40歳から支払う「介護保険料」は、沖縄県が最も高く全国1位

スポンサーリンク

40歳から支払う介護保険料は沖縄は高い
40歳になると、支払わなければいけない保険料が増えることはご存知ですか?

私は、まったく知りませんでした(汗)

今回は40歳から支払い義務が生じる「介護保険料」についてまとめてみました。
なんと、沖縄県は全国で最も高額な保険料になっているそうです…。

40歳から支払う「介護保険料」とは

沖縄の介護保険料は高い
介護保険料は、介護サービスに必要な財源です。

「満40歳に達したとき」から保険料の徴収が始まります。
支払いの年齢制限はないため、亡くなるまで支払うという制度になっています。

介護保険料は年齢に区分される

介護保険料の計算は、年齢で区分されています。

40歳以上の介護保険料

加入している医療保険と合わせて徴収されまして、金額はその人の加入している保険の種類、住んでいる地域、収入額等により決められます。国民健康保険に加入している人はその家の世帯主から世帯全員の分を国民健康保険料と一緒に徴収されます。

会社等の健康保険に加入している人は健康保険料と同様に給料やボーナスから徴収されます。なお、その際に被扶養保険者の介護保険料が別途徴収されることはありません

引用:介護保険料の徴収方法

会社勤めであれば介護保険料も会社と折半での支払いになり、配偶者(65歳未満)などを扶養にしている場合は、特に加算はされないようです。

ということは、個人事業主(フリーランス)の場合は、全額負担&配偶者分(国保は扶養の概念がないため)も支払うということなのかな…世知辛い。

65歳以上の介護保険料

65歳以上の人の介護保険料は各市区町村で決められた基準月額と、その人の所得等により決定されます。

引用:介護保険料の徴収方法

高齢者が多い地域や介護施設に入居している人が多い地域は、それだけ介護費用がかかるので介護保険料が高くなりやすいそうです。

沖縄県は介護保険料が全国一高い

保険料の全国平均は5,000円/月程度。

それに対し、沖縄県は6,267円/月。これは全国で最も高い金額だそうです。

65歳介護保険料6267円 沖縄全国一 与那国除き上昇
 65歳以上の高齢者が支払う第6期(2015~17年度)介護保険料基準月額は、与那国町を除く県内の全保険者(12市町村と県介護保険広域連合=28市町村)で保険料が引き上げられた。 保険料は、沖縄市、…

介護保険料が安い地域では3,000円台なので、2倍も介護保険料がかかっていることになります。

なぜ沖縄は介護保険料が高いのか?

なぜ高齢化率が全国で最も低い沖縄が、介護保険料が高いのか調べてみたら、とても参考になるページを見つけたので、それを参考にまとめてみました。

  • 一人あたりの介護保険給付費が全国で最も高い(31万円)
  • 要介護状態になる可能性の高い後期高齢者の割合が高い
  • 沖縄の介護施設の整備状況は全国でもトップレベル(沖縄振興開発法の特別補助により)
  • 西日本は全体的に病院や介護施設が多く、介護給付費が高い

参考:沖縄県の高齢化・介護問題から

出生率が全国一で高齢化率は低いですが、後期高齢者の割合は高いのですね。
さらに施設の設備が整っているため、介護保険給付費が上がってしまっているようです。

納付率は全国最下位・・・

沖縄県は全国的にみて所得が低いにもかかわらず、介護保険料は高いので、介護保険料の未納者が多いそうです(納付率96.7%で全国最下位)。

65歳の年金暮らしで、毎月6,267円(夫婦2人で1万2,534円)を支払うのは確かに大変そう…。

40歳になる前にしっかり考えておくことが大切

40歳というと、子どもの教育費などでもお金がかかる年齢ですよね。

その頃に急に支払うものが増えると慌ててしまうので、40歳になる前から「介護保険料」について知識をつけておくことは大切だなと感じました。

うん、我が家も国民健康保険の支払いにヒイヒイ言っている場合じゃないな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 294本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?