CHECK沖縄移住の電子書籍ができました!

入籍・本籍変更する場合はパスポート手続きをお早めに!

パスポート

沖縄移住を期に籍の変更をする人は、パスポートの手続きに注意しましょう。

  • 結婚(入籍)
  • 本籍変更

上のような「籍」の変更がある場合は、パスポート手続きが発生します。

私たちの場合は、結婚とともに「本籍地を沖縄に変更」したので、下記の手続きがありました。

  • みなみのひげ(本籍地を変更)
  • ピノ子(本籍地・名字を変更)

※ちなみに住所が変更されただけなら、パスポートの手続きは必要ないです。本籍地が変更された場合に必要となります。

関連沖縄移住に必要な手続きをまとめてみた。

スポンサーリンク

沖縄県でパスポートの変更手続きをする場合

下記の市町村に住民登録している方(居所のある方)

那覇市内にある県旅券センターでの手続きになります(2019年度現在)

  • 那覇市
  • 糸満市
  • 豊見城市

その他の市町村に住民登録している方(居所のある方)

現在、住んでいる役所(役場)での手続きになります。

※私たちが移住してきた2014年よりも、市町村窓口で対応できる地域が増えているようです!

関連2019年度沖縄県旅券(パスポート)窓口の案内|沖縄県ウェブサイト(pdfファイル)

パスポート変更手続きの注意点

早めの手続きが絶対に◎

入籍・本籍地を変更した場合は、早めにパスポートの変更手続きをしましょう。

なぜなら、新しいパスポートが手元に届くまで時間がかかるからです。いざ、急に必要になったタイミングで「あ、手続き…」となるのは大変!

忘れないうちに手続きを行った方が安心です

航空券の予約ができない..!
私たちの場合は移住してから2ヶ月が経ち、「そろそろ新婚旅行へ行こうか」となってから、パスポートの変更手続きをしました。すると、手元にパスポートが届くまで予約ができず、航空券が当初予定していたよりも高くなってしまいました。
パスポートの変更手続きでもパスポート番号が変わり、その番号がわかるまで航空機の予約ができませんでした。お気をつけて。

最悪どうしても急ぎたいときは、県旅券センターへ

住んでいる役所(役場)で手続きの場合、パスポートが手元に届くまでだいたい2週間程度かかります。

一方、県旅券センターであれば1週間〜10日で新しいパスポートが出来上がります。

原則、住んでいる役所での手続きが基本ですが、急ぎの場合は県旅券センターで対応してくれることもあります。

念のため、電話で対応可能か確認してから行きましょう

夫婦であれば、持っていく戸籍謄本は1枚で大丈夫!

パスポートの変更には「戸籍謄本」が必要です。

役所で発行してから手続きしましょう。
夫婦の場合、一緒に窓口に行けば、1枚で対応してくれます。ちょっとだけ節約になりますよ。

更新でも証明写真が必要。お忘れなく!

本籍地の変更であっても、証明写真が必要です。

パスポートが丸々新しくなるので

ちなみに県旅券センターで証明写真を撮る場合は1,000円掛かりました。しかも混んでいると、写真待ちで時間が余計にかかります。

前もって自分で写真を手配できるなら、持って行った方が良いです

街中のスピード写真で事前に用意しておけば、並ばずに、かつ値段も安く済みます。

ちなみに変更されていなくても渡航はできるらしいが…

一応、以前の本籍地や旧姓の状態でも、渡航はできるようです。その際は航空券やツアーの手続きは旧情報で統一しておきましょう。

海外での身分証明がパスポートとなりますので、記載にズレがあると手続きトラブルが発生するリスクが増えます。

例えば、事故に巻き込まれたときなどが怖い

万が一のときに記載事項が新旧で違うこと、変なところで時間がかかったり混乱が起きたりすると聞きます。

なるべくなら新しい情報で更新をしておくことを、個人的にはおすすめします。

移住時にパスポート変更は忘れがちなので注意

パスポートをすぐに使う予定もないなら、困ることもありません。

でも「うっかり忘れ」が人間、どうしてもありますから、特にバタバタする移住時にはパスポートのことを忘れがち。

いざ必要となってから「やってしまった…」となるよりは、移住とセットで手続きしてしまうと楽でしょう。

お忘れなくー

シェアする
閉じる