×閉じる
『みなみの家の沖縄移住本』好評発売中です!

「ジェットスター」のウェブチェックインには、どんなメリットがあるの?

記事を書いたひと
ピノ子
ピノ子
沖縄移住してからブロガーになって5年。わが子がかわいくて最近、脳みそ溶けてます。

人身事故の影響で電車に遅れがあり、成田空港の到着がチェックインの締め切りギリギリになることが判明しました。

そこで、「そうだ、ウェブチェックインを試してみよう!」と思い立ち、電車のなかでジェットスターのホームページからチェックインしてみました。

私のように初めてウェブチェックインする方へ向けて、ウェブチェックインの方法と注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

ウェブチェックインの方法

1、ジェットスターのホームページへ

ジェットスターのTOP画面

まずはジェットスターのページへ。すると、右上に「モバイルチェックイン」の項目があります。

2、予約番号・姓を入力

ジェットスターのウェブチェックイン

予約後に届くメールに書かれた予約番号と自分の名字をローマ字で入力していきます。
その後は、案内に沿って進むだけでウェブチェックインは終了です!

3、メールが届く

ジェットスターからのメール

ウェブチェックインが終わると、ジェットスターからメールが届きます。

4、印刷

ジェットスターのウェブ航空券

メールに添付されているPDFを事前に印刷して持って行けば、当日チェックインする手間を省くことができます。
受託手荷物がない場合は、そのまま手荷物検査へと進むことができるようになるのです。

ウェブチェックインの注意点

必ず印刷を!

ウェブチェックインした場合は、メールに添付されているPDFを印刷して持って行きましょう。

私たちはウェブチェックインだけすませて、いつも手続きするチェックイン機械を通り過ぎ、手荷物検査へと直接向うと…

紙の搭乗券でなければだめです。」と言われました。

印刷を忘れた場合は、有人カウンターへ

「ウェブチェックインをして印刷を忘れた方は、有人カウンターでチケットを印刷してください」とのことです。

有人カウンターの前には長蛇の列で、搭乗時間が迫っていたこともあり、特別に別のカウンターを開けて対応してくださりました。トホホ…

ウェブチェックインのメリットは?

手間を省くためにウェブでチェックインしたのに、印刷も必要だなんて。
ジェットスターで事前にウェブチェックインするメリットって一体何だろ…?

気になったのでウェブチェックインのメリットを調べてみました。

[メリット1]カウンターの列に並ばずにすむ

事前にウェブチェックインしてチケットを印刷しておくことで、カウンターの列に並ばずにすむようになります。とはいえ、成田空港のチェックインの機械は多いので、並ぶと言っても前に1名いるかいないか。なので、時間短縮についてはあまりメリットは少ないかもしれません。
国際線だと並ぶこともあると思うので、そういうときは便利そうです。

[メリット2]座席指定ができる(無料)

ウェブチェックインの一番のメリットは、座席指定で良い席が早めに確保できることです。
予約時の座席指定は有料ですが、ジェットスターの場合、チェックイン時の座席指定は無料!

「窓際に座りたい」「前方に座りたい」など、座席を選びたい方には嬉しいメリットですよね。

ウェブチェックインができる時間帯は?

ウェブチェックインができる時間帯は決まっていますので、ご注意ください。

  • 往路便の出発日から復路便の出発日までの日数が7日以内の往復便
  • 国際線のウェブ・チェックイン時間: ジェットスター航空(JQ)、ジェットスター・アジア航空(3K)およびジェットスター・ジャパン(GK)では、出発予定時刻の48時間前から2時間前まで
  • 国内線のウェブ・チェックイン時間: 日本国内線、オーストラリアおよびニュージーランド国内線では、出発予定時刻の48時間前から1時間前まで

ウェブチェックインが思ったよりも便利でした!

今まで「私だけ帰省する予定が、やっぱり旦那も帰ることになった」なんてときは、追加で同じ便を予約していました。そういう場合って、席は必ず離ればなれだったのですが、事前にチェックインしておけば無料で隣同士になれる可能性があるということなのですね。
これはなかなかのメリット!

ということで、次回からはもっとウェブチェックインを活用してみようと思います。

LCCの格安航空券を探す

スカイスキャナーで、格安航空券を検索できます。LCCはもちろん、国内・海外、1200以上の航空会社・旅行代理店から探せますよー!



スカイスキャナーを見てみる

一括で比較ができるので、たくさんある格安航空券の中から、最安値の航空券をすぐ探せるのが便利!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

スポンサーリンク

関連記事