沖縄移住するために、一歩をどう踏み出せばいいの?【沖縄移住のお悩み相談♯3】

スポンサーリンク

沖縄移住のお悩み相談
不定期で始まった、沖縄移住のお悩み相談
第3回目は、「沖縄移住するために、一歩をどう踏み出せばいいのか」についてのご相談をいただきました。

沖縄移住をしたい!と考えても、きっかけがないとなかなか踏み出せないものですよね。
相談いただいた内容について、自分たちの体験談も混ぜながら、考えてみたいと思います。

沖縄移住するために、一歩をどう踏み出せばいいの?

今回のご相談はこちら。

初めまして。私、中国地方在住の22歳、K(♂)です。

今現在、社会人1年目となりましたが、 何の為に仕事をしているのか、日々葛藤しております。
ずっと中国地方で暮らしています。
もちろんいま住んでいる場所は好きですが後悔もあります。

なぜ県外へ出て出会いを増やさなかったのかと。
私は人と話すのが大好きで、いろんな人と出会うのが趣味です。
1人でふらっと知らないお店に入ってマスターとお話をしたりする事がとても楽しいです。
しかし地方生活では、出会いを受け入れ難い人もおり、そういう生活には飽きています。

中国地方に住む、社会人1年目の男性よりお悩み相談をいただきました。
現在の暮らしに葛藤があり、県外へ出て出会いを増やさなかったことに後悔もあるとのことです。

最近はこう思います。
移住して全てを忘れて一から築いていきたい、そう考えるようになりました。
また、今の彼女が移住したいとも言うかはわかりませんが、彼女と一緒に一からふたりで頑張っていきたい思いもあります。

でも将来も不安です。
「沖縄移住して両親は…、仕事は…」そう考えると一歩踏み出せません。
そういった反対などがあったのか、などの過程も知りたいです。

お二人はどう沖縄移住に一歩踏み出したのでしょうか、教えて下さい。

沖縄移住して、彼女さんと二人でやっていけないかなとお悩みになられているそうです。
でも現実問題、両親・仕事のことも考えると、なかなか一歩踏み出せないものですよね。

私たち夫婦で、自分たちはどうだったかを含めて話してみました。

私たちが一歩踏み出したきっかけ

ひげさんが、一歩踏み出したきっかけって?

ピノ子さんの肩たたき(結婚の催促)じゃない? 俺一人で決断したわけじゃないからな・・・

へへへっ

例えば、オレの場合、小学校から17年間移住しようと思っていて、100%を超えるモチベーションでありながら、移住してこなかったわけ。自分でできる手は色々あったけど、自分で踏ん切りがつかないときは自分以外の何かがないと踏ん切りがつかないのかもね

「いざ!」ってなるタイミングが難しいよね。17年も移住したがっていたら、なおさら

ピノ子さんの「移住(結婚)どうするの?」の一言がなかったら、ずっと東京で働いていたかもしれない。少なくともあと2年は働いていた気がする

今回の場合、難しいのが彼女さんが移住したがっているか、わからないことだよね

そうだね。彼女さんが沖縄を好きかどうかによるよね

じゃあまずは彼女さんと一緒に移住するなら、そこの意思確認は必須だね!

もし彼女さんが沖縄に興味がないようでも、沖縄旅行を繰り返すうちに興味を持つこともあるから、諦めないことが大切だと思う(実体験)

結論

彼女さんに、沖縄移住の意思があるかの確認は必須。
もし沖縄に興味がないようでも、沖縄旅行をきっかけに興味を持つかもしれないので、すぐに諦めない。

沖縄移住したら、1からのスタートになる?

沖縄移住したからって心機一転になるのかな?

それは私も思う。本当に1からか、といわれるとうーんって。

沖縄移住しても、今までの人間関係は続いているからなー。今の人間関係に沖縄での出会いが加わるイメージかな

そうだね。1から始まるものもあるし、続いているものもあるよね。それにすべてを忘れて1からスタートするって、それもそれで大変だなって

環境が変わるっていい面もあるし、悪い面もあるよね。移住して2ヶ月でうつ病になりかけたし。必ずしもプラスに働くとは限らないかな

確かに。でも、沖縄で心機一転したくなる気持ちもすごいわかるなー。私もそういう気持ちあった

沖縄は”南の島”的なグッドイメージを発信しやすいから、良いことばかりが入ってくるよね

沖縄移住してから、気になる面へ初めて目が向く感じだと落胆しちゃうこともあるかも

内と外の考え方は、沖縄にもあるよね。ウチナーンチュ(沖縄の人)・ナイチャー(内地の人)の言葉しかり、「外の人は◯◯」って感覚は、他の地方と同じか、それ以上に強い部分もあると思うなー

結論

沖縄移住で「心機一転、1からのスタート」と考えるよりも、今の生活に+αが加わるイメージの方がいいかも。
沖縄の良いイメージばかりが先行していないか、いま一度考えてみることも大切。

反対がある場合は、どうすればいいの?

私たちの場合は、幸い、反対する人はいなかったよね。私が最初反対していたくらいで。父親もあっさり沖縄行きをOKするなんて思ってもみなかったな

なんでピノ子さんの親はあんなにあっさりOKだったんだろうね?

ね?

今度沖縄移住3年記念に聞いてみたら?お涙頂戴企画として(笑)

で、でるかな、涙。 そういえば、ひげさんは会社の人に沖縄移住を止められていなかった?

反対っていうより、心配してくれていたね。
キャリアプランはどうするの?って。プランはなかったから、正直にないです!って言って、だいぶ上司にはご心配をかけました

出世街道から外れたね(笑)

あと、お金と生活の心配はされたよ。
移住したことで、生活できない状態までなっちゃうのはまずい。やっぱり自己責任でいける部分と、親とか、万が一の時に迷惑がかかる人がいる部分のことは、把握すべきだって

そうだよね、きちんと考えると、やっぱり自分だけのことじゃないもんね

結局、自分の場合、介護資格持ってたりとか、就職先もいざとなったらデザイナーじゃなくてもいいとか、でもそもそも沖縄はウェブ系は人手不足とか、いざという時の選択肢がいくつもあったから、一旦は無職移住したいですで突き通せちゃった笑

大事なのは、「いざという時の選択肢」と、「熱意」って感じかな

うんうん、そんな感じ。

結論

反対らしい反対はなかったのですが、「いざという時の選択肢」を用意しておくことと、「熱意を持って意思を突き通す」ことで、納得してもらえることも。

なぜ、沖縄なのか

そういえば、なんで沖縄移住したいのかな?

メールには書いてなかったなー

でも、実は理由がはっきりしてない方が一歩踏み出し易いよね。

そうそう、「沖縄の◯◯が必要だから沖縄移住じゃないとダメ」って感じじゃなくて、「今の状況が嫌だ!どうにか変えたい!」って方が、いろいろと選択肢があるもんね〜

ピノ子さんとか、そうだったよね。

うん、私の場合、逆バージョンだよね。
仕事が激務化して、自分の将来も「このままは違うなぁ」って思っていた時、転職とかいくつか選択肢があって、その中に、たまたま沖縄移住が入ってきて選んだ感じだよね。

タイミングもあったとはいえ、よく「沖縄移住」が選択肢に出てきたよね(笑)

いや、本当、ヒゲさんがいなかったらなかった選択だよ(笑)

自分の抱えている問題を、核心まで整理すると選択肢は多いよね

そうそう、沖縄移住にこだわらずとも、仕事変えるとか、隣町に引っ越すとかでも、実はうまくいくことも多い。
もちろん、結果的に沖縄移住であれば、ますますモチベーションアップだしね!

問題の核心といえば、今は社会人1年目とのこと。
社会人1年目は会社に所属して「やっちゃいけないこと」が、急に増えるから、男性は確実にストレスが多くなるよね。
男性って、本能的に制限されることがストレスになるから。

そうなんだ!なるほど

そうなのよ、だから「なんでこんなことしてるんだろう..」って考えちゃう。
自分の前の会社は私服だし、勤務時間も自由度高かったんだけど、やっぱり仕事のルールが多くて「やりたいことができない、なんでこんなことしてるんだろう..」って考えてた笑
だいたい、2年目、3年目と、ルールくらいじゃ制限されなくなっていって、仕事が驚くほど楽しくなった。

成長や時間が解決してくれることもあるのね

そういうことも考えられる。
まぁでも会社の状況も人それぞれなので、一概にそうとは言えないね。ブラック企業もあるし

確実に言えるのは、「一度、自分の好きなもの、嫌いなものを書き出して、自分について整理してみる」と良いね。喋るのが好きって書いてあったし、そういう感じで分析してみるといいかも

自己分析。就活ですな

就活じゃない(笑)
自己分析は、自分の変化を把握するためにも、ずっと定期的にやるもんです。健康診断と一緒。
意外と自分の好き嫌いも移り変わるので、曖昧な部分があって、そこをはっきりさせるだけでも選択肢が生まれやすい

あと、沖縄移住するために「やること」をピックアップしてみてみるのもいいよね

オレたちもやったね。
小さなことでも、「やること」を潰せば、やっぱり大いなる一歩だからね

結論

沖縄移住をどう踏み出せばいいかわからないのは、「自分の変化を把握してない」可能性も。
なぜ沖縄に住みたいのか、心機一転は別の方法でもできないか、自分の抱える問題の「核心」を考えてみるのは有意義。

自分の好きなもの・嫌いなものを書き出して整理したり、沖縄移住するためにやることをピックアップすると効果的!

沖縄移住の相談窓口を受付中です

こんな感じで沖縄移住の質問について回答しています。

沖縄移住の相談・質問がある方は、@okinawa_hack(Twitter)、沖縄移住ライフハックFBページ(Facebook)、お問合わせフォームからお願いします。

※相談内容・件数などによっては回答できない場合もあります。ご了承ください。
携帯アドレスでのお問い合わせは、PCアドレスの受信設定を確認後に、お問い合わせいただけますようお願いいたします。

▼私たちの体験談・生活、仕事、お金のことなど、沖縄移住に関する情報は、すべてこのページにまとめてあります。
沖縄移住ページ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

また読みたいと思ったひとはいいね!

記事を書いたひと

ピノ子
ピノ子記事数 294本
みなみの家の数字・SEO担当。シンプル生活と節約の研究家。プロフィール

関連記事

関連記事

後回しにしているお買い物はありませんか?