CHECK沖縄移住の電子書籍ができました!

沖縄では「楽天Edy」を1枚持っていると便利でおトク!

沖縄県は、「楽天Edy」がとても普及しています。

沖縄で「楽天Edy」が使えるお店

    • スーパー(サンエー・かねひで・コープ)
    • ガソリンスタンド
    • コンビニ
    • ドラッグストア
    • 本屋さん
    • 居酒屋
    • ファミレス

など、ほんと〜に、色んなところで楽天Edyを使用できます。

沖縄に移住してから「楽天Edy」がとても便利なことに気がついたので、紹介します。

スポンサーリンク

楽天Edyとは?

楽天Edyとは

楽天Edyとは、楽天が提供する電子マネーサービスです。

専用のカードにお金をチャージすると、カード1枚で支払いが可能になります。

楽天Edyを持っていると、ポイントが貯まるし、小銭を計算する必要がなくなりますよ

楽天Edyを手に入れる方法

楽天Edyを手に入れるには、2つの方法があります。

  • 楽天Edyポイントカード
  • 楽天カード

1、楽天Edyポイントカード

楽天Edyポイントカードは、楽天市場から購入可能です。

値段は500円くらいです

Edy-楽天ポイントカード

2、楽天カード

Edy楽天ポイントカードは有料になってしまうので、もし無料で楽天Edyを手に入れたい場合は、「楽天カード」がおすすめです。

楽天カードとは、年会費無料のクレジットカードです

楽天のクレジットカード

わが家は普段から楽天カードをメインで使って、ポイントを貯めています。

楽天カードとは?

  • 年会費永年無料のクレジットカード
  • いつでも100円につき1ポイントもらえる
  • 楽天での買い物はいつでもポイント4倍!
  • ポイント加盟店でカードを使うと最大ポイント3倍
  • 海外旅行傷害保険付き

楽天カードならEdyが無料でつけられて、さらにポイントも貯まりやすいといえます。

いまなら新規入会でポイントがもらえる



「楽天Edy」をもっていてよかったこと

現金を持ち歩かなくていい

海辺を散歩するのに、現金を持ち歩かなくていいのは本当に便利です。

ちょっとのどが乾いたと思えば、ポケットに入れていた楽天Edyでコンビニで飲み物を買えます。

小銭を持ち歩くと、おつりの小銭が煩わしかったので、ポケットの中がスッキリしてよかったです。

支払いがとにかくラク!

わたしにとって、これが一番のメリットです。

カードにお金をチャージしておけば、ピッとかざすだけで支払いが完了。

煩わしい支払いが一瞬でできた!

小銭を数えたりしないで済みますし、後ろの人のプレッシャーも感じずに済みます。

ポイントが貯まる

「楽天Edy」で支払いをした場合でも、ポイントが貯まります。(200円につき1ポイント)

ポイントは楽天サービスで使えるのはもちろん、ANAマイルと交換することもできますよ。

Edy付き楽天カードを作る

楽天Edyのチャージ方法

ここからは楽天Edyを手に入れたあとに、お金をチャージ方法を紹介しますね。

方法はこの2つ。

  1. 現金からチャージする
  2. クレジットカードからチャージする

1、現金からチャージする

楽天Edyをチャージする

コンビニや一部の楽天Edy加盟店では、レジで現金からチャージできます。

沖縄ではかねひで・サンエーなどのスーパーで、Edyチャージャー(現金入金機)を設置しているので、そこから入金するのが一般的です。

2、クレジットカードからチャージする

楽天カードの場合は、残高が減ったら自動的に入金される「オートチャージ」を設定することも可能です。

やばっ、チャージし忘れて残高不足だ

とレジで慌てる必要がないので、設定しておくと結構便利です。

「楽天Edy」は持っておこう

沖縄各地で導入されている、楽天Edy。

こんなにも普及していてビックリしました。

「楽天Edy」を使って・・・
マイルを貯めて旅行へ行くのもよし。
楽天でポイントで買い物を楽しむのもよし。

現金にはないメリットが「楽天Edy」にはあるので、1枚持っていて損はないです。

とくに「楽天カード」にEdyをつけておくと、財布がかさばらなくていいですよ

いまなら新規入会でポイントがもらえる



関連【楽天ポイント活用術】コンビニでもポイントを使う方法

シェアする
閉じる