お知らせ「沖縄の家づくりマガジン」読んでみてね!

【自由研究】沖縄の用水路にやたら泳いでいる”魚”を捕まえてみる[罠のイラスト解説付き]

それでも世の中、悪いことばかりではありません。失敗は次なるアイデアを呼びます。

スポンサーリンク

作戦③ ビニール袋の罠を仕掛ける

ペットボトルの罠は餌が必要でしたが、餌がいらない罠もあるはず。

用水路
水面を見つめ、しばし考えます。

魚たちは私が顔を出すと、素早く泳いで物陰に隠れます。ちくしょー悠々と隠れやがって。

…はっ!

よし!

隠れ家に見せかけた罠」を作ろう!

ビニール袋の罠
ポロリン。

できました。ビニール袋の罠

スーパーのビニール袋を隠れ家代わりに置いておき、1時間放置。慣れてきた魚がビニール袋に隠れたところを、ビニール紐で引っ張り上げて捕らえるのです!

2回目ですが、自分、天才なんじゃないかって思いました。

今度はちゃんと写真も撮りました。

ビニール袋の罠
うん。

ゴミみてぇ。

まぁでも捕まえられれば良いんです。

引き上げる用の紐
ちなみに用水路沿いのガードレールに紐を引っ掛け、魚の死角から一気に袋を引き上げられるようにしました。完璧だ。

ウキウキしながら1時間放置。

 ・

 ・

 ・

(1時間後)

一気に引き上げる
さぁ、魚の死角から、一気にビニール袋の罠を引き上げますよ。

引き上げる
ザバっ!水が重い!

水が出て行く
しかし竹串で開けた穴から水が出ていく!魚が入っていれば、これで捕まえられているはず!

必死に魚を探す
ビニール袋をニヤニヤといじる私。
他人から見ると、用水路のビニール袋ゴミを拾って、なぜかウキウキしている怪しいおじさんです…。おまわりさん、今は来ないでください。お願いします。

いやしかし、なりふり構ってはいられません。

大事なのは魚です!

そう魚!

どうだ!

魚!

いるのか!!!?

あーーー!!!!

ページ 1 2 3 4

シェアする
閉じる