【瀬底島】収穫したモロヘイヤをどうやって食べよう?[付録:見た目はアレだけど激ウマなレシピつき]

この話は前回の収穫のつづきです。

収穫
瀬底島の小さな畑で(雨のなか)収穫したモロヘイヤ。

収穫したモロヘイヤ
じゃん!
諸事情あって宜野湾市のゴミ袋に入っておりますが、れっきとした採れたて野菜でございます。

モロヘイヤ
前回までの流れで、収穫したモロヘイヤをどう食べようかな、という話でした。

関連【瀬底島の土地】小さな畑に植えたモロヘイヤが成長しまくり!初収穫してきました

..よしっ!
東京にいた頃によく食べたアレを作ってみるか!

色々と考えた結果、沖縄移住前に食べて美味しかったモロヘイヤレシピをひとつ思い出し、作ってみることにしましたよ!

スポンサーリンク

「モロヘイヤめし」をつくろう

何を作るんだね?

今回つくるのは「モロヘイヤめし」です!

え..
モロヘイヤごはんてこと..?

..絶対まずいって思ってるでしょ?

ちょっと想像が追いつかない

大丈夫!
美味しいからまかせなさい

東京に勤めていた頃、あるラーメン屋さんで「モロヘイヤ飯」なるものを見かけたことがあります。怖いもの見たさで注文してみたら、これが美味しくてですね!

いうならば、卵かけごはん好きの人、ネバネバ系好きの人、この辺の人には刺さると思います。

レシピはわからないから、記憶を頼りにそれっぽく作ってみよう

いざ、モロヘイヤめし作り!

その前に下処理

調理をする前に、採ってきたばかりのモロヘイヤですから下処理をします。

固くて食べにくい茎だとか、枯れ葉のゴミだとか、そういったものを取り除きました。

あと、タネの房に毒があるそうなので、それも丹念に探して取り除きます。

タネは毒
これ。
この細長いの毒らしいんですわ。モロヘイヤで死ぬ人生は、さすがにごめんこうむりたい。

一通り処理をすると、ビニール袋3袋分になりました。

3袋に分ける

モロヘイヤの葉っぱ
このうち、1袋の半分くらいを使おうと思います。

では、いざ調理へ。

モロヘイヤ飯の作りかた

モロヘイヤ茹でる
まずはお湯を沸かして、モロヘイヤたちを茹でていきます。

ゆだるモロヘイヤ
モロヘイヤは茹でると、熱によってネバネバ成分「ムチン」が出てきますよ。

ムチンの栄養

ムチンは、納豆・オクラ・なめこなどでおなじみのネバネバ成分です。胃の粘膜を保護したり、肝臓や腎臓の機能を高めたり、消化を助けたりするそうです。

みなみのひげ特製ダレ
モロヘイヤを茹でている間に、みなみのひげ特製「ネギダレ」を作ります。
刻んだネギに、醤油・砂糖・ごま油・鶏がらスープの素・ニンニク・白ごま..などなどをで混ぜあわせたものです。

刻んでいく
3、4分すると、モロヘイヤが茹であがるので細かく刻んでいきます。

細かく刻む
細かく刻むうちにネバネバ成分もたくさん出ますので、トントン刻みます。

刻んだモロヘイヤとタレを混ぜる
刻んだモロヘイヤを、特製ネギダレと混ぜあわせます。

スプーンで混ぜ合わせる
スプーンでまぜまぜ..。

だ、大丈夫かな?
古代の秘薬みたいに見えるけど..

おいしそうでしょ?

え? あ、、うん。
(このあと、勇者の傷口とかに塗り込みそう..)

モロヘイヤ完成
完成しました。

これをごはんにかけて食べます。

ごはんにモロヘイヤをかける

モロヘイヤ飯
じゃーん♪

モロヘイヤめしの完成です!

絵面わるっ!!!

なんということでしょう。
青汁もびっくりな真緑色のごはんが完成してしまいました。

いやこれ、茶碗が悪いんだよ。
緑のものに緑の茶碗なんだもん。変えよう

モロヘイヤメシ

変わんないよ!
絵面のわるさ、完全キープだよ!これ

そうかなぁ?
健康に良さそうな、美味しそうな色合いでしょ

小一時間くらい苦しまないと健康になれなそう

まぁまぁ、とりあえず美味しいから食べてみなよ

モロヘイヤめし
完全に怪しい見た目をしていますが、本当に美味しいんです。

私が、ガツガツ食べだしたので、ピノ子さんもおそるおそる口へ。

(ぱくっ)

(この間、0.5秒)

うまっ

ほら〜、美味しいんですよ。
モロヘイヤめし。

モロヘイヤに変な青臭さとか苦味とかがないから、ネギダレの味付けがそのまんま生きておる。おいしい..

狐につままれたような顔をして、ピノ子さんは茶碗一杯を2分でかっこみ、ごはんをおかわりしに行くのでした。

いやー見た目はアレだけど、本当、うまい!

ちなみに、見た目があれなのをなんとかしたい場合は、お米の方をターメリックライス(ウコンで炊いたごはん)にしても良いですよ。

ターメリックライスで
異国情緒の溢れるモロヘイヤめしになります。

モロヘイヤは栄養価がとっても高い野菜

モロヘイヤは、非常に栄養価の高い野菜で、ムチン以外にもβ-カロテン(老化を抑える働き)に関しては野菜でもトップクラス。日本人に不足しがちなカルシウムも多く含み、ビタミン類もA、B2、C、E、Kと豊富。ミネラル類も、葉酸、カリウム、食物繊維もあり、実は栄養の王様みたいな野菜なのです。

夏バテに効く野菜としても、人気があります。もう9月だけど。

モロヘイヤめし。
記事を読んでいる人のほとんどが怪しんでいるとは思いますが、本当においしいです。

今度モロヘイヤがあったら試してみてくださいね〜。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

みなみのひげ
みなみのひげ記事数 257本
南の島のヒゲ系ウェブデザイナー。風景とオカヤドカリ写真家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?