お知らせ「沖縄の家づくりマガジン」を執筆中です→

沖縄の天気予報は当たらない?沖縄の天気の特徴をまとめました

沖縄の天気予報は外れる

「山の天気は変わりやすい」といいますよね。でも、天気が変わりやすいのは、山だけではありません。沖縄(とくに離島)の天気も変わりやすく、天気予報が当たらないことは日常茶飯事です。

沖縄旅行前に週間天気を見る方は多いと思いますが、天気予報は参考程度にみることをおすすめします。

スポンサーリンク

沖縄の天気の特徴

沖縄の天気には、こんな特徴があります。

  1. スコールが降る
  2. 曇りの日が多い
  3. 雨でも止みやすい
  4. 台風が発生して、週間予想が急にかわってしまう

1、スコールが降る

晴天でも突如やってくる、スコール。
スコールとは、熱帯特有の、雨をともなった疾風のことをいいます。

スコールはバケツがひっくり返ったような豪雨が降ります。
雨が降っている時間は、場合にもよりますが10分程度。すぐに止むのが特徴です。

スコールの間は、車やお店の中で時間をつぶしていましょう。

2、曇りの日が多い

沖縄といえば、青い海と青い空!
そんなイメージを持っている方も多いはず。でも実際は、意外と曇りの日が多いのです。
とくに冬はよく曇っています。

3、雨でも止みやすい

沖縄の雨は、1日降り続けるということは多くありません。
「午前中に雨だったのが、お昼から晴れた」ということも珍しくありません。

雨マークでも、曇りや晴れに変わることがよくあります。

4、台風が発生して、週間予想が急にかわってしまう

台風は急にやってきます。
「今週の天気は晴れだ!」と思っていても、台風が発生してしまうと、週間天気予報は大きく変わります。

沖縄の台風は進む速度が遅いので、台風が来る前後2日(トータル5日間)ほどは、天候が優れません。

雨が降るタイミングを見分けるコツ

沖縄の天気は変わりやすい

沖縄に住んでいると、”雲”を意識するようになりました。

1、黒い雨雲が見えないか
2、雲の動き(早さ)で雨が降る時間を予想

雨が降るタイミングを見分けるために、特に役立つのは、雨雲レーダーです。
雨雲が何時に、どこに移動する予定なのか、見ることができます。

旅行プランを立てる際の参考になるので、活用してみてくださいね。

沖縄に住んでから天気予報をみなくなった

沖縄の天気予報が当たらないことを実感するようになり、天気予報のチェックはしなくなりました。

「旅行中の天気予報がずっと雨だー!」と、気を落としすぎず、「晴れたらいいな〜」くらいの軽い気持ちで、運に身を任せましょう!

シェアする
閉じる