちらに書かれております。

第2子、出産。まめ次郎が産まれました!
ブログの更新ができていない間に、2人目を妊娠して、あれよあれよと出産となりました。今回はわが家の第二子、まめ次郎の出産体験記を残しておきます。まだ長男・まめ太郎の出産体験記を読んでいない方はこちらから

生まれた瞬間の感動は今回はお母さんとまめ二郎だけのもの。そういうのも良いですね。

ともかく健康に生まれてきてくれてよかった!

次男の誕生物語はお兄ちゃんの成長物語でもある

兄弟の対面

まめ二郎をはじめて抱っこするまめ太郎お兄ちゃん。新旧まめ対面なのにおなじ顔でごめんな

今回の出産で心配だったのはお兄ちゃんのまめ太郎

やっぱり二番目ができると両親がとられてしまったように感じるのかなーとか、いきなり1週間もお母さんがいなくなるから大丈夫かなーとか、お母さんいないのに台風9号、10号直撃で外が特別警報級の暴風雨だけど大丈夫かなーとか。

……。

書き出してみると、まめ太郎、なかなかハードモードやな。

しかしそんな逆境のなかでも本当に1回も「ママに会いたーい」とかグズりもせず、元気に過ごしてくれました。

ちょうど甘えん坊な時期だったのに、すごい成長っぷり。
1週間で謎にレゴブロックとかも上達した。

むしろ……

お父さんの心配までしてくれて……涙 エエコヤー

さすがに次男が生まれてからはちょっとソワソワしていましたが、赤ちゃんを抱っこすると、「まめじろ〜」と名前を呼んでかわいがっていました。

余談ですが赤ちゃんを抱っこする瞬間までは、かたくなに弟の名前を呼びたがらなかったまめ太。

抱っこした瞬間に彼の中のなにかが変わったのかもしれません。

息子大好きピノ子は例によって号泣してました。

ま”め”だー、おにいぢゃんになっだんだねー(号泣)

なし、たべたい

はい喜んでー

長男の成長もみれて次男の出産はとても幸せなものとなりました。

家族みんな大変でしたけど本当、よかったです。

みんな、ワンオペの人には優しくな

さりげなくこの出産1週間、みなみのひげお父さんはワンオペをしておりました。

あのね。このコロナ禍のなか、家事育児やって、あいまに仕事して、台風対策したあと、妻を入院させて、そして出産でドタバタしてたうえ、次男が生まれたあとに、再び台風10号がくるから台風復旧と台風対策と長男のレゴの相手を同時にすると、どうなるかっていうとね。

爆発します。
大変です。

とりあえずワンオペやってる世の中の人々にノーベル平和賞を受賞させたいです。

それくらいワンオペは大変だと思いました。

ワンオペしてる人には、とにかく優しく接しようって思いました。

久しぶりの新生児、かわいい

3年ぶりの新生児に癒される日々を送ってます。絶賛、寝不足だけど。

それにしても、まめ太、もう少しお母さんがいないことをさみしがってくれてもいいんだよ?

家族が4人になり、沖縄生活がよりいっそう賑やかになりそうです。

引きつづき、沖縄移住ライフハック、みなみの家(け)をどうぞよろしくお願いします。

関連「沖縄での子育て」カテゴリーの記事一覧へ

シェアする
閉じる