×閉じる
わりと好評『みなみの家の沖縄移住本』

沖縄の物件を短期間に効率よく探す方法

記事を書いたひと
ピノ子
ピノ子
沖縄移住して夫婦ブロガー5年目。主婦目線で、沖縄の生活情報をアレコレ発信してます。

家を効率よく探す
私たちの場合は、沖縄移住の直前まで仕事をしていたので、3連休を利用して沖縄へ物件探しに行きました。正直、3連休だけでは時間的に厳しかったです。それでも、なんとか納得のいく物件を探すことができました!

私たちが短期間で物件を決めるために、工夫したことを紹介していきます。

スポンサーリンク

1、住みたいエリアを事前リサーチ

沖縄は地図で見ると狭く感じますが、実際に沖縄県をすべて回るとなると結構な日数が必要です。だからこそ、インターネットであらかじめ住みたいエリアを調べておくことは大切です。

事前リサーチに便利なのが、googleマップです。googleマップなら、スーパーや病院が近くにあるか、基地が近くにないか、など簡単に調べることができます。

googleマップが物件探しに便利
googleマップのストリートビュー機能を使えば、どのくらい栄えているエリアか、どのような町並み(雰囲気)か、家の前は整備された道路か、なども知ることができます。(ときどき情報が古い場合もあるので参考程度に使うのがベストです)

賃貸物件を探すときに効果的な「Google マップ」の使い方 | 沖縄移住ライフハック
永住や別荘目的でないかぎり、住まいを賃貸で考える人は多いと思います。(私たちも賃…

2、不動産への事前連絡

物件探しの当日、沖縄に着いてから直接不動産の店舗へ行っても、もちろん紹介してくれますが、窓口で希望の条件を伝え、それに合った物件を探してもらうとなると、なかなか時間がかかってしまいます。沖縄にせっかく物件を見に来たのだから、少しでも長く物件見学の時間にあてたいものですよね。

不動産へ連絡・電話
時間をムダにしないためにも、事前に「○○日にこういう物件を見たい」という希望を伝え、担当者の方に物件を探しておいてもらいましょう。探してもらった物件を本土にいるときにメールで送ってもらえると一番良いと思います。その物件を実際に見学に行くか、行かないかの判断を沖縄に行く前にできるのは、時間の短縮につながります。

こまめに空き室確認も忘れずに!

自分でもインターネットで物件を探し、「この物件は今も空いていますか?」と積極的に聞きましょう。沖縄に行ってから聞けばいいやと思っていると、サイトの情報が古くてもう埋まっていた!なんてこともありますので、こまめに確認しておくのがよいと思います。(3〜5月などの引っ越しピークは、人気物件であればすぐ埋まってしまうので、特にこまめに確認した方がいいです)

連絡がない場合は、自分から連絡してみる!

沖縄の不動産の方が「連絡しますね」と言ったにも関わらず連絡がない場合は、自分から連絡してください。そのうち来るだろうと待っていても、基本的に来ませんので…(担当者にもよると思いますが、私たちは複数の担当者から連絡がこなかったので、自分からしました)。

3、複数の不動産を回る

同じエリアでも、不動産によって紹介してくれる物件は違います。(もちろん同じところもありますが)複数の不動産を回った方が、色々な物件を紹介してくれます。
また、不動産の店舗によって得意なエリアは違います。例えば、1店舗しかない不動産であれば、そのお店周辺の物件しか扱っていない場合があります。まだ住みたいエリアが決まっていない場合は、特にエリアごとに複数の不動産を回りましょう。

4、物件見学中も物件を探す!

せっかく物件まで足を運んだのなら、1つとは言わず短時間で複数回りたいものですよね。
そこで私たちは物件見学に向かう車の中でもパソコンや携帯で物件を探したり、車の中から見えた気になる物件を質問したりして、移動時間も物件探しにあてました。見学した物件の隣にマンションが建っていたら、「この建物も空室はありませんか?」と聞いてみるのも手です。

私たちはこの方法で、紹介してもらった物件よりも多くの物件を見て回ることができました。

5、気になった物件があったら、自分たちだけでも行ってみる

家具を買い物
私たちは自分たちだけでいるときに気になった物件があった場合、マンション名で検索して募集していないか調べていました。建物の前に「空きあり」なんて旗や看板がたっている場合もあります。そんな時は、看板に書いてある番号に直接電話して問い合わせてみたり。

そうしたら、特別に家の鍵の開け方を教えてくれて、自分たちだけで室内を見学できたなんてこともあったので、だめもとで問い合わせてみてもいいと思います。仲介を通さず、管理会社に問い合わせているので、仲介手数料が浮く可能性もあります。

6、写真だけでなく、動画も撮る!

携帯電話の節約
物件をみたばかりは、頭の中にイメージが残っているので、写真だけをみてもどんな家だったかを思い出すことはできます。でも次第にイメージは薄れていくものです。さらに、物件を複数まわると似ている内装だったりして、どの写真がどの物件かわからなくなってしまうこともあります。

そこで、写真だけでなく動画も撮影することをおすすめします。「あ、ベランダからの風景撮り忘れた!」という時も動画なら意外と映り込んでいたりします。そうすると、後日に「どうなっていたか忘れちゃったから、もう一度見に行こう…」ということにもならずにすみます。

動画を取り忘れた場合は、後日、担当者の方に撮影してもらって、メールで送ってもらってもいいと思います。

まとめ

以上が、私たちが2泊3日で沖縄で物件を探した際に、工夫した内容です。
働きながら家を探す場合は、なかなか長期で時間が取れない場合もあるので、なるべく効率よく家を探す方法をまとめてみました。

沖縄で家を探すときの参考にしてみてくださいー!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

スポンサーリンク

関連記事