CHECK沖縄移住の電子書籍ができました!

「羽アリの侵入を防ぐ方法」を実践して、快適な夏の夜を!

羽あり対策

沖縄の夏期は、約6ヶ月。とても長いです。

だからこそ、羽アリ対策は大事!

スポンサーリンク

夏の夜、窓を開けていたら…

夏の夜、夜風をとりいれようと窓を開けていると、いつの間にか灯りに黒いものが。

なんだろう、と、しばらく放っておいたら、、

なんかすごいいっぱいいるー!

そう、夏の夜といえば「羽アリ」!!

沖縄の夜は、たくさんの羽アリが入ってきて大変です。

2、3匹ならまだしも、羽アリは群れで入ってきますので、下手すると百匹以上..。

こりゃたまらん!涙

羽アリ退治じゃー

昨年、私たちの家も何度か羽アリの群れの襲来を受けて、羽アリ退治に躍起になりました。

このときは、家にあった「ゴキジェット」を使ったり、掃除機で吸い込んだり..。

電気にたかるたかる羽アリを捕る方法

悪戦苦闘した結果、カーペットの掃除などに使うコロコロが活躍

虫が苦手な妻も一緒になんとか羽アリを退治できました。

関連家に入った羽アリを簡単に捕まえる方法

羽アリの侵入を防ぎたい

でも毎度毎度、羽アリが入ってきたら、退治するっていうのも大変ですよね。

我が家は虫が入ってくると、妻が恐竜みたいなとんでもない叫び声をあげるので、私の心臓が毎度キューーっと縮まって心労が重なります。

羽アリの侵入自体が問題なのです。

あいつら(及び妻の叫び声)のせいで、せっかくの気持ちのいい夜を台無しにしてたまるかー!

羽アリ侵入対策って?

今年は「羽アリは入れない」の精神で対策しようと思います。

考えられるのは、「物理的に入れなくする」か「寄せ付けないようにする」この2つです。

物理的に羽アリが入れないようにする

物理的に侵入できないようにするなら、窓を開けないか、網戸の目を細かくする、これですね。

調べてみると、一般的な網戸は、18メッシュあたりだそうです。(”メッシュ”は単位。1インチの面積に何個穴があるか)

18メッシュだと1穴、1.4mm四方ということになります。

1.4mmというと大分小さいように思いますが、体長2,3mmのアリなら体の厚みは1mmちょっと、なんとかくぐれてしまいます。

網目と虫
カインズホームのウェブサイトにわかりやすい図がありました。

30メッシュ(0.85mmの穴)くらいにすれば、なんとかアリでも入れなくなるようです

窓に羽アリを寄せ付けない

もうひとつは、羽アリが嫌いなものを窓際に設置して、寄ってこないようにする方法です。

殺虫剤の塗布などをすると、羽アリ以外の羽虫たちも寄ってこなくなるので効果的。

最近は、虫を寄せ付けない製品もたくさん出ています

↑これは網戸に設置するタイプ。

お値段もお手頃です

効果は「抜群!」とまではいかないようですが、250日の効き目が嬉しいです。

↑これはスプレータイプ。

量はあまり多くないようですが、効き目がかなりある模様!

60日なので、何度か吹きかけ直すといいようです

ドラッグストアに売ってないときもあるみたいなので、通販で買ってしまったほうがラクかも。

↑これはスプレータイプの業務用。

値段は高いですが、業務用なりのパワーはあるようです!

もう何としてでも虫は寄せ付けない!というかたに。

家に巣食っている羽アリだと、巣に設置して殺虫するものとかもありますが、今回は飛来する羽アリ対策ということでご紹介しました。

わが家は、とりあえず「虫こないアース 玄関灯・外壁に」を買って試す予定です

羽アリ対策で風情を考えるなら..

羽虫の対策にやっきになって色々調べていたのですが、心の余裕を考えたら、「蚊取り線香」なんてのもいいんじゃないかと思いました。

まぁ効果はそれなりなんでしょうけど、風情がある。

虫を寄せ付けないようにしながらも、香りを楽しむなんて、日本はなんて風情のあるところなのでしょう。

最近は「虫よけアロマ線香」なんていう香り重視のものもあったり。

蚊取り線香置きもとってもオシャレ」なものもありますので、合わせて試してみるとよさそうです。

記事を検索
シェアする